In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人のこと

angelicez.jpg

噴水凍結時の1枚。なんだか「エンジェルの羽」に見えました。


今日は私の友人のことを書きます。

日本をはじめいろいろな場所で出会った素敵な友人達がいることに感謝したいと思います。

遠くに住む友人達から届くメールほど嬉しいものはありません。

それが嬉しい知らせであれば、その喜びを一緒に分かち合え、それが悲しい知らせであれば、その悲しみを分かち合う。

毎日会わなくても、毎日電話で話さなくても、毎日メールしなくても、別の大陸に住んでいても、私にとって友人達の存在やその空気はいつも私の心の中にあり、見えない何かで感じている気がします。

チューリッヒ生活を始めてすぐ、支え合える友人に出会いました。

彼女は南米出身。
サンフランシスコに長く暮していた彼女がチューリッヒへ越して来たのは私より数ヶ月前。

仲が良いのにこの半年会わないままだった私達。

サンフランシスコでロジスティック(輸出入をはじめとする物流)で仕事をしていた彼女はスイスへ来てしばらくしてやはり多くの人達と同様、「仕事をしたい、仕事に戻りたい」と言っていました。

ドイツ語学校が一段落したら何もすることの無い生活に恐怖心を感じた私と彼女…。
それも今では昔の話(といっても1年も経っていないけれど…)。

そんな彼女、最近どうしているのかメールで伺ったものの返事がなく、どうしたんだろう…と気になっていると「Hello」と電話をかけてきてくれました。

嬉しいニュース。
それは彼女は見事に仕事をGet!したという知らせ。
職場は家から車で50分もかかる距離にあるのだそうで…、仕事は当初の狙い通り、ロジスティック関係で、エクセルを駆使してプライシングを担当しているのだそうです。

ドイツ語はどう?
と聞くと…

「スイスの会社だけど使わないよ。会社の人は皆スイスドイツ語、でも英語で仕事してる。」

(…あぁ私だけじゃなかったんだ…とちょっぴり安心)

彼女の元気そうな声と新しい第一歩の知らせに嬉しい気持ちで一杯です。

異国の地で仕事を探すことは簡単なことではない…それは彼女も私も経験があるから分かり合える。

探した後も新しい環境の中で成果を挙げ、前進して行くことはたくさんの労力と努力が必要だと知っている私達。

そして同じ1月の誕生日の私達♡

もうすぐ会えることを私達は心底待ちこがれています。





追伸:お母さん、お誕生日おめでとう♪

Comment

Marinka says... "ブースケさんへ"
お誕生日おめでとうございます!ブースケさん!!!同じ1月♪

スイスの言語事情ですが…お国がすでに4カ国語を公用語としている時点でドイツ語喋れなくても生きて行ける…って思えてしまうんです(笑)。以前、フランス語圏スイスに居た時はドイツ語なんて全然使わなくて…フランス語かイタリア語中心…大きな街だと英語でOK。
とても不思議な国です。でもやはりその土地に深~く入り込むにはその土地の言葉が出来た方がいいですね♪
2009.02.03 19:10 | URL | #- [edit]
ブースケ says... "Re: 友人のこと"
遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます!
私も一月生まれです♪
日本で自分用の誕生日プレゼントを沢山買い込んで来たので、今年は満足満足っ!

スイスではスイス語なしでも問題なく生活できるんですね。
多分ドイツでは英語だけでは辛いかも。
私の会社では英語のみのインド人も何人かいますけど、ほとんどがドイツ語。たまにバイエルンの方言が強い同僚と話してるときは??となる事がありますけど、分からないと素直に言うとちゃんと分かるように説明してくれます。
でも、その素直に言うのがたまに恥ずかしく&面倒くさくって。
まだまだドイツ語の次はバイエルン語の勉強だっ!と思う今日この頃ですね~。
2009.02.01 20:58 | URL | #sSHoJftA [edit]
Marinka says... "ねずみXさんへ"
そうそう、そういえばドイツ出身の方でもスイス国境近くに住んでいた人は特に困ることなくスイスで生活できた…と聞いたことがあります。フランスのアルザス出身の友人もドイツ語とフランス語を使う場所だったらしく、それもスイスドイツ語に似ていたとか…。
スイスドイツ語もチューリッヒとベルン、バーゼルだとか他の都市とまた違うから面白いです。「こんにちは」というスイスドイツ語も地域に違うということを最近知りました。簡単なところでは「フンフ」がフォイフに。スイスドイツ語のテキストを持っているので今度何か面白そうな例を紹介しますね。
ドイツも地域でアクセントとか違うと思うのですが、方言で分からなかった…なんていう経験、ねずみXさんありますか?
2009.01.30 18:49 | URL | #- [edit]
Marinka says... "Kayopeeさんへ"
Kayopeeさんも1月のお誕生日なんですね!おめでとうございます。
誕生日のケーキとロウソク…、2週間前の夫の誕生日にしてあげました。いくつになってもいいかなぁって思います。
ドイツ語圏は確かに特有ですね~。一方でフランス語圏とイタリア語圏も少し違いがあったりして面白いです。お嬢さんはスイスドイツ語ペラペラですか?
2009.01.30 18:38 | URL | #- [edit]
ねずみX says... "Re: 友人のこと"
お誕生日だったんですね!おめでとうございます。今年も充実した1年でありますように。

この前ドイツ人の友達数人と話をしていたら、スイスドイツ語の話が出ました。
1人はチューリッヒに留学していたらしく、その時に感じた印象を教えてくれました。
スイス人ってドイツ人と話す時は標準ドイツ語を話そうとするらしいんですが、それがドイツでは使われない堅苦しい表現だったりして、ドイツ人としてはちょっと笑っちゃう瞬間があるそうです。
別の友人は、ベルリンのオフィスで働くスイス人と話しているときには違和感を感じないけど、スイス人同僚同士がドイツ語で話しているときには何を言っているのかまったく分からなかったと言っていました。この同僚とは私も話したことがあるんですが、ちょっとアクセントが南っぽいな?くらいでそれほど違和感を感じなかったので、いったいスイスドイツ語ってどんな感じなんだろうと興味津々になりました…。
2009.01.30 10:47 | URL | #- [edit]
kayopee says... "Re: 友人のこと"
一月生まれなんですね。。「お誕生日、おめでとうございますv-25
じつは、私も、一月生まれなので、marinkaさんに「おめでとう」って言って貰った
みたいで、嬉しいです。色々な事柄も、諸共せず、頑張っておられるご様子。。
でも、頑張りすぎないことも、時には大切ですよ。。v-10って。。歳の甲発言でした。。スミマセン。。
離れて暮らしていると、ホントに違和感を覚えるいとうか、もの凄く寂しいのが、それぞれの誕生日ですよねv-30v-274ケーキのロウソク消して、いつもより少しおめかした食卓をかこむなんて、ホンのささやかな家族の行事も、時差があったり。。
それから、「スイスの学校」に通っていると、一番の得意は、スイスジャーマンv-237になるらしいですv-219にしても、スイス人って3カ国語を自由
に操り。。すごいですよねv-237羨ましい。。
2009.01.30 04:34 | URL | #SrzX0UcY [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/513-666811cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。