In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The International

このところ週末は友人達と映画にいく機会が多い…というのも話題性のある作品が多い時期なのだからかもしれません。

今週の土曜日は「The International」を観てきました。

2008年に公開予定だった映画、当初の批評があまり良くなくアクションを加えて再公開となった2009年。
ちょうど銀行破綻をはじめ、世界的に銀行に対する目が鋭いこの時期に公開された「The International」は新たな刺激かもしれません。

話は1980年代~90年代に起こったことをヒントに作られています。

実際に存在したBCCI(Bank of Credit and Commerce International)の国際的非合法な活動、それに関わる国単位の黒幕…。

普通の人間には想像もつかない「黒い世界」が私達の生活にどこかでつながっていて、それが人ごとのように見ているニュースとつながっているのか…と思うと、本当に普通の人間で良かった…と思いたくなります。


映画は国際組織の追跡を含んでいることから、舞台がイタリアだったりニューヨークだったりベルリンだったり…といろいろな国を観ることができます。

特にこの映画ではトルコのイスタンブールを最後の舞台として選んでいるのですが、景色の捉え方がうまいなぁ…と思うところがいくつかありました。

実はちょうど映画の前に友人夫婦とイスタンブール旅行計画の話をしていたので、映画を見た友人夫婦達は増々「乗り気」。

日曜はその夫婦がイスタンブール行きのチケットリサーチをしてくれるのだそうです。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/523-28e836dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。