In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン話 第1回目

我が家はワイン業に携わる者がいるため、私がワイン選びをするときはかなり慎重になっているつもりです。
また、金額も出しすぎないようにしないと、相場を把握しているパートナーから「お叱り」をうけてしまうかもしれません…。

さて、そんな中11月にロンドンは老舗Harrodsのワイン売り場担当者Arekさんお薦めで購入したワインがあります。
Napa Valleyの"Mount Veeder Winery Carbernet Sauvignon 2001"
がそのワインです。
個人的にいただくワインはイタリアとチリが多いのですが、その時は自信を持って、このカリフォルニアンワインを手にしました。

というのも、買うつもりでワイン売り場へ行ったのではなかったのですが、担当者のArekさんが「このワインはチョコの味のような…、そして値段の割にはクオリティーも高いですよ。特にこの年の分はね。」と
他のワインも説明しながら話をしてくれました。

他にも数種類紹介してもらったのですが、私の心の中では、「チョコの味のような…」という一言で決まりました。

「これ下さい。」

金額は確か25ポンドくらいではなかったでしょうか…。
すみません、正確に覚えてないので、もしかするとこれよりもっと高かったかもしれません。

その日に早速開けてしまったのですが、パートナーも非常に驚いておりました。品のある旨さ、カカオのような香りでいて、重すぎない…。
荒さもなく、うっとりする…ワインでした。
この1本は久しぶりに我が家でHitしたカリフォルニアンワインです。

☆ワインのご購入を希望の方へ…☆
今回は宮崎にある吉野酒店のワインセラー「パリ16区」をご紹介・リンクさせていただきます。
私も写真を撮っておけばよかったのですが、このような形でご紹介するとは思っておりませんでしたので、ぜひ「パリ16区」さんのサイトからご覧下さい。

なお、ワインセラー「パリ16区」さんがお持ちのワインは「1997」年ものReserve Redです。

☆Reserveとはワイナリーが「特別なもの」として作っているので、お値段も普通よりちょっとお高めではありますが、やはり「いいもの」が多いです。
ただし、「Reserve」に対する「規則」は国に寄ってバラバラで例えばイタリアなどの「Reserve」はDOCGなどの生産コントロールの基準(熟成期間など)を満たしていなければなりません。
一方でチリやアルゼンチンなどのNew Worldといわれる地域の「Reserve」はそうした基準がなく、ワイナリーが独自につけているものです。

吉野酒店 ワインセラー・パリ16区のMount Veeder

Napa Valley Mount Veeder Winery Red Reserve 1997”

こちらのリンクからご注文可能です。
(ご購入の際の郵送料、消費税、その他商品に関するお問い合わせは直接、販売店様へお尋ねください。)

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。