In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似た風景

ieback.jpg

今日は平日休暇。 朝、思う存分眠り…目を覚ますと外は青空でした。
午前のうちに洗濯や庭の手入れ(というか、鉢の植え替えなんですが)をしたり。

上の写真は我が家の裏に位置するヨーク市内で最も優秀とされるとある私立学校の校庭を写したものです。(年間授業料が400万円くらいするそうです…)平日ですと、校庭を走り廻る生徒達の声で賑わいます。 土曜日もよくスポーツイベントがあっているので、家の窓から見学したり。
…と、この1枚を見た瞬間なんともなつかしい気持ちになりました。
日本の学校での光景とよく似ているなぁと。
桜の木の下で制服をきた生徒が走り廻っている…というこの写真は、なんとなく中学生ぐらいの時を思い出します。

午後からは冷たい風がヒュ~ヒュ~吹きつけるなか、明日のオペラ鑑賞のチケットを取りに街へお出かけしました。
明日はずっと観たかった「AIDA」をヨークのGrand Opera Houseへ観に行きます。

ロンドンなどの大都市ですと、こうしたオペラなどの芸術イベントはわんさかありますが、地方都市ではそうした機会も限られます。
今回のオペラ「AIDA」の公演のことは日曜日まで知らず、たまたま通りかかったオペラハウスの看板で知ったくらいです。
今回の公演はもちろんイタリア語ですが、英語の字幕がつきます。
さて、どれくらい理解できるでしょうか…。
感想はまた明日。

Comment

Istann says... "満開!"
 今日帰国したのですが台湾ではつつじが満開でした。
また花の見ごたえのある季節がめぐってきました。
気持ちいい季節になっていきますね♪
2007.03.15 15:42 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007.03.14 16:10 | | # [edit]
busuke says... "桜。。。"
桜の風景はいつでもどこにいても日本の思い出と結びつきますよね。ドイツでも一緒です。
ただ、いつも思うのはドイツでは桜を鑑賞する習慣がないようなので、足早に通り過ぎてしまう人たちを見ると「あー、やっぱり外国にいるんだよなぁ。」と少し悲しい気持ちになってしまいます。
桜もたくさんの人に愛でられた方が幸せそうに見えるのは。。。気のせいですね。
2007.03.14 16:06 | URL | #KFT6j.U6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/196-5dc5324e
-
管理人の承認後に表示されます
2007.09.28 10:25
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。