In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試練!?ドイツ語

knock.jpg

@ St. Gallen
重厚な木のドアの横にある2本の金具は何に使うのでしょうか…
呼び鈴?


充電の切れてしまった携帯電話にチューリッヒ市内からの着信が2回ありました。

私の携帯番号を知っている人は限られるし、何か急用だとか大切な用事ならまた電話をかけてくるでしょう…と思ったものの、どうしても以下のようなことではないか…と気になりました。

1.  滞在許可証の発行における重要確認事項の連絡

2. 南アフリカに注文した物が税関でストップされ、その連絡

3.  Jelmoliの通販から連絡

何はともあれ、電話をこちらからかけ直すことにしました。

「英語話せますか?」

「Nein」

「じゃ、フランス語かイタリア語?」

「Nein. Nur Deutch.」(ドイツ語だけ)

お手上げです。

必死で状況を聞くものの、超初心者レベルの会話力では歯がたちません。

一旦電話を切ったものの、電話の後ろから聞こえた音が「金属音」だったので、これはもしかして郵便では?と思いました。

幸運にも仮住まいには受付の方がいらっしゃるので、ロビーにおりて「すみません、助けてもらえますか?私のドイツ語が役に立たないので…」と状況を話して先方へ電話をかえてもらいました。

結局、南アフリカからの郵便物を届けるのに記載された住所に誤りがあったらしく、配達できずに電話で連絡をしてきてくださったのだそうです。

ロビーの受付の方は私の替わりに住所などを説明してくださいました。

電話を受け取った郵便担当の方、私のワケのわからないドイツ語によく耳をかたむけてくださったな…と思います。


その後、用事があってクレジットカード会社へ電話をしました。

ありがたいことに「ドイツ語、英語、イタリア語、英語」の選択ができます。
いつものように「英語ー4番」を押したつもりが、フランス語の担当の方が電話口に…。

なのになぜか…「Sprechen Sie Englisch?」(英語話せますか?ドイツ語版)。

相手の方は「はい、じゃ替わりますね」とフランス語で返してくれました。

次に電話に出て来た方はドイツ語で「どんなご用件で?」と一声。

申し訳ないな…と思いながら「英語でお願いします」と私。

するととても感じの良い声のトーンでその後ずっと私の応対をしてくださいました。
カスタマーサービス、向上中!?スウィツァーランド!

1分間で4つの言葉を楽しめるって、面白いなぁ…スウィツァーランド!




先日、トラムの座席の後ろに乗っていたスイスおばあちゃま2人の会話に思わず笑ってしまったことがあります…

「Migrosのバナナは安かったわ~」
「ほんと、私もMigrosでバナナの値段見て思ったわ~」
「バナナ…バナナ…」

と…なぜかMigrosのバナナだけで会話がず~っと続いていたのです。

あぁ平和だな…スウィツァーランド!


そんな国でドイツ語習得の試練!?は続きます。








Comment

Marinka says... "めいさんへ"
同じ国なのに、カントン越えると言葉が違うってスイスならではですね~。
ご親戚も半分がドイツ語圏となると…う~ん、必要性感じるでしょう…。
お互いがんばりましょうね!
2008.03.19 18:48 | URL | #- [edit]
めい says... ""
ヌシャテルはぎりぎりフランス語圏なんで、ヌシャテルから出ない限りはドイツ語と出会うことはないんです。

でも、すぐ、お隣がドイツ語圏。
メニュー読めない・・・、簡単な会話もできない・・・、親戚の半分がドイツ語圏の人。
ドイツ語をやらざるをえないですよね。はい。
2008.03.19 09:24 | URL | #- [edit]
Marinka says... ""
この頃、だんだん宿題の文章が長く、後ろにいっぱいおまけが付くようになってきました。これからが大変なんだろうな…と思いながらもチャレンジ!と気合いを入れています。

バナナでしょ…、もうおばあちゃん2人とも可愛かったですよ…。
2008.03.18 22:54 | URL | #- [edit]
Linden says... "ドイツ語"
Bambinaさんドイツ語すごく努力されている様子が伝わってきます。偉いですよ~。

ロビーの方も親切に助けてくださったんですね。私も当初は色々ご近所にお世話になったものです・・・。

続く続くバナナの会話、私も聞いてみたかったなあ。(笑)
2008.03.18 22:35 | URL | #yshiongI [edit]
Marinka says... "めいさんへ"
お!めいさんもドイツ語勉強中ですか!
お互いがんばりましょうね!

お住まいの地域ではドイツ語の使用頻度はけっこう高いのでしょうか?
スイス人口の6割がドイツ語を使うと聞きました…それを考えると出来たほうがいいんですよね…やっぱり…。
2008.03.18 19:01 | URL | #- [edit]
Marinka says... "tomoさんへ"
言葉に慣れてきたことが分かると、一気に世界が広がるような気がしますね。
今まで音にしか聞こえなかったものが、きちんと言葉になっていく、その瞬間がとても嬉しいです。
tomoさん、イタリア語での日常生活はどうですか?
2008.03.18 18:58 | URL | #- [edit]
Marinka says... "アキオさんへ"
大きな街だと、大抵だれかが何かの言葉を話せるのですが、若い人達の間ではやはり英語が主流ですね。
教育の内容にもよるのかもしれませんが、世代によってはやはり公用語でも他の言葉を話さない方もいらっしゃいます。
フランス語圏に居たときはドイツ語の出来る方にはあまりお会いしませんでした。はやり似ているスペイン語やイタリア語の出来る方の方が多かったです。
いつか人口の4%しか使わないというもう1つの公用語ロマニッシュ語がどんなものかも知りたいなと思っています。

スイス人の朝…早いですよ!
EMSの荷物はきちんと朝8時に届けてくれます。
2008.03.18 18:53 | URL | #- [edit]
めい says... "がんばれ、Marinkaさん!"
やっぱり人の心は通じるんですね。
スイスって、みなさん、聞く耳を持ってらっしゃるんですね。
ドイツ語、がんばってくださいね。
私も最近、始めたんです。
いやー、難しぃ。いきなり前途多難デス。
2008.03.18 12:36 | URL | #- [edit]
tomo says... ""
最後のスイスのおばあちゃまの会話を読んだあと、
思わず笑っちゃいました。本当になんて微笑ましい・・・

私はイタリア語が耳にうるさく感じなくなったとき、
そばにいる人が話してることを、、それこそ耳をたてて
聞いてたものです。
Marinkaさんは、フランス語もOKなんですね。
すばらしい。
2008.03.18 10:53 | URL | #JpeoxNaA [edit]
アキオ says... ""
スイスってあれだけの国土で、3ヶ国語が公用語
でしょ。でもイタリアに近いスイスでは、GERMANが
話せない人もいると聞いたのです。一方、以前ST GALLENでお店には行った時、無論僕はドイツ語できないので、店員さんにイタリア語出来ますかと聞いたけど、誰も話せませんでした。
 で、取引先の人にどうやってイタリア語圏とドイツ語圏で意思の疎通をするのか聞いたことがあるのですが、うん難しいね!と一言。とは行ってもやはり、チューリヒを含んだドイツ語圏がメジャーになるそうですね。
 しかし、スイスの店員さんって親切というかあたり良いですよね。
 あともうひとつ、スイス人って朝早くないですか?
2008.03.17 23:30 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/381-5771bd29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。