In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイスと日本の関係

ご存知の方も多いかと思いますが、協議が続けられてきた日本とスイスのThe Agreement on Free Trade and Economic Partnership between Japan and the Swiss Confederationが9月1日より有効になりました。

今日はそれを記念したコンフェレンスイベントに参加。スイスー日本両国関係者が大勢集まった今回のイベントでは本当に多くの方々とお会いでき、名刺交換をすることができました。

私は直接スイスー日本の輸出入ビジネスに関係する仕事ではありませんが、両国の経済交流が活発化することで期待される「企業と人の移動」に関係する仕事ですので、今後の経済発展から目が離せません。

物の往来だけでなく、両国間におけるトレーニング雇用(35歳以下、最長2年、高度な技術、能力が提供できる人材)の外枠も決まったとのことで、今後増々両国間の交流が進むといいな…と思います。

帰り際、運良くスイス側経済省の方とお会いする機会に恵まれました。
たまたまイタリア語圏スイスのご出身…ということで、恥ずかしながらイタリア語でお話をさせていただきました。
不思議なもので、英語からイタリア語に切り替えた瞬間、お互いの声のトーンが変わり、ジェスチャーもちょっと加わったり…。言葉と脳のつながりは面白いですね。
もうすぐ、スイス経済省の大臣と一緒に日本の政府訪問をされるそうで、新しい日本の政府に大きな期待を抱いていらっしゃいました。

ちなみに、素晴らしいプレゼントしてくださった在日スイス大使は女性でした。何かとスイスも男女機会均等に関しては保守的と言われますが、最近はこうした高官に就かれる女性が多いなと感じます。チューリッヒ市長も女性ですし、政府の大臣にも女性が数名います。民間企業においてはまだまだ他の欧米諸国に比べると低い率ですが、これからその傾向も少しずつ変化していくのだろう…と感じます。



今日の会場はM氏オフィスから目と鼻の先だったこともあり、イベントの後はM氏オフィスまで出向き、待ち合わせをして帰りました。
お互いチューリッヒ市内の全く別の場所で仕事をしているので、こうして一緒にオフィスを出るなんてことはまずありません。
トラムに乗り込むと偶然にも、M氏オフィスの目の前に建つ新しいオフィスビルで仕事をしているもうすぐパパになるフレンチの友人とバッタリ。
和気あいあいと仕事から帰れるっていいなぁ…と久しぶりに大きな企業で勤める1つの良さを感じました。


今日はとても疲れたようで…帰宅後すぐにソファーの上で仮眠をとりました。明日も明後日も…怒濤のごとく忙しい日々。

もうすぐコーディネートしている大きなイベントがあるため、その準備も平行して行わなければなりません。

でも、こうして様々なチャンスを与えてくれるスイス・チューリッヒに、そして皆様に今日も感謝です。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/556-4587d637
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。