In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留守の理由(2)

12月の旅。

年末年始のハイシーズンを前に、サムイ国を脱出して一路東南アジアへ。
タイ・Bangkok、カンボジア・Siem Reap、タイ・ Samui Island .... 2weeks vacation with great friends.




t1_20100109160940.jpg

バンコクの寺院に日が沈む…



t2_20100109160940.jpg
砂浜ビーチの夕食後…毎晩毎晩よく食べました


c6.jpg
アンコールワットの朝陽を見るために、朝4時起きしたりして…


c1_20100109160939.jpg
そして夜遅くまでカンボジアの街で夜遊び…これはバーの入り口


c2.jpg
これは本物のアンコール遺跡の彫刻


c3.jpg
お土産を売る子供達に囲まれるのも楽しみのひとつ…


c4.jpg
この旅でたくさん想い出になってことはあるけれど、このお子様の可愛さは最高でした。
アプサラ像を売ろうとしていたこのお子様。まだ言葉はそんなにできないお年頃。「How much?」と聞くと…
「How much?」とその言葉を私達へかえしてくれる…。きっと誰かがこうやって子供達にお土産売りの言葉を教えて行くのでしょうね。


t3_20100109160940.jpg
旅のハイライトはサムイ島にあるとある秘境!?で4時間のマッサージ。
今度はこの場所でメディテーション・デトックス滞在をしたい。


2週間の旅で本当にたくさんの想い出ができました。
バンコクの空港で拾ってくれたタクシーのおじさんがとても良い人で、カンボジア国境までの送迎(3時間の道のり)もしてくれて本当に助かりました。

国境まではタクシーで行き、カンボジアとタイの国境は往復ともに徒歩で越境。
それぞれの国でタクシーを見つけるわけですが、カンボジア側での経験がいろいろあってやっぱり面白かった。

昔は5-6時間以上かかったらしい悪路も今ではすっかりアスファルト整備され、なんと1時間半で目的地へ到着。
アンコール遺跡の観光ブームですっかりSiem Reapは様変わりしたようです。

それにしても今回の旅は交渉ばかりしていました。

Tuktuk、ホテルはもちろんお買い物まで何でも交渉できるところはしつこく交渉。

おかげさまで予算より20万近く安く旅ができました。

旅の詳細はそのうち暇人になることができたら…ぼちぼち書こうと思います。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/592-3dfd771a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。