In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テヘラン滞在日記(2)

IMG_1571.jpg


イスラムの金曜日は休日。
お昼頃にゴゾゴゾとホテルを出て、ウロウロ散策を始めた。
外出にはとりあえず持ち合わせの服を組み合わせ、体をすっぽりとインド綿のワンピースを上から、その下にジーンズ。もちろん長袖。
スカーフは持っていたベージュの綿物の夏用ショールを使った。

お店も閉まっていることだし、とりあえずタクシーに乗ってテヘラン北部の大きな公園2カ所をハシゴした。
休日ということもあり、道路の渋滞はほとんどない。
空気も普段よりは良かった方ではないだろうか。

テヘランの公園は驚くほど綺麗に整備され、緑が非常に美しい。
家族連れ、夫婦(なのか独身カップルなのか不明…)や友人同士がたくさん集まって、木陰でピクニックを楽しんだり、バトミントンやバレーボールを楽しむ人々で賑わっている。
また、金曜というのに公園内の職員さん達は緑のお手入れのために水まきや剪定、植え替えまでしている。
公園のスピーカーからは非常に美しい旋律の音楽が流れている。

私もベンチに座りしばらくこの時間をゆっくり楽しむことにした。

その後は、テヘラン北部の公園からさらに山側(というか、山の斜面にあるのだが)にある別の公園へ。

ここは斜面に沿って作られている公園なのだが、もうこれは「森」である。テヘランの大気汚染はひどいのだが、ここまでくれば少しは肺の空気の入れ替えができそうだ。

所狭しと木陰にはカーペットを敷き詰めたグループで賑わっている。
皆、自宅から鍋を抱えてやって来る。
そう、皆手作りの料理をこの「森」で頂きながら時間を過ごして楽しむのだ。

私は今回、公園内のレストランでカバブやらサラダやら頂いた。
ここも例外なく色鮮やかな服装に身を包んだ艶やかな女性が私の目を惹いた。
後ろに座っていたカップル(?)は男性がフランス人で女性は現地の人だった。フランス語で会話していたのだが、話の内容から行くと夫婦ではない…。
なるほど、テヘランの社会はいろいろ変化に富んで来ているのだな…。

ちなみに歴史的背景から、フランス語の定着が結構進んでいるようで、
「ありがとう」が「MERCI」(発音はメルシでルは巻き舌っぽい)でOKなのだそうだ。(現地の女性談)

公園は山の斜面にあるから、上り下りだけでもかなり良い運動だ。
平日の運動不足解消には持ってこいの場所。

IMG_1576.jpg

M氏を撮っているときに、ちょうど現地の女性2人の後ろ姿が入った。
こうした格好は普通に目に入って来る。
もちろん黒チャドール、黒ヘジャブ(スカーフのようなもの)の人も多い。
地域によっても随分と差があるので、いろいろ現地のことを知る必要はある。

夜は現地の方の心遣いでテヘランでも有名なペルシャスタイルのレストランへ。どうやら外国のお客様などは必ずここへ連れて来られるようで、世界各国の小旗が店内に用意されており、自分の国の国旗をテーブルに置いてくれる。
面白い事になぜかイタリア人が多いらしく、この日はイタリア国旗が足りなくて、お店のスタッフが「どうしよ~う」状態だった。

さすがに…星条旗はないだろう…。

店内はあっという間に満席…。ここでもご多分にもれず非常に艶やかな女性が9割を占めていた。
時にはちょこんと頭にのせているスカーフが、スルスルするっと落ちる女性もいたりして、「えぇ~!これもOKなの?」なんて驚いた。

ここでは伝統音楽を楽しむこともできるのだが、正直私は「目から鱗」だった。
ここで演奏された「打楽器(タンバリンの大きなもの、タブラオなど)」演奏が今までに聞いた事のない素晴らしいもので、私は全身鳥肌状態。
演奏家達の情熱、旋律、「間の美しさ」…まるでjam sessionを聞いているかのような凄さだった。
この演奏、できるものなら録音でも録画でもなんでもしたかったのだが、撮影はNG。
いつかまたこの演奏を見たい、聞きたい!!!そう思いながらレストランを後にした。

Comment

Marinka says... "minakoさんへ"
確かにモロッコとテヘランではかなりの違いがあると思います。イランはイスラム共和国なのでイスラムの教えと国の政治や法律が連動しています。よって、外国人であろうが、現地人であろうが例外はありません。
モロッコは基本的にイスラム教信者でない観光客がイスラムの女性と同じ格好をする必要性は「絶対」ではありません。しかしながら現地の女性達はチャドールをまとい、しかも日中の外出は制限されますし(イスラムの教えに沿って)、ティーショップや喫茶店の入店は男女別です。
イラン(テヘランと申し上げた方が良いのでしょうか)と比べるとおそらくモロッコの現地女性の方がはるかに保守的な世界で生きていると思われます。

イラン訪問前に読んだ本でとっても参考になった物があるので、今度また詳しくUPしますね。
2006.07.31 15:36 | URL | #- [edit]
minako says... ""
う~ん、興味津々ですよ!! 外国人で異教徒のMarinkaさんもスカーフをかぶって長袖長ズボンでないと外出できないのですか???
モロッコに行ったことがあるのですが、同じイスラム教徒国でもやはりテヘランとは違うのでしょうか??すごい自由だったような・・。それとも滞在したのが観光地だったからかしら??
スウェーデン在住のイラン人も公園でBBQしたり、とにかく家族全員が集まってピクニックしている光景を見かけます。
貴重な情報ありがとうございます!!とっても興味ありです。
2006.07.31 00:26 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ilmondo.blog48.fc2.com/tb.php/111-ef6cbc71
-
管理人の承認後に表示されます
2007.07.29 09:37
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。