In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遭遇確率

Bahnhofstrasseを夕方歩いていたら、見覚えのあるGentlemanに遭遇しました。

誰に会ったでしょう。


チューリッヒと私の因縁を知っている方は「もしかして、あの人!?!?!?」なんて思う方もいるかもしれませんが、その人ではありません。


有名人?
いえいえ、私はそういうのにとても疎いので、スイスで有名人が歩いていてもきっと気づかないでしょう。



忙しいBahhofstrasseで遭遇したのは、先月頭に新居に引っ越しをした元お隣さんのご主人でした。


こうして道ばたで偶然に知っている人に会うって嬉しいことですね。


でも…最近知り合いネットワークが拡大したおかげで…ヘタな格好して出かけられなくなりました。

週末は…スポーツジムから汗だくで出てきた瞬間に…知り合いのアメリカ人夫婦に遭遇。
そのまた1時間後に同じ夫婦にスポーツジム前にあるスーパーで2回目遭遇。


時には「あ、こないだトラムに乗ってたの見たよ」とか言われるし…。


仕事の時は良いけれど、週末に街へ繰り出す時も身だしなみを整えておかないといけないですね。


チューリッヒの知り合い遭遇率が高いのは街サイズも関わっていますが、それよりも皆が「よく歩き」「よく公共交通機関を使う」ということも関係していると思う今日この頃です。


注意:最近、よくトラムが警笛を鳴らします。歩行者、自転車、車のトラムに対するマナーがとても悪くなってきていると思います。先日は無理矢理トラムの線路に出てきた車が優先されるトラムに衝突するという事故現場を目にしました。
チューリッヒの最優先は「トラム」です。くれぐれも無理に線路に入り込んだり、トラムが来ているにも関わらず線路を横断することはやめましょうね。


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/574-2adeb2e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。