In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーユルベーダマッサージ チューリッヒ編

ついに念願のアーユルベーダマッサージ in Switzerlandを決行しました。

room2.jpg
足浴中

2007年にアーユルベーダ5000年歴史の発祥の地と言われる南インドのケララ州でアーユルベーダマッサージを経験して以来、アーユルベーダマッサージと南インド的食生活の大ファン。

ただやっぱりインド以外でアーユルベーダの施術を行うとなると、施術してくださる方の技術やオイル等をはじめ、期待通りに行くかどうかイマイチ不安だったのが本音。しかも気候をはじめとした環境や文化の異なるスイスで…となるとどこまで本場通りに行くのかな…という思いが多かったのです。

それが、たまたま私がお世話になっているオステオパシーPraxis(治療所)のお隣のお部屋にアーユルベーダとヨガのマークを発見。オステオパシーの先生もその旦那様もすでに経験済みと聞いて「これは良いかも!」とピピッときたわけです。

しかもたまたま受付で先生にお会いすることができたので即予約。

それに加えて、アーユルベーダの先生はインド出身のアーユルベーダ施術師一家の3代目。これはますますお願いしないわけにはいきません!?

感想:ただただ一言!「最高に良かった」です!1時間、あの濃厚なアーユルベーダのオイルを使って、頭から足の先までリンパの流れを促進するマッサージは見事に私の体を宙に浮かぶような軽い状態にしてくれました。
しかもシローダラ(ひたいにオイルをおとす施術)かのような手の動きでひたいと頭、そして顔のマッサージをしてもらった時はもう眠りの世界を越えて「瞑想」!?の世界のような気持ち良さ。

施設にシャワーはないので、マッサージの後はさささっと服に身を包み、帰宅してのんびりと温かいお風呂に入って発汗させます。その後、吸い込まれるように私は3時間も寝てしまいました。

マッサージの前にはちゃんと脈診や顔色、舌の状態、爪や肌の状態、問診で体と心のチェックもしてくださります。

実は明日、手術を控えています。
それもあって、できるだけ自然治癒・自己回復力をつけたくて手術前日にアーユルベーダに行きました。
明日から少しだけチューリッヒにある5つ星ホテルの病院!?と言われる所に滞在します。噂によると食事もおいしいらしく、個室だと至れり尽くせりのサービスだとか…。楽しみです♪
(webサイトでチェックしたら、毎朝インターナショナル新聞の配布からはじまり、テレビはもちろん国際番組入っているし、ラジオもついてる。ビデオも必要だったら設置してくれるし、ネットはアナログで利用可。しかも食事は夕食くらいまではいつでも好きなときに好きなだけルームサービスお願いできるし、なんと夕食はメニューから選ぶ「アラカルト」もちろん付き添いの人も一緒にお食事可♪)
というわけで、明日は力があるか分からないけど出来れば病室から病院レポートをお送りしたいと思います。

手術が完了して1ヶ月もすれば抜糸する所も回復するでしょうから、またその頃にアーユルベーダマッサージに行く予定です。そして手術から5日後にはすでにお隣のオステオパシーの先生に回復治療の力添えをお願いしています♪


room1.jpg


余談:
アーユルベーダのgentleman先生は38才くらいだと思うのだけど、きれいなチョコレート色のしかもきめ細やかなお肌を見ていると…この先生がいったい何歳なのだか検討つきません。これもやっぱりアーユルベーダオイルと生活スタイルのおかげなのかな。


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/598-65f79b2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。