In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Best Place to Work

washi.jpg


"THE BEST PLACE TO WORK"
これは、勤めている会社が社内で行っているキャンペーンです。
背景は、働いているスタッフのモチベーションを高め、企業全体の活性化といったところでしょうか。

私の勤めているオフィスの上司はとにかくポジティブ(超前向き)な人で、週1~2回行われるスタッフミーティングでもかなりテンションが高く、でもその話にパワーを感じるのでついつい惹き込まれてしまいます。

そんなオフィスに勤めて早くも1ヶ月。
しょっぱなから快調な出だしの私は、1ヶ月経った今も快調!?です。
正直、数週間前はちょうど下降気味エネルギーを発していたのですが、遠方への出張やらが重なったことが奏して、今週は月曜からハイテンションで仕事をしています。

今日はそんな私の「頑張り源」をお話したいと思います。

私は毎朝、自分の勝手で人より早く出勤してセールスフロアーの掃除をします。毎晩、お掃除屋さんが掃除をしてくれるのですが、どうしても機械やらテーブルやら、お客様が頻繁に使うものはきちんと綺麗にしておきたい…と思うので毎朝私は掃除をしています。
当初、イギリス人の同僚達は「?」という面持ちだったのですが、先々週行われた会社のクリスマスパーティーで、酔っぱらった先輩(ずっと怖い人…と思っていた)が私をダンスフロアーから引きずり出し…
「You are so nice and I really appreciate your attitude! you always smile and even you clean everything!!!! keep yourself up!!! i really like you and thank you!」

と言って、大きなhug。
酒に酔った勢いとは言え…、こんな形で表現してもらえてとっても嬉しかったです。
特に今までちょっと怖い人…と思っていただけに、このクリスマスパーティーでの出来事は私の気持ちをときほぐしてくれました。

先週末は1週間の出張から戻った翌日にoffの日でしたが、スケジュールチェックにオフィスへいきました。すると、担当上司が振り向くやいなや…Oh!!!!M..ko!!!! we missed you so much!!!と言ってhug!
私も自分のオフィスが恋しかったので、私の方こそ i missed my office, too!と言って2人でたった1週間しか留守にしていなかったのに、喜びあう有様…。
でも、こういうのが「あぁこのオフィスで仕事ができて良かった」と思える瞬間なんですよね。

更に、私のオフィスでは週に2回、30分くらいのミーティングがあるのですが、その場では必ず「褒める」ことをします。
業績やらいろいろ数字のことはあるのでしょうが、人を責めたり、マイナスなことを言うのではなく、「○○さんは▽▽をしてくれました!ありがとう!」という感じで、小さなことでも褒めることをしてくれます。その報告は上司でも、後輩でも、別の部署の人でも誰でもOK!

そして今日からは「good news」メールというのが配信されるようになり、業績でもサービスでも良いことがあると、メールで名前と詳細、上司からのコメントがエリア全体へ一斉に配信されます。

今日はその第1号に、私のgood newsが掲載されました。
その内容とは私が勤務を始めて2週目にいただいた、お客様方からのお手紙とコメントのことでした。支店長を始め多くの方々にこの件についてはすぐにお褒めの言葉をいただいたので、それだけでも十分に嬉しかったのですが、今回の他地区へのニュースメール配信でも紹介されたことで、ますます「やる気」が湧いてきました。

今日はその他に、とある商品の苦情で2度もオフィスにやって来られたお客様が、最後に「あなたのようなスタッフがいるから、私も絶えれますよ…」という言葉をくださいました…。ありがたい一言です。
でも、良いお客様を苛立たせるサービスを提供している私達側も、早急に問題点を改善していきたいものです。

最近はいろいろなお客様から笑顔で「have a nice christmas」と良く声をかけてもらいます。忙しい時期なので、お客様方もイライラしていらっしゃる12月…でもこちらが誠意を持って笑顔で対応すれば、皆さんもそれに応えてくださる…。とても嬉しい瞬間です。

夕方、大量の小銭を持ってきた中国の留学生。カウンターから、種類別に袋に分けて持ってきてください…と言われたらしく、見かねた私は一緒に小銭の分別をしました。
すると、彼女はとっても喜んでくれて「本当にありがとう。お礼に…私の(商品)の担当をしてください。」とまで言ってくれました…。忙しい時間帯だとこうしたお手伝いはできないのですが、たまたま時間があったのでお手伝いしただけのこと…でもお客様が「嬉しい」と思ってくださるのであれば、私も本当に嬉しいです。
後にバックオフィスで同僚に「M子~、あのお客さんの小銭分別手伝ってたろう?お前やさしいなぁ~。次回は自分でさせろよぉ」なんて冗談まじりで声をかけてもらえて、またまた嬉しい限りです。
そんなカウンターのスタッフも皆心優しい人ばかり。
いつも表からカウンタースタッフの頑張りを見ています!

今私にできることは、オフィスに足を運んでくださるお客様に100%のサービスを誠意&笑顔で提供し、仲間と一緒にお客様が満足してくださるよう、サービスレベルを高めることです。
正直、私が勤務を開始した時のセールスフロアーのサービスは決しで良いものではありませんでした、が…(勝手に)日本的サービス精神を持ち込んだことで、オフィス全体が明るく、そして今まで以上に活気に満ちてきたように思います。
お客様方も当初は笑顔を返さない膠着した表情の方々が多かったのですが、最近はオフィスに入ってこられる時から笑顔の方が多くなって、これまた嬉しいことです。

本音を申し上げると、こちらのサービスは日本のそれと比べると格段に劣ります。しかし、個々の能力を高め、活躍の場を増やす機会を与えてくれる、あるいは自分でつかみ取れる機会が多いという点では今の職場は格段に勝っています。
また、スタッフが非常に人間味に溢れていて、向上心のある人達ばかり。
だからこそ私のいるオフィスは"THE BEST PLACE TO WORK"なのだと感じています。

皆さんの"THE BEST PLACE TO WORK"はどこなのでしょうか?

…って今日は良いことばかり書きましたが、そのうち文句の1つや2つも書く日がくるのかもしれません…。

Comment

Bambina says... "コメントありがとうございます。"
★Lindenさん★
日本では自分たちで掃除するのが常だったので、お掃除屋さんに頼る費用がもったいなぁと思うのは私だけかな…(笑)でもこれも地域雇用の貢献?!
そちらは22日にクリスマスディナーですか…。
私は2日でした。家の目の前にある素敵なホテルでのディナーとディスコナイト。皆さんすっごくドレスアップしてまるで舞踏会のようでした。
Lindenさんのオフィスのディナーはどんな趣向をこらしていらっしゃるのかしら?

★Cha chaさん★
日本人…というだけで得をしているような気がする今日この頃…。お客様がお辞儀をしてくださることもあり、先輩日本人が築いてくれた「日本人=礼儀正しい、polite」というイメージをしっかり引き継ぎたいと思います。
smile 0円、本当にそうですね。笑顔だけで自分も相手もhappyになれる。これからも頑張ります!
2006.12.14 00:56 | URL | #- [edit]
Cha Cha says... ""
えらい、えらい。がんばってますね。まだまだ、ハイテンション。

オフィスの皆さんとも、良い関係を築いているようで、よかったです。

日本人のサービスは、海外でも、有名ですものね。
そのSmile 0円で、ちょっとした心遣い。なかなか、海外では出会いません。

これからも、応援してますよ。身体だけには、気をつけてね。

2006.12.13 04:04 | URL | #- [edit]
Linden says... ""
Bambinaさんの朝の習慣、えらいですね。私のオフィスはお手洗い以外週に2回だけお掃除さんが来るけれど、それだけ。

ポジティブに仕事を楽しみ周りの同僚の人たちにあっという間に溶け込んでいくBambinaさんの様子楽しく拝見させてもらいました。

お体に気をつけて仕事に生活に、楽しんでくださいね。私は会社のクリスマスディナーはまだでチューリッヒで22日。遅いでしょう~?(涙)
2006.12.12 22:06 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/175-4beb4498
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。