In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドとスイス

昨日の午後、インドに居ました!?!?!

と言っても「スイスのインド」なんですが。

昨日は仕事の関係でスイス・インドのビジネスセミナーの参加しました。
双方の国におけるビジネス関係についてのセミナーで、企業の事例プレゼンテーションを見る機会に恵まれました。

スイスにおいてもインドとのビジネスは「IT」。
スイス企業の仕事をインドへアウトソーシングしたり、インドからITスタッフをスイスへ派遣したり…とよくあるパターンです。

興味深いのはインドからのITスタッフ派遣が増加した事をきっかけにチューリッヒ州における「IT」従事者の最低賃金がCHF75,000からCHF90,000へ引き上げられたということ。
これは賃金の低い労働者を受け入れる事でスイス国内で同じ仕事に就くスイス人の賃金低下を招いた…という危惧に基づくものです。

実はこれはIT部門だけに限らず他の産業でも同様のことが言えます。
EU国民の移動がスイスでも自由化されたことで安い労働力の流入+スイスの平均賃金低下というサイクルは避けられそうもありません。

さて、スイスのインドですが…実に現在スイスで在留登録しているインド人はなんと5000人以上。
2003年はたった304人だったのですから、爆発的な増加ですね…。

それから面白いのはドイツでドイツパスポートを取得したインド系住民のドイツ語圏スイス(特にチューリッヒ)での増加。
言葉の面でアドバンテージがあるのでまぁ当たり前と言えば当たり前ですね。

昨日は食、ビジネス、ネットワークと様々なインドつながりが出来た有意義な機会でした。

それから…面白い経験をしました。
会う人会う人に「なんで日本人のあなたがスイス・インドのセミナーにいるの?」という質問をされたこと。

理由
1:主催する企業が私のオフィスと提携していること
2:私の仕事は国籍を問わないこと
3:スイス&インドのビジネス連携、人の移動が私のビジネスにもつながっているから

ということを説明して納得していただきました。

私としては唯一の黄色人種であったことがアドバンテージ(利点)だったと思います。

それからもう1つ。
休憩、カクテルタイムに固まるグループ…

インドの方+私…しかも若い世代の女性only



スイス人only ご年配の女性はアジア組とは話をせず…

それから9割のnon-Indian出席者はインドに行った事がない!!!!

全く異なる文化の国…、お互いを見ずして良いビジネス関係を築けるのか…ちょっとした疑問です。

こうした点は立ち上げを進めているnon-profitのAsia Networkにつながる良いヒントにもなりました。


Comment

Marinka says... "Tomingoさんへ"
ほんとうにお久しぶりです!
もうめちゃ忙し…の日々です。

多国籍国家オーストラリア、そうですよね…本当にいろいろな人達がいるんですよね~。明るい太陽と陽気な皆さんがニコニコ集まっている様子が目にうかびます♪
2009.06.17 18:23 | URL | #- [edit]
Tomingo says... "Re: インドとスイス"
marinkaさん、お久しぶりです!
ますますご活躍のご様子で素敵ですv-238

それにしても面白いですね。
セミナーでのひとコマ。
オーストラリアも激しく多国籍な国なので、
パーティではこういう風景よく目にします。

その真ん中にいるmarinkaさんの担っている役割は、
非常に重要で意義のあるものだと感じます。

これからも世界の架け橋として頑張ってくださいね♪







2009.06.17 07:10 | URL | #H8VmIQIY [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/533-596b9303
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。