In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAMMA MIA, ITALIA

イタリア財務警察がイタリア国内にあるスイス系銀行の支店にどどどどぉっと押し寄せたのは先週のこと。

申告されていない何十億ユーロという資産をスイスからイタリアへ移させ、税金をがっぽりいただこう…という魂胆にしか見えない…のは私だけでしょうか。

しかも国境や国境を越える列車内には秘密カメラまで仕組んで、イタリアースイス国境を移動する人達をチェックしてスイスへの資産流出、秘密裏にスイスーイタリア間で税金対策らしき行動を監視しているらしいから、そんな遣い方をするくらいならもっと国の中で起こっている問題解決のためにお金をつぎ込めばいいのにと思う。

ただでさえ、お国のふところ「火の車」のイタリア。なんとかして税金収入を増やして政治家の懐を温かくしようとする様子がよ~く見えます。

それから多分、スイス・イタリア語圏をはじめスイス国内に自国で申告していない資産を持っているのは裕福な人達だけでなく…絶対政治家の中にもいるはず!自分で自分の首しめてない?と思うことも。

ちなみに今年の冬、サルディニア島で「裕福層向け無税」政策を打ち出した知事がいるってご存知ですか?ほとほと呆れます。最終的に5月の議会で「×」になったんですが…ちなみに提案した知事はベルルスコーニにつく税務顧問の息子だそうです。やっぱりね…。

サルディニア島の北側はイタリア中のセレブ、政治家などお財布にお金を入れきれない人達がこぞってバカンスを過ごす場所。ご多分にもれずベルルスコーニも超豪華な豪邸を構えています。

お隣の国の税金優遇を叩いて、自分の国でタックスヘブンを金持ち用(=ベルルスコーニ用とも言える)に作るという考えが阿呆らしい。もしそんなことが可能になって、仮に億万長者であっても、イタリアのタックスヘブンにはお金を預けたいとは思わない:0

というわけで、スイスの政治家・銀行家の皆様かなりイタリアにお怒りです。特にティチーノ州の皆様は心休まらないでしょう…。

どうなるんでしょうね、今回の行く末。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/577-cfae7490
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。