In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末ミラノ、ぶらり旅

italia.jpg
トスカーナの村にて + year 2009


イタリアの皆さん、リビアやチュニジア、エジプトで起こっている革命の飛び火をうけて怒っています…というか「またかよ!」という感じでです。

革命起こしたのに「生活かわらないから」ってイタリアに流れてくるのはやめてくれ!

というのが一般イタリア人の本音。

フランスもドイツも今回の「革命移民・難民流入」にはかなり頭を抱えている模様。
ミラノのお店でも店員はこの話でブツブツ文句言ってるし、我が家もイタリア家族は憤慨中。
困っているのは分かるけれど、勝手に流れて来て「私達の税金を使う」「国を荒らして行く」から困るのだとか。

現在、地中海に浮かぶイタリアの島々は海からやってくる革命発端国の難民・移民(違法なんですけどね…)の対応でテンヤワンやなのだそうです。


金曜から日曜までそんなイタリアへ行っていました。
久しぶりに1人でミラノまで列車移動して中央駅からメトロに乗ろうとメトロ駅へ行くと…

券売機がジンガリに占領され、「チケットこっちだよ。イングリッシュ?」といかにもお金を巻き上げるのを心待ちにしている様子でチケットを買おうとする観光客や外国人を狙ってくる…。私の後ろに並んだイギリス人も「そんな手には乗らないぞ!」と一言ボソッと言っていました。

大きな金額のお札しか持っていなかった私は…「これはヤバい…」と感じて、そそくさといつもチケットを買う「キオスク」に行って、優しそうな笑顔のおばちゃんに「ミラノ市内1枚」とお願いして「すみません、大きな額面ですけど…」と一言添えてメトロチケットを購入。
多分、イタリア語の出来ない観光客にとっては券売機で買う方が簡単なのかも。

洋服リサイクルを受け付けるポストにはジンガリの集団が固まって、ポストをこじ開け…中に入っている善意のリサイクル洋服を盗み出しているし…。

真面目に暮らしている人も少しはいるんだろうけど、どうも悪いことをする人の方が多いように見えるジンガリ達。インテグレーション政策を見つけるのは大変だけど、なんとか時間をかけても双方が生活しやすいようにならないものでしょうか…。

スイスでもシュンゲン協定が施行されてすぐはどこからかジンガリ達が大量に入国してきて、物乞いを始めた時がありました。
が、なんと3ヶ月もしないうちにチューリッヒでは一掃され…一体どこへ追い出されたのか…。
チューリッヒ州では「物乞い禁止」なので、法律違反ということで国外追放されたのかも。

そんな騒音の多いイタリアでは、靴と仕事用のシャツと化粧品を買いだめしてきました。

お買い物をしていて気づいたこと…San BabilaにあるSEPHORAのカスタマーサービス最高!
行く度に驚かされますよ♡
笑顔だし、お客様を待たせないし、メークもしてくれるし…どこからこのサービス精神が来ているんでしょうか。
シークレットカスタマーのサービス調査をしているのかもしれませんね。

この日はGeoxでもお買い物をしました。イタリア人スタッフの対応はすごく良かったけど…中国系イタリア人の方の対応は「形式」だけで笑顔もなく、あげくの果てには2足買わせようとする押し売り的サービスでとても気分を害しました。

帰りのメトロは満員でギューギュー。押されても負けずに立っていると、前に座っていたイタリア人のおばちゃんに「次の駅はLima?」と聞かれ、確認して「そうですよ。」って応えてあげると、「じゃ、ここ座って。早く早く」と荷物を置いて席を譲ってくれました。あぁなんて優しい人なんでしょう。

降りたメトロ駅のpiazzaでは物産市場みたいなのが出ていて、目に入ったオリーブ屋さんに立ち寄ってみました。
すると市場のおじちゃんが笑顔で「ほら味見してごらん」と大きな大きなオリーブを差し出してくれました。
大きくて一口で食べるのは大変だったけど、とっても美味しいオリーブだったので2種類のオリーブ漬けを家族のお土産に買って帰りました。市場のおじちゃんとっても優しくて、笑顔で丁寧に対応してくれました。

イタリア人の優しさにたくさん触れた午後でした。

自国の政治、財政、生活…とにかく波乱万丈なお国イタリアだけど、イタリアにはまだまだ温かい「人」のつながりがたくさんあって、家族や友人が食卓を囲んで、たくさんおしゃべりして美味しいものを楽しんで、そして中小企業や家族経営のビジネスが国を支えて、頑張っているんです。

でも我が家のイタリア人はそんな母国のことを…

「イタリア人の大半はベルルスコーニだ。だから何も変わらない。」

と表現。

ベルルスコーニの悪行他状況はさておき、アイコン的存在の政治家がいること自体、我が母国日本からすると少々羨ましいかもしれない…なんて思うのは私だけでしょうか。
スポンサーサイト

新しい仕事 みっつけた!?

アーティストNannyちゃん、今回も頑張っています。
そんな彼女からあることを頼まれると、私も思わず楽しくて~♪

インスピレーション全開で、張り切っちゃいます。

今回の協力は↓から。何よりもNannyちゃんの素敵なデザインがまた心をトキメかせてくれます♡

http://cowhouse.exblog.jp/15545066/


今回のフレーズが飛び出した後…

思わず名刺の肩書きにしようと思ったことがある…

『マルチランゲジーキャッチフレーズクリエーター』

本気よ(笑)。

The Binge Day

binge.jpg


土曜の夕方から私と友人のRさんは待ち合わせをして、とある方のお家へ…

行き先は我が家から徒歩10分程の所に住む、MT氏宅。

この日は兼ねてからM氏とその親友(兼同僚)MT氏がプランニングしていた最高の食材を使った「晩餐会」。
日頃はダイエットで食事制限をしているこの2人。週に一度は好きな物を好きなだけで食べる日があって、今週の土曜はいつもより数十倍豪華版の「free eating」dayでした。

それぞれのメニューにあったワイン選びはもちろん、食材はなんと1週間前から高級食材店へ直々にオーダーしておいたもの。料理の下準備も2日がかり…と驚く力の入れ具合でした。

しかもちゃんと↓のメニュー表まで前もって作成される意気込みで…
なんと、ワイン1本(レストランだったら…)CHF400だったりするから驚愕!

ご招待いただいたRさんと私の女性陣はウララ~っと椅子に座って食が目の前に運ばれてくるのを待つのみ♡
持つべきものは食べること、料理することが好きな(で上手い)彼氏・旦那・親友だな♪


+Appetizers
Pata Negra from Globus
Selection of cheeses
Wine: Nicolas Catena Zapata 2007 (Parker 98)

+Starter
Foie gras poele Ramsay's style
Lobster tagliatelle
Wine: Champagne Arlaux 1er Cru (Parker 92)

+Main
Beef Wellington. Ramsay's signature dish with risotto porcini mushrooms
Wine: Vega Sicilia Unico Reserva Especial (Parker 99)

+Desserts
Fondant au chocolat avec clotted cream and raspberry coulis
Wine: Tokay 6 Puttonoys Szepsy 1999

ごちそうさまでした。

祝!九州新幹線ウェーブ

祝!九州イベント告知ポスターポスター


九州の皆さん、また粋なことやってくれましたね~。
なんと来月開通の「九州新幹線」用のCM撮影に1万人の参加者が線路沿いに集結してみ~んなで「ウェーブ」しようという企画。
今日2月20日が開催でした♪

虹色の新幹線には「祝 九州新幹線 CM撮影中 ウェーブしてください。………… ありがとう。」と言葉が添えられているんですよ。

ちょうど開通直後に日本入りする私は、温泉入りに博多から熊本まで九州新幹線で行く予定です。
今までは1時間13分だった「博多」→「熊本」のJR列車の道のりがなんと!「33分」になるから驚き。
これがもっ~とも~っと早くに実現していたら…私は博多から熊本の大学まで新幹線通学できたな~なんて思ってみたり。

JR九州レールパスというのもあって、かなりお得な価格で一周が可能です。
ますます楽しみな九州!

I LOVE KYUSHU♡

↓の「JR九州 九州新幹線準備室」のサイトからこれまでの粋な可愛いそして温かい地元の人達のCMが観れますよ。
http://kyushushinkansen.com/tvcm

Outlet Shopping Mall in Switzerland

Alpenrhein Village - Outlet Shopping - Landquart Graub?nden
Design from http://www.alpenrheinvillage.ch


Lucky me... a stranger told me yesterday about this outlet mall at a shop in Altstadt while I was fighting against my desire wanting to buy a CHF 500 worth jacket.

What a surprise! They are open 360 days incl. Sundays! So... I visited there today.

Location is extremely convenient and easy access from Zurich and shops had good pricing.
I cannot compare this place to the high-end outlet malls in Italy, but this outlet mall can be attractive for those who like sports & swiss fashion standard.
It's sort of nice concept that you can stroll around in the "Swiss Alpen style" mall surrounded by gorgeous mountains...stopping by there before/after you enjoyed ski/hiking.

I've been to several outlet shops in Switzerland, but not yet FoxTown in Ticino.
They have high-end brands as they are much closer to Italy...But the range of stocks will depend on the season... mh... when will be the best time to go???

Anyway, enjoy your shopping in Switzerland :)

チューリッヒ人ならFreitag

チューリッヒに越して来てからちょっとカッコいいな…と思っていたこと。


FT4.jpg
Freitagショップ前にて


↑な犬をはじめ、可愛い・素敵&おりこうさんな犬がたくさんいること…もそうだけど…

もう1つartyなチューリッヒだなと思えること。

それは
学生もサラリーマンもOLも…個性的な人は「Freitag」を持って街を颯爽と歩き・自転車に乗っているということ。
Made in Switzerlandなのでお値段は高いけれど、「世界に1つしかない」自分のバックを持てることって、特別だと思うし、材料が全てすでに「産業界で使われたもの」というのがユニーク。

- バッグの素材はPLANZER(スイスの運送会社)他(?) のトラック輸送で使われたトラックの帆
 なので、同じデザインのバッグはほぼ皆無。(カッティングする場所やアングルが違えば別のデザイン♪)
- バッグのストラップは中古車のシートベルト
- メッセンジャーバッグのふちは自転車のタイヤの中チューブ

FT1.jpg
運送コンテナーがお店になっているFreitagのチューリッヒフラッグショップ。
一番上まで行って、景色を見ることができるのです!

FT2.jpg
Freitagショップの後ろは…建築中のPrime Tower

FT3.jpg
コンテナーの端はガラス張りになっています。


というわけで…スイスを去る時に買おう!と決めていたFreitagバッグ、(条件をのむことになったので)ついに手にすることができました。

持ったら最後…その良さに惹かれ過ぎて…帰宅後にFreitagのonlineショップからまた1つオーダーしてしまいました。今のうちに色々なデザインをスイスで買いだめ買いだめ。


ハカタンモン

以下、Cowhouse Nannyちゃんのblogより。

ハカタ大好きな私としてはぜひ行きたい!と思うイベント。

それにしても↓のデザイン良く出来てるなぁ。
一目見て「あ、ハカタンモン!」って分かっちゃうんだもん。

f0063241_20395961.jpeg


Fukuokaを拠点に活躍している45人のクリエイターが、
「ふくおか」・「はかた」をテーマに、
新しいスタイルの博多グッズを制作いたしました。
さまざまなジャンルから生み出された
アイデアとインスピレーション、
そして地元への想いが自由に表現された
新しいスタイルのオリジナルグッズ、
ハカタンモン=(博多のモノ)」の登場です。

開催期間: 2011.3.3(火)~3.21(月)
場所: 東急ハンズ博多店 4F
主催: gallery LUMO

■ 参加作家 ■
江藤 みのる×木浦 真由美(アートディレクター×イラストレーター)
廣田 かおり(アクセサリーデコレーター)
mille printemps(ハンドメイド作家)
design room Fizz 中村 亜希子(グラフィックデザイナー・イラストレーター)
Atelier Hibiki 古川 響子(陶芸家)
analogue.inc(デザイン事務所)
makumo 福山 みき(テキスタイルデザイナー)
小宮 貴一郎(イラストレーター)
ウフラボ 平野 由記(グラフィックデザイナー)
ムツロ マサコ(イラストレーター)
イシカワ チヒロ(イラストレーター)
Godrillhas Production (イラストレーター×デザイナー)
岩谷 美咲(福岡大学美術部員兼ムダ研究家)
Cerise SAKURAKO (フラワーデコレーター)
カジグラ 梶原道生(アートディレクター)
YO(H)FU(ぬいぐるみ作家)
小林 ゴウ(イラストレーター)
oeuf-stamp 古賀 明子(消しゴムはんこ作家) /
Sternii ヤマダ イエハル(アクセサリー作家)
寺山 武士(イラストレーター)
イフク カズヒコ(イラストレーター)
polaris 津川 和美×eito(創作家)
醇窯 高須 健太郎(陶芸家)
ゆるり舎 浜 隆一(イラストレーター・webデザイナー)
heliko design 岩野 美緒(グラフィックデザイナー)
SHIROKURO 野口 剣太郎(デザイナー)
阪下 なおみ(イラストレーター)
RunoLabo. タウラナオコ(グラフィックデザイナー)
meet AD market 宮内 大樹(イラストレーター)
田原 ウーコ(イラストレーター)
陶舗 今泉(プロデューサー×デザイナー×カメラマン×書道&デザイナー)
原田 聖子(アクセサリー作家)
circuseeds 小林 ナヲ(リメイク作家)

atelier cowhouse Nanny(アーティスト)

Robinia Hill(ランドスケープアーキテクト・テキスタイルアーティスト)
スナオラボ 長尾 朋貴(プロダクトデザイナー)
チーム ウマハダ(イラストレーター×グラフィックデザイナー)
藤本 愛(デザイナー)
渕上 コウジ(イラストレーター)

+東急ハンズ 博多店+

ハイジ村

深夜まで仕事の日が続いています。(+ dinner eat out)
今日は10分だけ息抜きでブログを書きます。

スイス = ハイジ

というわけで… やっとこさ…全てが

ハイジ という (と言ってもあの愛らしいハイジキャラクターとはほど遠いデザインですが…)


heididorf3.jpg  
エスプレッソカップもお砂糖もミネラルウォーターのラベルも…
そして私のランチメニュー「ハイジロシュティー」なるものまで…


「ハイジ村-Heididorf」へ行ってきました。

ただ冬の時期はハイジのお家は10名以上のグループ予約以外はCloseなんだそうです。
しかも…麓の村からハイジのお家までは…なんと山を登ること2時間…というハイキング表示が出ていました。

本当はハイジランドに行きたかったけれど、運転してくれたフレンチ・イタリアンカップルがどうもハイジ村をハイジランドと間違えたみたいです。まぁどちらの村も町おこしということでハイジをキャッチフレーズに戦略を練った…ということかと…。

週末にのんびりハイキングしたり、(物質欲にとらわれず)自然の中で思う存分週末を楽しめるスイス、やっぱり最高♪

heididorf2_20110210070353.jpg

たたずむヤギ



heididorf1.jpg

お天気の良い日のHeididorf散策でした。




Vevey - Mont Pelerin

私にとってはドキドキだった大きなイベントが終わり、ホッとしたこの週末。
Lausanneに暮らす素敵なキラキラladyとお仕事&プライベートでたくさん支えてもらっている大好きなお友達の3人でブランチを楽しみました。
色々な所で活躍する日本の女性に会って話をすると、本当にhappy & energy chargeです!
ありがとう。

そして午後はお友達と一緒にVevey湖畔の散歩&景色の美しいMont Pelerinまで足をのばしました。

私のPower Spot、Veveyからの景色は今日も美しかった!


mp.jpg
山の上、Mont Pelerinからレマン湖と山々をながめて…

veveyfeb.jpg
チャップリン像の前にはフォークがささっています
(多分ネスレの食物博物館があるからかな)

またまた…逃避行 in チューリッヒ。

また逃避行してました。今回もまたDolder Grand Hotelへ。

Day Spa Specials

Spa.jpeg
(Photo from Grand Dolder Spa website)


でも単なる逃避行ではありません。
自分への誕生祝いということで…。

屋外37度のジャグジーに入り、ボ~っと雪景色を眺める…そんな贅沢な時間に心癒されました。
人生半分!?(と勝手に予測)過ぎた…と思うと、もっと毎日楽しく元気に生きて行きたいと思いますね。

というわけで、Detoxマッサージをお願いしました。

お会計をする時にはレセプションから「お誕生日のプロセッコをバーで召し上がりませんか?」と優しい心遣いをいただきました。

だけどさすがにマッサージの後のアルコールはNGかと…。

するとさすがは5☆。すぐに「ではフレッシュフルーツジュースはいかがですか?」と次のオファー。
隣に居た別の同僚の方がさりげな~くバーに行って、私のドリンクの伝達をしてくれて…バーの女性も素敵な笑顔でHappy Birthday♪とサービスしてくださいました。

さりげないサービスがキラッ!と光るDolder の Spaでした。

帰りはDolder Bahn(ケーブルカー)で下山。発車直前にも関わらず、車掌さん私ひとりのためにドアを再開してくれました~!ありがとう!

そんな癒しの後は…大ニュースの発表!ということでオフィスへ立寄り…「I've got a situation!」で社長と会議。
同僚も「それはbig situationだ!」と青ざめる事態が発生。(というか発生原因はこちらなんだけど)

どんな事態なのかは…

また次回に。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。