In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア春の味

Seasons for Reasonsからの記事をご紹介です。

先週末、アルプス山越えを一緒にしてくれたお姉ちゃんとお兄ちゃん(と言っても、自分の親くらい年が離れています。)と過ごした時間は相も変わらず「食べる」ことが中心。

スイスへ戻る前に、イタリアのスーパーESSELUNGAにて大量の買い込みをして出発しました。
その日は車でイタリアからスイスに移動することもあり、好きなだけ荷物が詰められたからカート一杯にお買い物できました。
ちなみにESSELUNGAとCOOPはお姉ちゃんの御用達スーパーです。大手ならではのお買い物カード制度が充実していて、いろいろなノベルティー(景品)が用意されていること(でもいつも選ぶのはワイングラス…いっぱいあるの
に…)、そしてこれら2社のBIO(オーガニック)商品は種類が豊富で品質も良いことがよく使う理由として挙げられます。

そんな中、今が旬のお野菜をたくさん買い込んだ私たち。一足早く、南イタリアの春の訪れを教えてくれるの"CIMA DI RAPA"という↓緑色のお野菜です。
このお野菜は一見するとセロリのようにも見えますが、葉っぱが大きく菜の花のような花(緑)がついています。
食べる部分はセロリと違って、葉だけです。ただ、若い茎は柔らかいので一緒に料理します。また、お花の部分も一緒にOKです。

(以下、分量は書いていません…。なんせお菓子以外は目分量なので…。)

葉っぱを取ったら、とにかく洗いに洗います。
1.台所シンク一杯に水を張って、3回~4回くらい洗います…。(砂がついてますから)

2.その後はタップリのお湯にいれてしんなりするまでゆがきます。(もちろんお塩入れてね。)

3.ゆがいた野菜は水気を切ってください。ゆで汁は捨てないでください!!!

4.3のゆで汁でパスタをゆがきます。

南イタリアではこのお野菜といっしょに料理するパスタに"ORECCHIETTE"という耳たぶのようなパスタを使います。聞いた話では親指でクルっ引っ張って、その形をつくるため、手作りがいいらしい。ちなみに某B社やV社といったパスタ大手メーカーでも乾燥箱入りで販売していますが、手作りのそれとは違うんだな…。

さて、パスタをゆでる間に準備をすることがあります。

5.にんにくを3片ほど(お好みで調節してください。)フライパンにタップリめにひいたオリーブオイルでグリルします。このにんにくは香り付け用ですので、表面が焦げて来たらフライパンからおろしてください。

6.5のオイルにレッドペッパー(私は生のレッドペッパーを使います。)とアンチョビoil漬け(1~2尾)を入れ、加熱しておきます。

7.そこへ3の水気を切ったお野菜を入れ、ささっとオリーブオイルと絡めます。

8.パスタがゆであがったら、水気を切って7のCima di Rapa & ぴり辛オリーブオイルを絡めて召し上がれ!

写真のパスタはOrecchietteではなく、Fusilli Avellinesiというちょっと平たいパスタをねじってあるものです。これは乾燥パスタとして売っているところを見たことがないので、生パスタでしか買えないのかもしれません。

この日は、ハンガリーワインTOKAJI FURUMINT 2000と一緒にいただきました。
(TOKAJIワインはBaia Viniでもお取り扱いしております。)

☆information☆日本のご家庭へイタリアの味をご紹介してくださるshopです。



旬の素材をいかした季節ごとの本格イタリアンをお取寄せ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/26-4d53a860
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。