In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃避行・チューリッヒ編

日常生活を送るにあたって良いところがたくさんあるチューリッヒ。非日常的な逃避行が出来ることもチューリッヒの良いところ。

そんな非日常的な逃避行を実行中の私…第2弾は小高い山の上にあるDolder Grand Hotelでの
「アフタヌーンティー」。

dgat1.jpgdghat2.jpg


2月末までの期間限定、土日の午後2時以降のみにあるサービスで、3段重ねの上品なサンドイッチやケーキにふんわり焼かれたスコーン+お好みのティーでCHF59。シャンパン付きだとCHF72という(スイスの5つ星としては)お得な午後ティープランです。

前もって予約を入れておいた私たちは暖炉の側の暖かい席で昼間っからシャンパンをいただきながら2時間ほど、非現実的な時間を楽しみました。

ゆっくり流れる落ち着いた上品な時間がいいですね。

ホテルを出た後は旧市街にあるAesopのお店に立寄り、目をつけていたハンドソープ他…色々試してみました。
ハンドソープだけを購入するつもりでしたが、試用してみた洗顔クリームが良かったので1本買ってみました。
今日は色々な試供品をいただいたので、また使ってみて良ければ買いに走ることでしょう。一緒に行ったブリティッシュMT氏も楽しそうに買い物していました。男性もこのお店好きな方って多いですね。
Aesop in Zurich

チューリッヒ、今日も素敵な1日をありがとう♪
スポンサーサイト

LABO SPA

仕事の帰りにLABO SPAのフェイシャルに行って、イビキをかきそうになるくらいリラックスした金曜の夕方でした。
明日はDolder GrandでAfternoon Teaです。

Wish you a lovely weekend!

素敵womenが大集合

ドキドキワクワクで迎えた1月26日。
運営グループの2011年度 Kick Off イベント「SHIN NEN KAI」をスイスを代表する日本料理店「Sala of Tokyo」さんで開催いたしました。

「アジア人の人が多いの?」

とよく尋ねられるProfessional Women's Group in Zurich, ASIA Network。

いえいえ、実はメンバーの半分は「非アジア人」(スペイン、フィンランド、アメリカ、ドイツ、ギリシャ…etc国際色豊)。
そして…昨晩のイベントにも23名の国際色豊か&キラキラ輝く女性が参加くださいました。

食べるだけだともったいないなぁ…と思い「SHIN NEN KAI」では↓なことをしてみました。

・参加者1人ずつ自己紹介
・2011年抱負の発表&カードへの記入(ニュースレターでも紹介)
・ミニミニ日本テーブルマナー講座

そしてもちろん参加者同士の名刺交換・ネットワーキングも。

あっという間の数時間でした。


stk.jpg
今回は懐石弁当コースを皆さんに召し上がっていただきました



皆様に楽しんでいただければ…という思いで企画した今回のイベントはSala of Tokyoさんの寛大なご協力により無事成功に終わりました。本当に感謝いたしております。

そして会メンバーのバックアップ、参加者皆様のご支援に心よりお礼申し上げます。

Thank you!

Best City Hotel in Switzerland

tea2 copy


チューリッヒの高級ホテルといえばチューリッヒ湖を見下ろす山の上にある「Dolder Grand Hotel」。
ホテル入り口には高級車がずらりと並んでいるこのホテルですが、地元民の私は…図々しくも山道散歩の後にカジュアルな格好でスノーブーツのままこのホテルのバーへ行ってまいりました。


tea1 copy
午後ティーを素敵な場所でいただくことで、心も余裕が持てます。


+ Black Swan

今日からスイス公開の「Black Swan」を観てきました。

奥が深~い、人間の心理かな。

映画を観ていて「狂気的」だと思ったけれど、

実際それくらい人間って

Crazy…になれる/なってしまうものなんだな。

気ままに贅沢に

lupo.jpg

マドリッドで出会ったルポ様。ドライブ中、私の膝の上でZzz...


久しぶりの雪景色になったチューリッヒ。
雪の日の出勤は大好きな私。傘はささず、ダウンコートのフードをかぶって雪の中を歩きます。

朝一番で肩こり・頭痛対策に「オステオパシー*」の治療に行ってきました。
おかげで頭スッキリ、お仕事も午後1時までの短い時間に効率よくすすめることができました。

*すいすメモ
オステオパシーはスイスの「追加健康保険」の対象ですので、一定額費用の返還があります。


ランチと仕事を同時にこなした後は、久しぶりに「ヨガ」レッスンへ。
長引いている風邪と低い気温で体がカチカチだったので、今日のヨガはとても良いリフレッシュになりました。

体がリフレッシュしたついでに思いついたこと…

先週カラーリングをした髪と地肌の乾燥が気になっていたので、ヘアーサロンへ行って「シャンプー&ブロー」をしてもらおう!と思いつき…予約なしでいつもお世話になっているサロンへ。運良くスロットが空いていて、約1時間、シャンプー・ヘッドマッサージ・ヘアーセットをしていただいて(+ドリンク)ちょっと贅沢に夕方のひと時を過ごしました。

せっかく髪もサラサラになったし…と、雪の中Bahnhofstrasseへ戻り、兼ねてから買う予定だったカーテンを購入しました。すぐに帰宅する予定でしたが、たまたま立ち寄ったお洋服屋さんが大セール中で…ほんの10分の間に5着お買い上げ♪

しかも驚く値段でね。

販売価格 CHF 89 -> セール価格 CHF 19
販売価格 CHF 69 -> セール価格 CHF 9

値札を見て「何かトリックでもある!?」と疑わずにはいられない値段にビックリ。

しかも会員カードを持っていたので「さらに10%」値引きしておきますね♪…って…

そんなに安くしてお店大丈夫なんでしょうか。
安いから品質良くないんじゃない?と思われがちですが、いえいえ…このブランドは長いこと使える質の良いお洋服を作っているので、シーズンが変わるごとによく立ち寄ります。

何でも「高い」と思われがちなスイスだけど、探すと驚く破格値&高品質の物が隠れているスイス。
セールもまだしばらく続きますので、お買い物ツアーの方、ぜひチューリッヒにも立ち寄ってみてくださ~い。



イタリアに住まない理由

年末にミラノの裁判所に行くことがありました。
遺言の遺贈拒否手続きをするのに同行したのが理由です。

今回も予想を裏切らない「呆れる」イタリアンお役所対応でした。

感想:

・マニュアルは「io (私)」=人によって回答が異なる
・納税者の税金で給与をいただいているとは全然思っていない
(窓口の来ている市民に頭から文句をいう=完全な市民イジメ)
・デジタル化していない = 非効率
・オフィスをいたわっていない = 自分の家は綺麗にキープするが、公共の場所は気にしない

(ドイツ語圏)スイス人化してしまった私にとって、このミラノ裁判所での出来事は改めて「surprise」でした。
(スイスのお役所は効率が良いので行くのが全然苦になりません。)

3時間近く待たされている間、あまりに暇だったのでミラノ裁判所の探検をしてみたら、↓な可愛いリサイクリングボックスを発見。

gomib1.jpggomib2.jpg

「箱がいっぱいになったらxxx-xxxxへ電話してください。回収に来ます。」
って書いてあるんですが…その回収費用って誰が払うの? 最終的にはミラノ市民の税金ですよね…。


今回の手続きではお役所側の事務手続きにミスがあることをイタリア家族がその場で突き止めました。
最初はお役所側が必死になって自分達が正しいと主張するのみ。相手の主張は聞き入れない態勢でしたが、過去の書類もひっぱりだして、粘って…そして相手に非を認めさせたのは…私のイタリア家族。
本当に誇らしい!?方々です。

そんな強い生き方をイタリア家族から学ぶべきなのでしょうが…
私はそんな余計なエネルギーを使いたくないので、出来ればこのままスイスに居座り続けたいです。
(刺激を求める人はこの現象を弱体化と言う…かな?)

コミュニケーションって何だろう

wallpaint.jpg

工事現場の壁の落書きも
立派なコミュニケーション



今日はチューリッヒのProfessional Women's Group開催のイベントに参加しました。
テーマは「Communication that Reaches Across Cultures」。

スピーカー自身、多国籍の環境で育ち、仕事をし、多国籍家族を持つ主ということもあり、とても聞きやすい楽しい内容にさらに説得力が加わった素晴らしいトークでした。

お話の中で「企業内における独特のコミュニケーションスタイル」というのがあり、HSBCを例に少しお話をされる場面がありました。勤務していた時にHSBCの社内コミュニケーションの質の良さには常日頃感銘していたのですが、CWのトップマネッジメントにいた方も同様に感じていらっしゃったことを聞くことができて、過去のことですが嬉しく感じました。
(その質とレベルを某スイス系グローバル企業にも導入されたいようですが…道のりは長そうですね。)

今日のお話から学んだこと

コミュニケーションの向こうにあるもの
『人 - PEOPLE - 』



明日も頑張ろう♪

+家族がひとり

kh.jpg

"生まれて来た妹を 愛おしそうに抱くお兄ちゃんの姿は たくましくも 愛らしい"


日本の弟家族に +ひとり 家族が増えました♡

父となった 弟の誕生日プレゼントは 可愛い赤ちゃん。
なんて幸せな家族なんでしょう。


早く九州に帰って 抱っこしたい…
春まで我慢我慢。


美人に出会う

bijin.jpg

- chicas amigas - マドリッドにて


昨年の暮れにアポをいただいていた方と初ランチでお会いしました。
お相手の方は某プライベートバンク勤務の韓国系美人。
この方を私に紹介くださったのはランチ仲間のU氏。
素敵な方に囲まれ過ごしたランチのおかげで、寝込んでいた体調の悪さも一時的に吹き飛びました。

ランチ先のお店に入ってすぐにこの女性の姿が目に飛び込んできましたが、軍を抜く美しい女性でした。

語学堪能、容姿端麗、そしてキャリア志向。

仕事帰りに合流して「一杯どう?」…と思わず誘いたくなる素敵な女性。


最近こうした輝く美しい女性にお会いすることが多くて、本当に嬉しいです。

「自分の生き方」をしっかり持っていて、しなやかで、角を立てない上級な女性達。

そんな素敵な女性がスイスに急増中♡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。