In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Women力

月に1度、チューリッヒ市内のホテルでProfessional Women's Groupのイベントが行われます。

今日は「スピードデート」。

と言っても、男性と女性のデートではなく、メンバー同士の自己紹介を兼ねたスピードデート形式のイベントです。

3分の間に様々な質問をしてメンバー参加者の仕事、夢、現状などをたくさん聞いていきます。

そうすることで(もしかすると)仕事のチャンスがあったり、新しいネットワーク拡大のチャンスがあったりするわけです。

これが結構面白い!

短い間だからこそ単刀直入に聞ける質問なんかもあるわけで、時間が足りないから「じゃ、ディナーの間に一緒に座ってゆっくり話しましょう」という風になるわけなのです。

イベントに続くディナー、今日はスイス人、イギリス人、ドイツ人と同席しました。
話が非常に盛り上がり…私達は最後近くで、席を立った時はすでに9割の人達が会場を出ていました。

ディナーの間にはグループの今後の方針を固めるための意見交換が行われたのですが、間髪入れずに出て来るメンバーからの意見、アイデア、質問が非常に興味深く、彼女達の頭の切れの良さを感じました。

そしてそれを上手くまとめる代表。さすがです。

私も今晩は一言コメントさせてもらいました。

「言っていいかな?言うとまずいかな?」という思いもありましたが「言った者勝ち!」というのが最終決断。

「成さねば成らぬ」という言葉どおり、「言わなければ何も起こらない」という概念はこのグループ内では当たり前。

それは多分グループの中心が英語圏の人達だからではないか…と感じます。
(もっとも発言者の多くはアメリカ人とイギリス人)

それが良いのか悪いのか…これはそれぞれの居るポジションや文化に寄って異なるので一概に言えませんが、少なくともスイス社会は「白黒」ハッキリさせる時と「グレー」で居る時とを上手く使いこなしているように感じます。

時々、日本的感覚をバランス良く持っていると案外上手く行くのがスイスかも!?と個人的に感じる時もあります。
(そんなせいか…私がこのグループのイベントで知らず知らずに多くの話しをするのはなぜかいつもスイス人。しかも…イタリア系スイス人。なぜだか隣に座ってくる確率が高い…)

インターナショナルな場所にいると「自己」の確立が大切です。
それと同時に相手のことを察知する能力、相手との言葉のキャッチボール、物事を論理的にクリアーに伝えるための経験や訓練を持つことが必要!と再認識。
そして何よりも日頃からアンテナを大きく広げて知識や情報を集めて、それに対して自分の考えを持つことが大切なことだと感じます。

こうしたことについて考える機会を与えてくれるWomen力にDanke!











Comment

Marinka says... "chisaさんへ"
私なんぞで協力できることがあれば、ぜひ。
履歴書送ってください。
イベントのことも含めてメールしますね。
2009.02.24 22:11 | URL | #- [edit]
chisa says... "ふたたび。"
このイベントの件ですが、少し先ですが、4月に参加させてください。
スイスで頑張ってらっしゃる方とお話が出来るいい機会ですもんね。
それにMarinkaさんにも久々にお会いできますし。
そうでもしないとこの田舎ではそのような方々にはなかなかお会いする機会がなさそうです。

履歴書の事なんですが、私もMarinkaさんに見て頂こうかと思ったのですが、
いつもお忙しいそうで、遠慮しておりました。
さっと目を通していただくだけでも結構ですので、送らせて頂いても宜しいでしょうか。
お手を煩わせてすみません。
2009.02.24 17:28 | URL | #- [edit]
Marinka says... "chisaさんへ"
いつかチューリッヒにお出でになる機会があったら参加してみてはどうでしょう?様々な人達に会えるので良い刺激だと思います。

実はこの日の直後、このイベントで会った就職活動をしているアメリカ人から「私の履歴書をみてください」ってメールが来ました。
私の会社は空きポジションがないので早速つながりのあるリクルートエージェントに紹介しました。
こういう形でも頑張る人の応援をしていこうと思っています。

2009.02.20 23:54 | URL | #- [edit]
chisa says... "このイベント!"
とっても魅力的で刺激的。まさに私が目指そうとしている方の集り。
それぞれが自立した国際的な女性達。
今はこの集りに参加できる後ろ盾というか自信がないですが、
一刻も早く参加できるように頑張らなくては。

余談ですが、ドイツ語圏よりもフランス語圏の方が英語で仕事ができる企業が多いようですね。
チューリッヒはまだMarinkaさんの様に英語が共通語の企業もあると思いますが、
ベルン近郊ではほぼ見当たりません。(バーゼルしかり)
なので自宅から近いヌシャテルで現在当たってます。
就職活動は大変なものですが、各々の企業に自分の未来を想像しながら
ある意味、ワクワクする日々でもあります。
2009.02.20 16:20 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/521-2097df91
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。