In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末(ワイン話 第4回&cafe in London)



上の写真のワインは、2月に私のパートナーがスイスのとあるワインショップで「これはお得な価格だ。投資用に買う」と言って、在庫全てを買い占めた『Sassicai 2000』の1本です。

週末にイタリアから彼のお姉さんとそのパートナーM氏がやって来た際に、気をきかせてセラーの中からそのうちの1本をロンドンまで運んできてくれました。

これは世界的にも有名なイタリア最高級ワインと言われています。
価格は0が6つ付くようなプレミアものから、1万円前後で買える若いものまだありますが、どれも毎年人気であることは間違えありません。
もちろん、ワインは天候に大きく左右されるためヴィンテージ(収穫年)によってその品質に変動はありますが、1度不動の地位を築いたワインのブランドは、そう簡単にゆらぐことはありません。
それは、ワイン農園の方々が天候条件など、人間の力が及ばないことは別としても、多大な愛情と手入れをして育てているからこそ、可能なことなのです。

さて、生まれて初めてのSassicaiaワイン。
芳醇なお味が口にひろがり、タンニンがとてもまろやかなことに驚きました。また、良いワイン独特の特徴であるように、舌に残る味がゆっくりゆっくり変化し、後味をじっくり楽しめました。

実はこのSassicaiaワイン、その昔に生産者が自分のワインのあまりの出来の悪さにガッカリし、作ったワインをほったらかしにしていたそうです。それからしばらく時が流れ、再びそのワインを口にしてみると…、それはそれは美味しいワインに変身しており、そこからSassicaiaワインの歴史が始まったのだそうです。

日本でも様々なヴィンテージ、価格で手に入るSassicaia。
1度お試しになってはいかがでしょう?

広告ご提供“はっぴーマーケット”さん。

LINK:
サッシカイア 1999 / テヌータ・サン・グイード
( SASSICAIA / TENUTA SAN GUIDO )






LINK:
Sassicaia (楽天市場での販売一覧へリンク)


さて、次の写真は前のワイン話でもご紹介した、カリフォルニアはナパバレーのおいしいワインです。
これは、私もパートナーも大変気に入った1本で、どうしても姉達にこのワインを味わってもらいたくて、再び取り扱っているハロッズへ行ってきました。



日本では楽天市場から吉野酒店さんが、1997年ものを販売されています。正直、私個人もこのヴィンテージを頂いてみたいです。
濃厚なお味のワイン、チョコレート/カカオのような芳醇な香り…これはぜひ1度お試しいただきたいお薦めワインです。
LINK:
吉野酒店 ワインセラー・パリ16区のMount Veeder
Napa Valley Mount Veeder Winery Red Reserve 1997”


この週末は、手料理とこれらのワインで夕食をとりました。
ロンドン市内観光はお天気にも恵まれ、マーケット、公園散策を楽しみました。
そして、休憩には…



姉とそのパートナー、記念撮影です。

ロンドンをたくさん歩いた私たちは、北アフリカカフェ"momo"で休憩です。


大好きなミント紅茶を入れてもらいます。



お店はレストランとカフェに分かれていて、内装もとっても素敵です。
ここにいると、ロンドンではない別の空間にいるような気持ちになります。

cafe情報 in London
Northern African

"momo tea room Cafe/restaurant"
23,25 Heddon Street London W1
tel:020 7 434 4040

☆今日の1品☆
チャイやミントティーを入れて雰囲気up!
詳細はこちら:
モロッコのティーグラス(楽天市場 SOHOさん)

△おまけ△
我が家のミントティー
・新鮮なミントの葉…できるだけたくさん
・紅茶の葉(我が家ではダージリンやアッサムを使っています。)
・熱湯
・お砂糖

1.ミントの葉をティーサーバに入れ、すり棒やスプーンで「トントントン」とたたいておきます。

2.紅茶の葉を入れ、熱湯をちょと高い距離から入れます。(こうするとお湯と葉っぱが流動し、酸素も含まれるのでおいしいお茶を入れることができます。)ただし、熱湯に注意してください。

3.お茶が落ち着くまでちばらく待って、ティーサーバーへ直接お砂糖を入れます。甘めの方がおいしいと思います。

4.それをカップへ注いで、召し上がれ。

Comment

らふぁえろ says... "ベルガモは未踏の地です"
暖かい季節にイタリアを訪れることができたら、
是非行ってみたい場所です。
サッシカイアにチャレンジですね。(あくまで予定)
2006.05.02 15:17 | URL | #- [edit]
Marinka says... "らふぁえろさんへ"
そうですか、グラッパは召し上がったんですね。

さすがにエノテカで…というのは難しいですが、イタリアはベルガモ・アルタにある歴史あるカフェでは歴代のサッシカイアが置いてあるので、予算次第ではヴィンテージのいいものを頂けるかもしれませんよ。
2006.05.02 11:51 | URL | #- [edit]
らふぁえろ says... "サッシカイア"
グラッパの方は飲みました。
芳醇な香りが忘れられないです。

いつかは飲みたいと思うワインの1本。
過去にFirenzeの中央市場で見かけたけれど、
偽者も出回ってると聞いたことが有るので購入は見送りました。

エノテカで飲める所があれば良いんだけどなー。
2006.04.28 12:55 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/46-6956bc36
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。