In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアは魅力がない国!?

イタリアがお好きな方はたくさんいらっしゃると思うのですが、私はイタリアとは「綺麗でお洒落で美味しい国」では済まされない厄介な国だと思うことが多々あります。
今日もそんな考えを煽るような記事をFinancial Timesで読みました。

一部抜粋・中略
Financial Times 05.05.2010 Page 5

On the face of it, Italy does indeed offer cause for concern. In the past decade, its labour productivity and share of world trade have declined; economic growth has stagnated well below the European Union average. Investment is low, employment growth meagre. What is rising is public debt, forecast to grow from 115 per cent of gross domestic product last year to about 118 per cent by the end of 2010, second in Europe only to that of Greece.

…とここまで現在問題のギリシャ財政崩壊の話とつながる内容が書かれています。

そしてここからがぜひご紹介した内容。

Italy also suffers from structural problems, ranging from an inefficient public sector to restrictive practices in trade and the professions. Widespread corruption, an inefficient bureaucracy and a ponderous judicial system make it one of the least attractive countries in which to do business, according to the World Bank.

訳)イタリアは国としての体系的な問題も抱えている。例えば、効率の悪い公共部門のせいで貿易や専門分野の活動が制限されているし(思うように行かない)、賄賂はあちこちで横行しているし、役所はとにかく非効率、そして役に立たない司法制度などがあり、それらの問題はイタリアをビジネスを行う国として魅力のない国の1つにしている…とWorld Bankは報告している。


納得納得。

この後にもイタリアという国の経済と政治についての分析が書かれているのですが、これがなかなか歯切れの良い記事だったので今後の国際情勢理解と分析のために取っておこうと思った記事でした。

そしてこの記事の下のコラムにはあのFiatのMarchionne氏が行うFiat改革の一貫「コーヒーブレークの時間」についても書かれてありました。
Fiatを180度転換させた手腕を持つこのお方。やっぱりただ者ではいらっしゃいませんね…。

と思ったのは実際にお会いした時。

トレードマークはセーターにYシャツ。えりはセーターの中にお行儀よく入れておくカジュアルスタイル。
在スイスイタリア大使がいらっしゃるような場でもその姿で登場。さすが!
しかも堂々とイタリア政府批判をしちゃうから拍手大喝采したくなった…のは私とM氏♪

Marchionne氏はヘビースモーカーで有名だけど…彼にかかっては例外がいっぱい作られるようですね。
だってあのチューリッヒにある歴史建造物の中で昼食時間中ず~っとタバコを室内で吸い続けるんだもん!!!禁煙ですよ!
でも誰も止められない。
あの建物の保険の面倒を見ている会社に勤める私にとっては冷汗でした。

そんなMarchionneさん、ちゃっかりスイスの住人。フェラーリ愛用です。


そんなこんなで、Fiatが変わればイタリアも変わる!?!?かな。

というわけで本日はファッション、食、文化だけでは語れないイタリアの側面をお伝えしました。

Comment

Marinka says... "毛毬さんへ"
初めてコメント頂いてますよね。ありがとうございます。ブログでは新聞記事のほんの一部分だけの紹介です。FTのサイトから全文読めますので是非ご一読下さい。どうしてそうなのか、毛毬さんはどう思われますか?考えるとまたイタリアの違う側面が見えて面白いですね。
2010.05.12 21:26 | URL | #- [edit]
毛毬 says... "どうしてだろう?"
イタリアに関しての実情ってことではまぁまぁ明確な記事かもしれませんが、なぜそうなのかという分析は書かれていないのでしょうか?単に愚痴のようにも取れる記事に思えました。
2010.05.12 20:58 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/677-c9b5c886
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。