In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Luxemburgerli を Luxembourg でいただく。

splin.jpg
I ATE LUXEMBURGERLI IN LUXEMBOURG


「Luxemburgerli」はチューリッヒにある老舗洋菓子店「Confiserie Sprüngli」が作り出した小さなマカロンのこと。

でもなぜLuxembourg(ルクセンブルグ)のような名前がチューリッヒの洋菓子マカロンになっているんだろう…と不思議に思われた方もいらっしゃるはず。(私含)

それは…

その昔、ルクセンブルグ出身の若いパティシエがルクセンブルグの洋菓子店で作り出したレシピをチューリッヒで創作、紹介したのがきっかけだったそうな。

Wikiによると
当初の名前「Baiser de Mousse(foam kiss)」がドイツ語「Gebäck des Luxemburgers(Luxemburger's confection)」になり、それがスイスドイツ語の「 Luxemburgerli (little Luxembourger)」として呼ばれるようになったのだとか。

ちなみにLuxemburgerliの前身はルクセンブルグにある老舗洋菓子店「Namur」にあり。そしてなんとルクセンブルグのNamurさんとチューリッヒのToblerさん&Sprüngliさんはお菓子でつながっていたんです!

小粒でかわいいLuxemburgerli。
中のクリームはフワフワでそとの皮はほどよいサクサク感。

プレゼントやお土産に最適&とても喜ばれるLuxemburgerli。

ですが冷蔵庫保管でも数日しか新鮮さを保てませんし、湿気が大敵なので未だ国外脱出を試みたことがありませんでしたが…

うれしいことにイースター休暇中にチューリッヒから遊びに来てくれたMM君がなんと!Luxemburgerliをお土産にルクセンブルグ空港に降り立ってくれました。

Luxemburgerliさんの里帰り…という感じでしょうか。

いただいたSprünglのLuxemburgerliはM氏とMM君と私の3人でルクセンブルグにあるとある芝生広場でシャンパン片手に平らげました。

以上、本日はチューリッヒとルクセンブルグをつなぐ!?話題でした。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/821-1469489d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。