In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンション買う?

昨日、仕事を終えた私の携帯が鳴りました。かけてきたのは日本の母。
こんな時間に携帯へ連絡があると「何かあったのか!?」と心配になりながら「もしもし」と応答。

電話の向こうの母から告げられたのは「例のマンションの部屋、買ってもらえないかっていわれたんだけど」ということ。

実はここ数年、故郷のとあるマンションの部屋を買いたいなぁと思い続けていました。
立地条件は抜群です。建物は築30年なのですが、きちんと修繕を続けてきているのでそんじょそこらの築30年のマンションとは比べ物にならないくらい綺麗です。

さて、築30年の家やマンション。日本では随分と築30年~40年のマンションにおける問題が発生している…というか、問題があるかのように取り上げられています。
私もずっと日本で暮らしていたときはやっぱり築年数の新しいものを選んでいましたが、外で暮らすようになり、こうした日本の「新しいもの主義」や「マンション30年寿命」という考えに疑問を持ち始めました。

多くの方々がご存知のように、海外では築30年マンションなんてまだ新しい方です。築100年のものでも値段は上がり続けています。
住む人が替わるたびに内装を施し、自分たちの住みやすい場所に姿を変えながら、ずっと家は家としてその使命を果たし続けているわけです。
そして古くてもその建物の資産価値は上昇し続けているのが現状です。

それなのに、日本のマンションは年月とともに価値が下がるだけ。
しかも「これでもか!!!」といわんばかりの新マンション建設ラッシュ。
(子供人口が減少している世の中、こんなにたくさんマンションを作っても将来は住む人の方が明らかに少ないんですがね…。)

高度経済成長期に住宅ローンを組んで夢のマイホームを手にした人たちをあざ笑うかのような「マンション寿命」論。
何かおかしいと思いませんか?
何百年以上も前に建てられたものが現存していたり、人が住み続けているのに、どうしてマンションがたった30年の寿命しかないんでしょうか?

もっとも、30年経ったから…といってそのマンションが「だめ」だとは限りません。
きちんとした管理をなさっているところならば、そんじょそこらの新しいマンションよりも綺麗ですし、修繕費用積み立て分で定期的に補修補強はされています。

現に、故郷福岡を襲った2年前のM7以上の大地震でも多くの築30年以上マンションは外壁にヒビが入ったくらいですんでいます。
あまり知られていませんが、築1年のもの、築10年以下の豪華マンションの方が壁がゆがんだりして非常に危険なダメージを受けているんですよ。

こうしたことを考えると、マンションの建築会社および立案者側のあり方に大きな問題があるのではないか…とも思えます。
コストダウンの建設が日本住居のひずみを生んでいるのではないでしょうか?
またこれは作る側だけの問題ではなく、暮らす者側の考え方にも大きな責任があると思います。

日本の新しい物を作り出す技術力は確かに世界でも有数ですが、作ったものを長く使わせる文化には貧しいのが現状だと思います。

今回、マンションを買おう…と思った私はこんなことを悶々と考えながら日本の将来を心配するのであります。

さて、本題…。このマンション買う気は80%なんですが…これからいろいろ問題が発生すると考えられます。

まず第一に…
私が日本国居住者ではないこと

これは住宅ローン申し込みの障害になるでしょう

そして
収入源が海外の企業であること(=必要書類は英語だし税金関係も絡んできます)

これも当然ローン申し込みの問題ですね

それからそれから
住民票を抜いているため、印鑑証明書が無効である

…ということは登記登録ができない!!!

う~ん、これからどうなるんでしょう。
それからガッカリしていることが…。日本の銀行は問い合わせを一切メールで受け付けていないということ。
すべては電話案内しかも0120だから海外からかけれない。インターネットでできることは住宅ローン申し込みと説明会予約くらいのもの。
申し込みする前に「聞きたいことがいっぱいある」のに、どうすりゃいいの?って感じです。
個人情報保護が厳しいこともあるのでしょうが、なんとも金融サービスの度量が小さいなぁと思うのは私だけでしょうか。

そんな中、「新生銀行」は海外からの問い合わせ番号をきちんと表示してくれていました!
なんせ外資が入っていますからね。その辺りは頼れます。

ま、ここでこんなにあがいても仕方がないので実家の両親に銀行へ直接聞いてもらうようにお願いしました。

ちなみに、私がお世話になっている英国の銀行では海外での不動産売買における融資もしていますが、英国の住宅ローン金利は5.5%以上…。それなら金利の低い日本で借りた方が良い!!!と思うのが当たり前。

さて…最終的にどうなることやら。

どなたか、日本非居住者の方で住宅ローンを組まれた方いらっしゃいましたら、ぜひアドバイスください!それから今回の疑問に詳しい専門の方などもいらっしゃいましたらぜひお話を聞かせてください!!!

Comment

Bambina Marinka says... "makimakiへ"
コメントありがとう!
いつも思うのは「なんで古くなるのを考えてものを作らなかったんだろう…」って。世界中には古くてもたくさん使われているものがあるのにね。
今回のマンション購入でいろいろ勉強しました。
前の仕事で不動産関係のことはいろいろ分かっていたので、こうなるだろう…とは思っていましたが。
ま、日本に住んでない奴に土地も金もやれねぇ~っていうことですね。(笑)
2007.07.09 18:51 | URL | #- [edit]
makimaki says... ""
まりこ説はもっともなんだけど、日本全体がそういう考えにならないとなかなか難しいよね。とりあえず今のとこ色んなシステムが「築30年以上は古い」となっているバックグラウンドなわけで・・・。リノベーションして好みを安く手に入れる!でOKであればいいけど、金利や登記・・・・。投資にもなりにくいし、税金等の問題もあるし。最近若者にも、ライフスタイルとして古民家やロハス、スローライフは人気だけど、あくまでもそこに住んで楽しむってのが前提で成り立ってるしね。でも、こうやって何かを考えて取り組んでみて事で多くを学ぶ事も十分有意義だと思います!道はある!
2007.07.09 09:15 | URL | #- [edit]
Bambina Marinka says... "コメントありがとうございます。"
v-5busukeさん

不動産会社に勤める弟も「俺は一戸建て」しか買わん!と言っているそうです。
なんともこういう寂しい日本の不動産状況に将来不安を感じます…。
もっと日本もヨーロッパのように古い家でも高い値がついて、長く何世代も受け継いで住めるようにしていただきたいですね…。
2007.07.05 19:26 | URL | #- [edit]
Bambina Marinka says... "コメントありがとうございます。"
v-5いくちゃん
古いものにこそ学ぶことがたくさんあるんですよね…、本当は。
いくちゃんのお宅も歴史があって、おじゃましたときには本当にそのすばらしさに感動しました。
もっとたくさんの人に古いものの良さを知ってもらいたいですね!
2007.07.05 19:21 | URL | #- [edit]
busuke says... ""
残念ながら私も全く詳しくないです。
私達がドイツで買ったマンションも、築30年以上。
ただ、ドイツでは地震もないし建て方もしっかりしているので100年以上の古いマンションでも丈夫みたいです。

以前、日本人の友達がマンション購入を考えていた時に、「日本のマンションはちゃんとに建ててないので、ローンを払い終えた頃には価値がなくなる」と言ってたことがあります。何でも、一級建築士の方が書いた本にもそのように書いてあるみたいです。
彼は結局マンションよりも、もうちょっとまって家を建てるのを目標にしました。

ローンの件ですが、もし日本の銀行で問題があるようだったら、ひとまず、ご両親の名義にしてもらって日本に送金…って言うのはダメですかね。あ、でも後で名義を戻すのが、また大変か。お役にたてなくて、すみません。
2007.07.05 11:35 | URL | #KFT6j.U6 [edit]
いくちゃん says... ""
家かぁ・・・。
そういうのは今まで考えたことがないです(役に立たなくてすみません)
そういえば先日日本の番組で(確か・・「プロジェクトX」だったような・・)古いものを見直せ!!そこに宝があるという内容のものがありました。
古民家の柱やその造り方、古いピアノの再生など面白かったですよ。
新しいものもいいですけど、古いものってなんだかず~っと見ていても飽きないというか・・新しい発見があるんですよね。
日本人の新しいもの好きの思考をちょっと考え直さなければならない時期なのかもしれませんね。
2007.07.05 04:08 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/244-fb455a1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。