In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには「フリ」を。

すわん

ある日、湖につながる川で出会った白鳥
その後ろ姿があまりにも美しい…ため息をこらえながら撮影

人も後ろ姿って大切なんですよね…


今日も随分と暖かくなるだろう…と予測してコートは着ませんでした。
道ばたの木々のつぼみは大きくなりはじめ、ところどころで野生の花が咲き始めています。

カフェで黙々と勉強をした後、いつもならトラムに乗って過ぎ去る道を歩いて帰路につきました。
途中で、ついでだから…といつもトラムの窓から見えていたベーカリーに立ち寄ってみました。
数少ないドイツ語実践の場として、今日はこのベーカリーを活用です。

「ここはお菓子教室があるのですか?教室は子供用ですか?」

と尋ねてみました。

お店の人はとても優しく丁寧に

「今は10人以上の子供グループ用にクラスをしているんです。たいてい土曜日ですよ…etc etc...」

と教えてくれました。

残念…大人もOKなら、ぜひ参加したかったです。

私のドイツ語はまだ初級クラス開始5日目で、まともな文章にもなっていないと思うのですが、お店の女性はニコやかに対応をしてくださって、私のケーキ選びの時間も辛抱強く笑顔で待ってくださいました。

その後で「フリをする」こともたまには大切だな…ということを思いました。

今日のベーカリーでのことも実は「分かるフリ」をして話を聞いていたのですが、そのおかげで(なのか、その女性が良い方だったのか…)ほんのわずかな時間がとても和やかに過ぎました。

「あなたのお子さんに通わせたいの?」

「いえいえ、私が習いたいんです…笑」(と言ったつもり…)

お店の方の感じが良かったので「また行こう」と思えるベーカリーでした。

英語がほぼ通じるこの街では、ついつい英語に頼ってしまいがちな日常生活なのですが、「身の安全」や「重要な契約」に関わらない簡単な情報についてはドイツ語で尋ねて、ドイツ語で説明してもらい、それをなんとか最後まで聞いてみよう…という手段に出ています。

結構、相手も根気づよく私の表情を見ながら説明してくれたりするので、助かります。

全集中力を耳と目(動作を見るため)に傾け、わずかな時間を実践にしよう…

「初心忘るべからず」


Comment

Marinka says... "めいさんへ"
そうなんです、今はチューリッヒにいます。
あきさんのご親戚にドイツ語圏の方がいらっしゃるとなれば、スイスジャーマンにトライなさるとますます面白いでしょうね。私も早く一通りコミュニケーショんがとれるように頑張ります。
2008.02.27 22:57 | URL | #- [edit]
Marinka says... "akiさんへ"
そこに住んでいる限りは地元の言葉を使いたい…それが一番の勉強するエネルギーかもしれませんね。地元の方もそういう人達のことをきちんと尊重してくださる、そういう場所にいれて嬉しです。akiさんのお住まいの所ではその土地特有のアクセントや言い回し、ありますか?
2008.02.27 22:53 | URL | #- [edit]
Marinka says... "Minakoさんへ"
こんにちは!お元気ですか?
Minakoさんも多国語を多様に使って活躍していらっしゃるし、いつも凄いなぁと尊敬の思いでいっぱいです。
今回のドイツ語はなんとか他の言葉よりもきちんと習得したい…と思っています=(イコール)一通り勉強できるくらいまでここに居れるといいのですが…。
Minakoさん、相変わらずお忙しそうですが、どうぞお体を大切に!
2008.02.27 22:51 | URL | #- [edit]
Marinka says... "sayapipiさんへ"
ほんと、笑顔の力はすごいですね。
自分の気持ちも軽くなるし、笑う門には福来るじゃないですが…嫌なことも乗り越えられる方法かなって思いますね。
2008.02.27 22:46 | URL | #- [edit]
めい says... "写真、素敵ですネ☆"
湖の光が銀色に反射して、美しい白鳥にぴったりですね。
Marinkaさん、今、チューリッヒにいらっしゃるのですね!
ベーカリーの方が親切だったのは、Marinkaさんの心が通じたのでしょうね。コミュニケーションって、言葉が分かればできるというものではないですよね。
逆に言葉が分からなくてもコミュニケーションできたりしますよね。伝えたいという意志が通じたのだと思います。
私も相方の親戚が半分スイスジャーマンなので、いつかドイツ語にトライしてみようと思っています。
2008.02.27 20:08 | URL | #- [edit]
aki says... ""
やっぱりその国の言葉で話そうとする人に対しては、みんな親切ですよね。しかも、日本人が!となると大変でしょう~。と気を使ってくれたり。
2008.02.27 07:15 | URL | #Zro8.eHg [edit]
minako says... ""
Marinkaさん、
また超・ご無沙汰していたらしっかりチューリッヒに生活の場を変えてらっしゃいました。
しかも今度はなんとドイツ語! すでにイタリア語、フランス語、スペイン語でしたっけ?などすごい数の言語をマスターされてますよね。本当にすごい!!!! 第三ヶ国語から先は簡単だなどと豪語しているヨーロピアンに会ったことがありますが、私は第二と第三がこんがらがっていまやどっちがいいのかもわかりません。
ちなみにスウェーデン語とドイツ語は似ているのですが、ドイツ語のほうが性別もあるし難しい言語です。
いやはや、とにかく貴女の努力には感動してます。応援してます、がんばってくださいね。
2008.02.26 21:25 | URL | #- [edit]
sayapipi says... ""
語学が出来なくっても笑顔を向けるだけで繋がる言葉というのはあるものですね。私もそれでだいぶ助かりました(笑)。
苦手とする相手でも笑顔を見せればとたんに優しくなったりして、愛嬌も大切な要素だなっと思ったりします!

2008.02.26 04:47 | URL | #- [edit]
Marinka says... "アキオさんへ"
そうです、スイスジャーマンが存在します。私はスイスジャーマンとhighジャーマンの違いが分かるようなレベルではないので、どこがどう違うと聞かれるとまだ「音」の違いくらいしか分からないんですが…。フランス語でもやっぱりスイスフレンチがあったりしましたが、スイスジャーマンほどの違いではないですね…。英語もグラスゴーの英語が「???」って感じでした。勤めに出てすぐのヨークシャーアクセントにもかなり悩まされましたし…(笑)
St-Gallenはまだ行ったことがありませんが、ぜひ行きたい場所の1つです。特産の情報ありがとうございます!
2008.02.25 20:02 | URL | #- [edit]
アキオ says... ""
ドイツ語いいですね。みんなドイツ語って語気が強いとか男っぽいとか言われるけど、僕はかっこいいと思います。よく言葉がきれいとか音楽のようとか言う形容がありますがあれって言葉の意味がわからないからこそ
そう感じるんですよね。僕はドイツ語まったくわかりませんが、勉強したい言葉です。でもスイスのドイツ語って結構かわってるでしょ。なんかイタリア語とドイツ語をミックスしたような。なんでもスイスジャーマンって言われているそうですね。
でも根気よく聞いてくれるってさすがスイスですね。
ここや、パリではあまり期待できませんから。。

ところで、st-gallenってしってますか?チューリヒからオーストリア方面に1時間ほどですが、小さくてかわいい町です。プリント加工と刺繍の産地でよく、前職で行きました。
2008.02.25 18:17 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/362-2646656c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。