In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューリッヒ サタデーナイト

あっという間に7月最初の週末です。

金曜は仕事のランチタイムを使って、お隣さんの仏人奥様と一緒にお寿司ランチへ行きました。彼女と独人の旦那様はそのレストランのお寿司が好きなのだそうですが、私…行ってみて驚きました。

あえてお店の名前は挙げませんが、お刺身の切り方、寿司のネタのさばき方がとても雑。すし飯も「なに?この握り方」と首を傾げたくなる、大変がっかりの場所でした。
(初めて行ったこの場所、周りに大手銀行&プライベートバンクのオフィスがずらり。湖畔からも遠くありません。店舗は小さいスーペースです。)

次回は彼女を私の大好きな日本食レストラン「美味」さん(とても美味しいので最近よく行きます)へ連れて行ってあげて、その違いを教えてあげたいと思います。

仕事の後は伊人&仏人カップルと夕食をいただいて、映画を観て帰りました。

今日お伝えしたいのは、これだけではなくて…
土曜日の夜のお話です。


(写真はすべて携帯で撮影しているので、画像が良くありません)

写真1枚目。これはチューリッヒ中央駅に出現した「巨大ダンスホール」。
IMAGE_013.jpg

スイスのスーパーMigros協賛で開かれるオーケストラバンド付きのダンスホールです。


通りかかったときは、出場!?出演?する方々がきれいな衣装をまとって続々と集まっていました。

でも驚くべきことは、なんとこの「駅のダンスホール」は誰でも参加可能!
電車待ちの人でも、観光客の人でも、子供でも、一人でも!

日曜日のニュースでその様子が流れていましたが、皆さん楽しそうでした。

来年…Migros シューレ(Migrosスーパーが経営する趣味・生活講座・学校)で社交ダンスとったら、これに出るかな?


2枚目はこの日のメインイベント!?
レストラン、バー、クラブが一体化した"Vertigo"でのディナー。

IMAGE_016.jpg


以前から行こうと思っていたのですが、ようやくこの日M氏同僚達と行ってきました。

畳のように敷き詰められた白いマットを使って作られたベッドのような座席は靴を脱いであがり、足を「が~ん!」とのばしてお酒と食事をいただきます。
(オランダ・アムステルダムのSupper Clubもこんな感じです)

残念ながら、冷房施設がせいか…暑かったです。
しかもこの日はお客さんが少なく、いつもならあるはずの「イベント」も無し(泣)。

実はこの土曜の夜、レストランが終わったあと「ゲイパーティー」のVertigo。
クラブへ入るパスも含まれていたので、ついでにゲイパーティーに潜入してみました。

ひとこと…不思議な光景でした。

Vertigoの入り口にて、巨大な「Mr Ladies」と一緒に写真撮ってみました。
IMAGE_018.jpg


以前、予約を入れた時は「1人140スイスフラン(14000円くらい)」で飲み物代は別…と言われていたので、これはかなりの高額ディナーになるな…と思っていました。

この日は…

シャンパン1本ーーー130スイスフラン
ワイン  2本ーーー180スイスフラン

と、3品のコース。

を6人で割って、お一人様「150スイスフラン(15000円)でした。

もしかすると、食事中のイベントを勝手に中止したから安くなったのかな?

食事はなかなかおいしかったですよ。
それからDJも良くて、いい感じでまったり&ファンキーな雰囲気を楽しめました。

できれば、夏場を避けて冬に行った方がいいのかなぁ。

Lounge, Restaurant, Club Vertigo Zurichの情報
http://www.vertigozurich.com/

Niederdorfstrasse 10
CH-8001 Zürich
Tel: +41 44 888 44 08


Vertigoの後は、近くの中庭バーへ。

ここでとても面白い発見をしました。

私達がこのバーのテラス席に座ったのは夜中の12時ちょっと前。

モヒートを注文したM氏や他の友達が「ね、これアルコールほとんど入ってないよ」と言いだしました。

するとお店のマネージャーらしき人が出て来て、

「法律でテラス席は深夜12時で閉めなくてはいけません。お酒を飲むならバーの中か、公共のスペースで飲んでください。今回は特別にアルコールを入れてあげますけど…」

えええっ?「お店のテラス席はダメなのに、ほんの2m離れた公共スペースならいいの???」

確かに、早々と他の人達は公共スペースとされる中庭の階段席に座っています。

これ、イギリスとかアメリカなら御用ですよね…。

公共のスペースならいいんだね…ぇ。なんて面白い法律なんだろう。


というわけで、広場の階段にベターっと座ってしばらく歓談を楽しみました。
でも、これってすごく自由な雰囲気でとっても楽しいですよ。
IMAGE_019.jpg





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/427-e92713fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。