In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多言語国家に暮らす

luxforest.jpg
ルクセンブルグのとある学校に隣接する森林。
子供達はこの森を歩いて学校の校舎に消えていく。


Luxに越して来て3週間。
小さなことでも観察するように心がけています。
いいこともそうでないこともあるけれど…相対的に見て

いいこと 99%。

さて、LuxもCH(スイス)と同様「多言語国家」。
双方ともに独・仏語は公用語。
Luxではさらにいわゆるドイツ語の方言である「ルクセンブルグ語」も公用語。
スイスでは伊語とロマニッシュ語がさらに公用語です。
でも…なぜか「スイスドイツ語」は公用語ではありません。おそらくカントン(州)によっても「スイスドイツ語」が異なるからだと思います。(これも独立性を保つ理由かな)

さて、Luxには外国人が多く全人口の40%以上は外国籍。(EU関連、銀行、投資など金融他、IT関連など数多くの国際企業が拠点にしています。)
歴史的背景からポルトガル系ルクセンブルグ人もたくさんいます。
ですので街に居ると頻繁にポルトガル語を耳にします。それからイタリア人も多いのでイタリア語も。

あと驚くほど中国人人口が多いのも特徴。中国の銀行があり、その影響なのか(よくわからないけど)中国からの観光客が多く、そのせいか中国人経営のレストランも多い。(中にはJapanese restaurantで出しているところも多々)よって必然的に方言は様々だけど中国語を耳にする機会も多いのです。

国際企業やEU関連のオフィスもたくさんあるので必然的に英語、オランダ語、ベルギー語、スペイン語などなどありとあらゆる欧州の言語も飛び交います。

そんな中で私は時々「言語の迷子」になるのです…。

チューリッヒ生活後、ドイツ語UP、でもフランス語DOWN。
フランス語でダダ~っと話しかけられても分かるんだけど、返す言葉が出てこない(泣)。
でも…ルクセンブルグで生まれ育った人なら「あら、ドイツ語できるの*。じゃ、そっちの方がいいわ。」と言ってくれるのです。(嬉)
*私のドイツ語は怪しいレベル

今日もアパート見学はドイツ語でクリアーという不思議な状況もあったりするから、語学力を与えてくれたチューリッヒに感謝感謝です。
ただ、ルクセンブルグに居る人の中にはフランス語しか出来ない人もなぜか居たりして…。英語もドイツ語も通じないこともあったりするのです。

多言語国家で生活するって面白いな…と日々実感しながら、言葉を使い分けることで脳みその老齢化防止につながればいいなぁ…と密かに願ってみたり。

次は絶滅の危機にある言語と言われているアイヌ語を勉強してみようかな…。
イヤイラケレ(ありがとう)
スポンサーサイト

Recovery Nippon Project in Switzerland

スイスから応援している人たちがいます。

「長期に渡って支援したい」という思いを皆さんが持っています。


ricovery nippon
5月1日はチャリティーバザーがあります。
詳細は↓のサイトからご覧ください。
http://web.me.com/r.n.p/ch/Welcome.html


復興支援に対する思いをメールに綴ったら、チューリッヒの友人から「Marinkaはこれ興味あると思うよ」と連絡がありました。
こういうつながりって本当にありがたいです。早速、寄付のため購買から。

私はLux新米… Luxの皆さんがどのような活動をしているのかまったく把握していませんが、もしLuxembourgにお住まいの方で長期復興支援のことを考えていらっしゃる方がいらっしゃれば、ぜひ協力したいと思っています。

私もまだ先のことになるだろうけれど…1つ考えていることがあって…。色々な方々の知恵とお力が必要になると思っています。

Is there any support groups in Luxembourg for Tohoku, Japan?

Category : Aid

Luxemburgerli を Luxembourg でいただく。

splin.jpg
I ATE LUXEMBURGERLI IN LUXEMBOURG


「Luxemburgerli」はチューリッヒにある老舗洋菓子店「Confiserie Sprüngli」が作り出した小さなマカロンのこと。

でもなぜLuxembourg(ルクセンブルグ)のような名前がチューリッヒの洋菓子マカロンになっているんだろう…と不思議に思われた方もいらっしゃるはず。(私含)

それは…

その昔、ルクセンブルグ出身の若いパティシエがルクセンブルグの洋菓子店で作り出したレシピをチューリッヒで創作、紹介したのがきっかけだったそうな。

Wikiによると
当初の名前「Baiser de Mousse(foam kiss)」がドイツ語「Gebäck des Luxemburgers(Luxemburger's confection)」になり、それがスイスドイツ語の「 Luxemburgerli (little Luxembourger)」として呼ばれるようになったのだとか。

ちなみにLuxemburgerliの前身はルクセンブルグにある老舗洋菓子店「Namur」にあり。そしてなんとルクセンブルグのNamurさんとチューリッヒのToblerさん&Sprüngliさんはお菓子でつながっていたんです!

小粒でかわいいLuxemburgerli。
中のクリームはフワフワでそとの皮はほどよいサクサク感。

プレゼントやお土産に最適&とても喜ばれるLuxemburgerli。

ですが冷蔵庫保管でも数日しか新鮮さを保てませんし、湿気が大敵なので未だ国外脱出を試みたことがありませんでしたが…

うれしいことにイースター休暇中にチューリッヒから遊びに来てくれたMM君がなんと!Luxemburgerliをお土産にルクセンブルグ空港に降り立ってくれました。

Luxemburgerliさんの里帰り…という感じでしょうか。

いただいたSprünglのLuxemburgerliはM氏とMM君と私の3人でルクセンブルグにあるとある芝生広場でシャンパン片手に平らげました。

以上、本日はチューリッヒとルクセンブルグをつなぐ!?話題でした。

Menu for Japan @ ミシュラン3星レストラン

東北大震災への支援は様々な形で広がっています。
月曜日に訪れたルクセンブルグ国境近くにあるミシュラン3つ星レストラン「Victor's Gourmet-Restaurant
Schloss Berg」では5月19日と22日に「Menu für Japan」というスペシャル企画を開催されます。
コースメニュー+ドリンク EUR199のうちEUR50をWorld Vision Germanyに寄付するという内容です。(予約必須)


schloss.jpg
月曜にいただいたお食事のうちの1品



ハイレベルでコンスタントな素晴らしい料理をつくり出すことで有名なシェフChristian Bauは日本料理、文化に大きな影響を受け、そのスタイルはレストランで出される一品一品にしっかり刻まれています。

今回いただいたメニューの中にもたくさんの「日本的」味覚と視覚がふんだんに組み込まれていました。

そんなシェフが日本のために、東北の方々のために腕をふるってくださいます。

詳細については以下のサイトからご確認ください。
http://www.victors-gourmet.de/deutsch/gourmet_restaurant/termine/

Category : Aid

ルクス日和。

luxphoto1.jpg
あまりにお天気が良くて仕事に集中できず…。

チューリッヒの私のオフィスは祝祭日前日は午前中のみの勤務OKとなっているので、午後からは私もオフィス仕事をCloseしてLuxの散策に出かけました。

滞在している場所から目と鼻の先に中世の要塞跡があるのですが、そこはなんとなく秘密基地的で私のお気に入り。地元の人もあまり知らないだろうな~と思うようなルートをとおって、ひたすら歩くのみ。
本当に小さな街です…。でも、道を知らないとまるで迷路のような街。
さすが「北のジブラルタル」と言われた要塞の街だな…と実感。

散歩途中、急に決まったアパート物件見学にも行ってきました。
この1週間、ほぼ毎日平均3件見学していますが、ん~スイス水準で考えると…難しいですね。

今日は私のリクエストに合うような物件を競争相手であろう別の不動産屋さんにまで問い合わせしてくれた優しい不動屋さんに出会いました。
すると…案内してくれた競争相手の不動産屋さんのおじちゃん…あら、数日前に別の物件を案内してくれたおじちゃんじゃないですか…。

このままではLux中の全不動産屋さんに名前が知られてしまいそうです…(笑)。

このおじちゃんとは、またどこかで会うのでしょうね。


では、イースター休暇のある国にお住まいの方、長い週末をエンジョイしてくださいね。


lux便り


春一色。通り過ぎて夏になりやしないかと心配中!?

出来ることから for Japan, for Tohoku

東北の大震災から1ヶ月が過ぎましたが、私達の心の中の何かは完全に変わったと思います。
日本に居る皆さんはなおさらその変化を感じていらっしゃるのではないでしょうか。

私のいるヨーロッパでも全員がそうでなくても日本のことを、東北のことを気にかけてくれています。

「何かできることはないか」と考えてくれる人も多く、そうした方々のおかげで4月15日にチャリティーディナーをProfessional Women's Group, ASIA Networkで開催してくれました。
私はスイスを離れたため参加することはできませんでしたが、提案してくださったMさんをはじめ、当日参加してくださった皆様の心に感動しています。

私も心ばかりの寄付をASIA Networkをとおして行いました。

一時は継続を止めようかと思ったNon Profitのグループですが、こうして何かの橋渡しができることに気づかせてくれた周囲の皆さんに感謝です。

次回、5月24日は私が企画運営する最後のイベントをチューリッヒで行います。
当日は素晴らしいゲストをお迎えし、貴重なお話を聞かせていただくと同時に東北大震災の被災者の方々のために更なる募金の呼びかけをしてまいります。

チューリッヒにお住まいの方でイベントにご興味をお持ちの方はぜひhttp://www.professionalwomensgroup.comのイベント表より24日の内容をご参照の上、私宛ご連絡ください。

なお、ASIA Networkでは当面の間「女性・お母さん・赤ちゃん・子供」のためのサポートをしている国際協力NGOグループJOICFP"へ寄付いたします。

出来ることから for Japan, for Tohoku! We are with you, Tohoku!

Category : Aid

地球のどこかで

この1ヶ月「地球のどこかで」のブログ名らしくウロウロしていました。

ポルトガルを車で周り…
リスボンで買い物、おいしい食事三昧→ドウロウの世界遺産ワイン畑の景色を眺めながらポートワイン農園巡り→ポルトで歴史タイムスリップ

チューリッヒのアパートを引き払い、友人宅に1週間居候。

日本旅行が急遽中止になり、数日間でアルゼンチン・ウルグアイ旅行へ様変わり。
約3週間、友人達5人で波瀾万丈ながらも旅を楽しんできました。
ブエノスアイレス:ビーフを思う存分食べよう会
エルカラファテ:氷河トレッキング会
エルチャルテン:フィッツ ロイの雄大な姿を見よう会
ウシュアイア:旅程に入れなかったことを後悔 - 飛行機着陸時の空路が雄大すぎて皆感動 次回は絶対行くよ!
メンドーサ:ワイン農園巡り 思いがけない素晴らしい発見と出会いあり
イグアス:大滝見物会
ブエノスアイレス:最後の晩餐会

フェリーでウルグアイへ移動、レンタカーで大冒険!?
モンテビデオ→プンタ デル エステ→ラ バラ→ファロル デ ホセ イグナシオ→ラグーナ デ ロチャ→ラ パロマ→ホセ イグナシオで豪華エスタンシア見学…

あまりに濃い内容の旅だったので、どこから手をつけて書くのがいいのか…。

そして次の国へお引っ越し…しました。

新しい国でも毎日走り回っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。