In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアに住まない理由

年末にミラノの裁判所に行くことがありました。
遺言の遺贈拒否手続きをするのに同行したのが理由です。

今回も予想を裏切らない「呆れる」イタリアンお役所対応でした。

感想:

・マニュアルは「io (私)」=人によって回答が異なる
・納税者の税金で給与をいただいているとは全然思っていない
(窓口の来ている市民に頭から文句をいう=完全な市民イジメ)
・デジタル化していない = 非効率
・オフィスをいたわっていない = 自分の家は綺麗にキープするが、公共の場所は気にしない

(ドイツ語圏)スイス人化してしまった私にとって、このミラノ裁判所での出来事は改めて「surprise」でした。
(スイスのお役所は効率が良いので行くのが全然苦になりません。)

3時間近く待たされている間、あまりに暇だったのでミラノ裁判所の探検をしてみたら、↓な可愛いリサイクリングボックスを発見。

gomib1.jpggomib2.jpg

「箱がいっぱいになったらxxx-xxxxへ電話してください。回収に来ます。」
って書いてあるんですが…その回収費用って誰が払うの? 最終的にはミラノ市民の税金ですよね…。


今回の手続きではお役所側の事務手続きにミスがあることをイタリア家族がその場で突き止めました。
最初はお役所側が必死になって自分達が正しいと主張するのみ。相手の主張は聞き入れない態勢でしたが、過去の書類もひっぱりだして、粘って…そして相手に非を認めさせたのは…私のイタリア家族。
本当に誇らしい!?方々です。

そんな強い生き方をイタリア家族から学ぶべきなのでしょうが…
私はそんな余計なエネルギーを使いたくないので、出来ればこのままスイスに居座り続けたいです。
(刺激を求める人はこの現象を弱体化と言う…かな?)

Comment

Marinka says... "勇気さんへ"
コメントありがとう!
同じ国だけど、違うでしょ…ぉ。
今考えると以前Veveyで暮らし始めた時はチューリッヒよりもかなり大変だったなぁ…と。
ローザンヌの生活どうですか?刺激的なMBAプログラムと仲間達との生活のお話、聞かせてくださいね~。ブログもおじゃましてます♪

ご連絡お待ちしてます♪

2011.01.20 19:56 | URL | #- [edit]
勇気 says... ""
わたしもスイスの効率のよさ、大好きです~。
その面ではドイツ語圏の方がフランス語圏よりちょっと快適かも?
早くチューリッヒに戻りたいですv-238

そうそう、来週の件、メールしますねv-22
2011.01.20 12:58 | URL | #mQop/nM. [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/791-b6d81efc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。