In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューリッヒ便り(もうすぐ…)

チューリッヒは今週末から開催されるサッカーのヨーロッパチャンピオン選手権08の準備もほとんど整い、ファンエリアが開設される広場には簡易トイレがずら~っと並んでいます。

湖畔にはバーが立ち並び、名物のソーセージも露店で焼かれます。
毎日毎晩、コンサートなどのイベントも開かれ大会期間中はとても熱い雰囲気になりそうです。(あとはお天気ですね…ぇ)


チューリッヒ中央駅に出現した巨大な…(6/1撮影)
fusb2.jpg


fusb1.jpg



fus3.jpg

チューリッヒの家々には「スイス国旗」だけでなく、トルコ、スペイン、フランス、イタリア…など大会に出場する国旗が掲げられています。また、家のテラスだけでなく車にも小さな旗が掲げられ、それを見れば何処の国の人が運転しているのか一目瞭然。


ちなみに、ゲーム観戦のチケットはほとんど手に入らないとか。
手に入ったとしても1枚3000CHF(30万円)との噂が…。蓋開けたらお客さんが入っていなかった…ということにならないといいのですが。

★★★おまけ★★★


今日は街で配られる無料情報新聞「20Weeks」の面白い記事を紹介します。
*the article is from "20 Weeks"

ー試合観戦でスイスへ来られた皆様へ「スイスってこんな国!」ー
"HOW SWISS PEOPLE WORK"


-DO'S-

(中略)
------------
"Believe it: Not every people in Switzerland is rich. Honestly. But of course we are doing fine. It's just a mixture of understatemet and fear of failure that keeps us from admitting it."

正直なところ、スイス人って皆がお金持ちじゃないんだよ。でももちろん、僕らは十分に足りてる生活してるんだけどさ。ま、「失敗」することを「ダメ」と考えるスイス人の心理が根底にあって、「貧乏」とか「お金がない」っていうことを認められないんだよな。

------------
"Do flirt with the Swiss. We are shy and need practice. Attention: We kiss hello and goodbye three times on the cheeks. That's how we try to be easy and mediterranean (compensating for the missing sea.)"

スイス人と仲良くなってよ!僕らはシャイで経験が必要な人種なんだけど、以外とそうでもないよ。その理由…スイス人は「こんにちは」「さよなら」する時に頬に3回「チュっ」ってするんだ。これは地中海っぽい人達になりたいからなんだけど…=本当にシャイなのか!?。要するに、僕らの国にない海をこうして忍んでいるわけさ
------------
"Speak English. We have four official languages but everybody knows at least some words he believes are English."

英語で話そう!スイスには4つの公用語があって、その多くの単語は英語だって信じてるから!


(公用語:ドイツ/フランス/イタリア/ロマニッシュ語。英語は多数の人が使うけど公用語ではありません。)
------------
-DONT'S-

"Don't be emotional, affectionate, or simply normal. It frightens the life out of us."

感情的にならないでね。こればっかりは僕らに威圧感を与えるから。

(これは本当です!!!)
------------
(中略)
------------
"Don't ask for cuckoo clocks. They're from Germany. And Stockholm is a city in Sweden, a country far north of Switzerland."

「鳩時計を下さい」って言っちゃだめだよ。それはドイツの物。それからストックホルムはスウェーデンにある街だよ。スイスからずっと遠い北の国!

(間違える人いるの???)
------------
"Don't fear a political coup when soldiers with guns are seated in the same coach as you are. They are only party of an army that believes every soldier must have his weapon at home. Lately they stopped handing out the ammunition, at least."

電車で銃やマシンガンを持った兵士が隣に座っても政治クーデター!なんて言って怖がらないでね。
そういう人は家に銃を持っていないとだめだ…って信じてるほんの一部の兵士だから。
あ、でも…最近彼らは拳銃の玉を返却するのをやめたとか!?


(特に週末は帰宅/基地にもどる兵士が駅にいっぱい。長髪だったり、ピアスしてたりします。列車の中でアルコール飲んでますー>徴兵期間中の人達)
------------

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/408-f0dbfa67
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。