In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食いだおれの旅-パリ(2)

パリ滞在2日目。
メトロを使わずパリを徒歩で廻るのが私達流パリ滞在。

pompid.jpg



お昼ご飯を「虎や」さんで食べたくて、アパートからコンコルド広場まで歩いたのはいいけれど…やっぱり人気ですね。午後2時以降でなければ予約無しのテーブルが空かないということでこの日のランチ in TORAYAは諦め、その近くにあるホテルのレストランでランチをとりました。

一見すると高級でPoshで…私なんぞが行ったら場違えじゃないの?と感じる場所…。M氏がその昔パリで仕事をしていた時に会社の人に連れられて来ていたそうです。
中庭のカフェを案内するお姉様、お兄様もモデルさんような方々で…あぁパリに居るんだなぁと実感。お店にいるお客さんもなんか雰囲気が違う…高級ブランドのバック、洋服、買い物袋がいっぱい。

私のランチメニューは
白ワイン、ナスのコンフィチュール&ブラータチーズ
出されるバターがおいしくて、パンもかなりたくさんいただきました。

レストランレビュー(ランチ)
お味:☆☆☆.5
Restaurant Hotel Costes
239, rue Saint-Honore
75001 Paris
Tel: 01 42 44 50 25

ランチの後はデザートを頂くために、再び徒歩でマレ地区に向かいます。
地図を片手に目指した場所は…

「Mariage Freres」のカフェ。
以前、スイスのデパートで希少だとされるヒマラヤの白茶を買ったことからこのブランドのことは知っていましたが、とにかく高かったことを覚えています。(もちろん美味しかったです)
今回は前日にYさんご夫婦に連れて行っていただいたLe Zimmerで頂いた中国茶がおいしくて、M氏が自ら「このお茶が欲しい」とリクエスト。メモしたアドレスを元にたどり着いたのがティーサロンもあるMariage Freresのお店でした。

この日頂いたデザートは紅茶が香り付けに混ぜてあるチョコレートケーキ。
甘すぎず、見た目よりもずっとあっさりしていたとても美味しいケーキ。店内は常に満員で、大人気のお店&ティーサロンです。

カフェ(デザート)
Mariage Freres
30-32-35 rue du Bourg-Tibourg
Le Marais Paris
Tel:01 42 72 28 11
http://www.mariagefreres.com/

午後5時にMariage Freresを後にした私達はアパートに戻る暇なく、再び徒歩でコンコルド方面へ。
実はあのオランダ人カップルJ兄さん&S姉さん達とパリで合流です。

待ち合わせは「Buddha Bar」。
http://www.buddha-bar.com/
午後6時過ぎに合流し、次の夕食予約までお酒を飲みながら久しぶりの再会を喜びあいました。

Buddha Barの音楽は私のミュージックセレクションの中でも約半分を占めていて、まったりクールにラウンジ気分を味わう立役者です。
Buddah BarのCD (Amazon.co.jp)

iTune
iTuneでチェック

この日の夕食は午後8時半に予約。
この日もミシュラン組のシェフがオープンしたというレストラン。60年代を思わせるデザインの店内は色々な世代のお客さんで満席。

個人的には塩気が強過ぎで…イマイチだったかな。
すでに美味しい所に行ってしまったが故に!?ちょっと期待はずれでした。

Marinkaお気に入り度:☆☆.5
Hotel Thoumieux
79 Rue Saint-Dominique
75007 Paris
Tel: 01 47 05 49 75
http://www.thoumieux.fr/

夕食後は…シャンゼリゼ通りまで歩いてデザート探し。
夜中12時近くからデザートなんて…と思いながらたどり着いたのはマカロンで有名な「La Duree」。チューリッヒにも出来たLa Duree。でも私達グループで一致した意見は「フレンチマカロンよりスイスマカロン(ルクセンブルガーという名前でフランスのマカロンより小粒)の方がおいしい」ということ。
お茶はMariage Frerersの方が美味しいよね…とM氏。

La Dureeで席を待っている間、突然フランス人女性がお店に入って来たかと思うと「ohhh---私のマカロンはどこ?なぜマカロンがないの?ストでも起こしたの?マカロンに何が起こったの?」とドラマチックにウロウロ。
ショップのマカロンは午後11時でcloseです…とお店の人に言われると「なぜ11時なの?私のためにマカロンは出してくれないの?」とまるでお姫様といわんばかりのフレンチ女性の振る舞いがあまりに面白く、思わずじ~っと観察してしまいました。それくらいフランス人に愛されているLa Dureeのマカロンなんですね。
www.laduree.com

午前1時前,最終メトロに間に合うように解散。
翌日は虎やランチでスタートです。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/684-3e1708a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。