In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンパーニュ地方でシャンパンを

IMG_4945.png


2月のとある週末、レストランで発見し惚れ込んだシャンパンのとあるブランドを訪ねてシャンパーニュ地方へ足を運びました。普段は一般の訪問は受け付けていないというシャンパン蔵。今回は特別に5代目さんが直々に蔵を案内してくださり、シャンパン造りに対する情熱とビジネス手腕振りをたくさんに見せていただきました。
どうりでレストランで「ひとすすり」しただけで「このシャンパンは何かが違う!」と感じたわけだ…と5代目さんにお会いして納得しました。

日本からは東京にあるワイン取引会社と酒造系ワイン取引会社の2社だけが取引をしているそうですが、それでも一番のお取り引き先は日本なのだそうです。

蔵の見学後も3本ボトルを空けてくださり、シャンパン造り・ビジネスに関わるお話から「シャンパンと月」の関係についてのお話まで、とにかく素晴らしい時を過ごすことができました。
「シャンパンと月」の関係については、実はちょうどシャンパーニュ地方へ向かう自家用車の中で「月とヨガ、体と心」に関わる本を読んでいたところだったのであまりのタイミングの良さにビックリしました。
私だけじゃなかったんですね…ぇ。ちなみに5代目さん曰く「満月の日は月のエネルギーが強すぎてシャンパンが美味しく感じない」そうです。

美味しいシャンパンを味わった後は大手シャンパン醸造所が軒を連ねる「シャンパン通り」のある街まで繰り出し、遅めのランチをいただきました。2月は寒いためオフシーズンなのでしょうか、特に観光客らしき人達は見当たらず現地の住人の皆さん達に混じってのんびりとした街を散策してみました。

普段は個人への販売もされていないそうで…蔵を見学させて頂いた特権…ということで色々な種類を含め、数ケースを車のトランクに入れて帰宅しました。

今回訪れた蔵への道のりは本当に綺麗でした。シャンパーニュ地方がなぜこんなに特別なのか…景色だけでもその意味が分かった気がします。次回は緑が美しくなる初夏あたりに訪れたいと思います。
そして…また買いだめ!?ですね。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/885-1d04e0ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。