In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食いだおれの旅-パリ(4)そして…

LVM2.jpg


最終日。

パリで買いたかったもの。
それは布地。

日曜の朝、どこか布地屋さんが開いてるかな…とモンマルトルまで行ってみましたがやっぱり閉まっていました。残念…。次回はまず一番に布を買うことから取りかかろうと決心しました。

荷物を詰めた私達はSt-PaulのあたりでJ兄さんとS姉さん達とブランチを一緒にいただこうと合流。
ふらふらっと立ち寄ったChez Marianne。ここはテイクアウトのFalafelサンドもあるんですが…すっごい行列。運良く拡大されたレストラン店舗に座ることができたので4人でゆっくりブランチをしました。
お味はなかなか美味しかったのですが…パンの追加料は別途かかるし、パン自体もMezze用でないなど…チューリッヒのMaison Blunt/Tea Roomの方が雰囲気も味もbetterだね~と意見一致。

レストラン(ブランチ)
Chez Marianne
2, rue des Hospitalieres-Saint-Gervais
75004 Paris
Tel: 01 42 72 18 86

午後2時半、次の再会はアムステルダム、スイス、バルセロナね…ということで2組ともそれぞれの方向へ。
S姉さん、J兄さんありがとう。


そんなこんなの「食いだおれ滞在 in パリ」4日間。かなり体重増加したと思います。
たくさん歩いたけど、それ以上にカロリー摂取が多かったことでしょう。しかも夕食時間が毎日遅かったですからね。

最後に…1つ残念なことを書かなければ…。
なぜかパリに滞在すると「Bed Bugs-ベッドバグ」の攻撃されます。
6年前にパリに数ヶ月滞在していた時も滞在先ホテルで大量に攻撃を受け…そして今回も。
Bed Bugに刺されると蚊に刺されたようになり、痒いのです。寝ている間に血を吸われるから厄介で仕方ない。
しかも私の場合かなり赤くなって腫れます。今回は肩、腕、背中、足以外にも瞼を3カ所、寝ている間に攻撃され…パリ滞在中ずっと瞼が腫れ、人に見せられる状態ではなかったので前髪で隠していました。(ゲゲゲの鬼太郎状態です)
30数年生きていて、こんな経験をするのはなぜか決まって「パリ」だけ。4つ星ホテルに宿泊してもBed Bugが居るパリ…一体何なんでしょう。
6年前ホテルに数ヶ月滞在した時の症状もひどくパリ市内の病院にまで行きました。
するとその病院の先生が「フランスはその昔ペストでたくさんの人が病気になり亡くなりましたが、そのおかげでフランス人にはBed Bugsに免疫があるんです。だからホテルに宿泊する外国人がBed Bugsの好物なんですよ。」と言われたことが…。ってことはフランス人は刺されないの~????

Bed Bugsは人を介して移動するので5つ星に泊まっても刺されない…という保証なし。
まぁ1つ星のいかにも掃除行き届いてないよね…という場所よりかはましなのかもしれませんが…。
おかげでパリ恐怖症のトラウマから脱出できません…。

M氏もかなり刺されていました。帰宅して早速アパートオーナー(アメリカ人)にメール。

「お気づきかどうか知りませんが、あなたが貸しているアパートにはたくさんBed Bugsが住んでいるようです。おかげで私達は全身刺されて大変な思いをしています。今後あなたのアパートを利用する人達に同じような被害がでないように対応してください。」

こうなったら、パリ全体の消毒とかって出来ないのかな?
サルコジさん、Bed Bugs対策も公衆衛生の政策に入れてください…。

(ちなみに日本は戦後、徹底的に消毒してBed Bugsはあまり出なくなったそうです。)

Comment

Marinka says... "やぶさちさんへ"
おそるべしbed bugです…名前のとおりの虫ですが、3週間経過した今でもかゆみと腫れと戦っています。どうもアレルギー反応のようです…(泣)。やぶさちん、その後いかがお過ごしですか?
2010.05.27 20:40 | URL | #- [edit]
やぶさち says... ""
Bed bugsという英単語、はじめて聞きました。(お恥ずかしながら・・) Marinkaさんのブログは色んなことを教えられいつも勉強になります!
四つ星ホテルで不衛生なのはいただけませんね・・しかも、瞼を刺されるなんて。今はもう治りましたか?
2010.05.24 03:10 | URL | #r6D7sOkg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/686-5e7d42f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。