In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Forex レビューサイト by M氏

今日はお金のことをご紹介します。

自分のトレーディングシステムを構築したり、ブローカーを色々試したり…Forexトレードに3年以上を費やしているM氏がこれまでの経験と情報を基にForexや株式投資についてのレビューサイトを運営しています。

このサイトではおすすめのシステムやブローカーの情報の他、Forex・株式トレードに関する知識なども公開しています。

Forexをお考えの方の参考になれば幸いです。

ちなみに英語です。
http://www.forex-ea-reviews.biz
http://www.online-stock-trades.innocentreviews.com/
http://online-stock-trades-blog.innocentreviews.com/
http://www.innocentreviews.com/


株式トレードの記事で面白いものも…
http://www.articlesbase.com/currency-trading-articles/online-stock-trades-advantages-and-alternatives-2312429.html

今後、機会をみてM氏の「Forex喜怒哀楽」をお伝えしていきます。

スポンサーサイト

スイスで自転車通勤

veloz.jpg


夏日のようっだったチューリッヒ。
あまりにも青空が美しくて、暑くて、電車で仕事に行くのはもったいない!と思った私は…ついに 往復8km「山あり谷あり」通勤ルートを自転車で完走しました。

これにはM氏も「嘘でしょ~」と驚きを隠せず(笑)。

自宅からオフィスまでは下り坂の方が多いのでいいのですが、問題は帰り道…。よっぽど帰りは電車かトラムに自転車を乗せて*帰ろうかなと思ったけれど、せっかくのお天気だし…ということで頑張ってみました。
*スイスの電車には自転車を乗せる専用車両のついているタイプがあります。ちゃんと追加料金を払ってご利用くださいね~。

トラムも全力疾走する坂道が行程の半分くらいあって、丘(というか山というか)を越えるのが一苦労。
でも周りの皆さん、何気ない顔してバンバン自転車で坂をのぼれちゃうあたり…やっぱり日頃から鍛えているんでしょうか。

チューリッヒ中心街は平地なので良いのですが、自動車やトラムと一緒に走るので自転車と言えども気を緩めることは「御法度」。しかも全路線が交差する交差点の判断は車を運転する以上に気を使うかも。

もう1つ気をつけないといけないのは、タイヤがトラム(路面電車)の線路に落ちないようにすること…。これで鎖骨にヒビをいれてしまった友人がいます(痛)。

毎日このハードな道のりを自転車通勤すればスタイル良くなるかな…なんて淡い期待を抱きながら、明日は空港である会議にも自転車で行こうかなと考え中。

スイスには自転車ルートがたくさんあって、市内の都会ルートから山や湖などの景観地を巡るルート、そして究極の!?挑戦をしたい方のためのマウンテンバイク用ルートまでたくさんあります。場所によってはスケートコースもあります。本当にアウトドア天国のスイス♪だから好きなんですよ♪

スイスの夏をアウトドアでEnjoyされたい方におすすめの情報:
http://www.schweizmobil.ch/

アムステルダム経由KLM便でスイスへどうぞ♪


郵便局にあるイタリア料理レストラン il Postino

1時間の、しかも急斜面を延々のぼり続けるサイクリングでお腹がすき過ぎた私達は…

il_postino_menu_web.jpeg



2年間ずっと気になっていた「郵便局にあるイタリア料理屋さん」に夕方のサイクリング帰りに立寄り、夕食をいただいてきました。

郵便局のある建物となり合わせで、スイス郵便局と同じ「黄色」と文字スタイルで目を引くユニークなレストラン。
トラム14番、10番に乗ってOerlikon方面へ行かれる方にはおなじみかと思います。

はじめて行くレストランは「おいしくなかったらもう来ないね」というのが暗黙の了解の私達…今回のレビューは…

イタリア人M氏「お~。今まで食べたピザ in Zurich の中で一番おいしいかも。」とご満悦。しかもサイズが大きいから私は1人で食べ切れません。
メランザーネ(なすび)パスタもおいしかったです。

というわけで、最初の味で”OK"サインが出たので、これからちょくちょく出没することになるでしょう。

そしてこのレストラン隣に位置するチューリッヒ大学Irchel校舎の敷地がとにかく素晴らしい!ピクニック、ジョギング、スポーツにとにかく街中の人達が集える美しい場所。
人がごったがえす湖畔に行かずとも、このIrchel校舎でのんびりするのもおすすめです。
google map サテライトで見るとこんな感じ↓




Größere Kartenansicht

癒しのチューリップと音楽

今日も快晴チューリッヒ。
ボサノバやハワイアンミュージック、レゲエあたりが似合う季節。(仕事はさささ…と切り上げて)自宅のiTuneでサマーちっくな音楽をかけてくつろいでいます。

例えば…↓Jason MrazのI'm Yoursとか…。ハワイに行った時にたくさんかかっていて、この曲を聞くとあぁ…バケーション!という気持ちに(平日でも)ひたれる1曲です。
ジェイソン・ムラーズ - I'm Yours - Single - I'm Yours

こんな↓北欧シンガーのバージョンもなかなか素敵。
Sindre Dybvikstrand - I'm Yours - Single - I'm Yours

ハワイのミュージシャンHapaの音楽↓を聞くと蒼い空と海が目に浮かびます。
Hapa - Hapa

もう1つおすすめリラックスミュージック↓
Teresa Bright の歌声  Teresa Bright 



Link:
Teresa Bright: Amazon.com
Teresa Bright: Amazon.co.uk

そんな音楽に心癒されながら、我が家の庭に咲いてくれたアムステルダムからやってきた綺麗な色のチューリップを眺めています。




turip2.jpg


turip1.jpg

スイス散策、その1(郵便番号8050&8052あたり)

毎日、青空のチューリッヒ。朝からお日様が燦々と降り注ぎ、通勤する人もどこか幸せそう。

いつこのお天気が一変するか分からない…という無意識の反射神経が備わった3度目の春 in Zurich。
今年は1日、1日、逃さないように仕事と家事の合間にサイクリングやジョギング、お散歩に出かけてスイスの春を満喫しています。


viewzurich.jpg
近所の草原の景色。


roadflw.jpg
今の季節、どこを歩いても小さなお花がたくさん咲いています。


ols.jpg
皆さん楽しそうにお散歩中。


lugh.jpg
何やら大笑いしていますね。

ushichan_20100428053011.jpg
どうやら羊さんたちの様子で面白い一場面があったようです。


こんなに美しい景色、空気、そして澄んだ水があふれているスイスで暮らせる幸せを毎日感じながら生きています。



お散歩のおともにMusic...
 iTunes Store(Japan)

Goldman Sachs Get Grilled!!!

Oh oh... ゴールドマンサックスのアメリカ上院公聴会がCNBCをはじめ、各局の放送で生中継中。
凄すぎるこの全面対決。


「ゴールドマンサックス、グリルの上でジワジワ焼かれています」

この言葉ほんとに当てはまる、手に汗握る公聴会です。
ぜひ機会があれば見てください。

ミラノでの発見

発見1)
私の義理姉はイタリアの小学校の先生です。しかも…キャリアかれこれ30年という大ベテラン先生。
でも最近のミラノの小学校は校区によっては移民の生徒しかいないため、イタリア人教師がとっても大変な思いをする日も多々あるとか…。
これもほとんどの場合「親の教育」が子供にそのまま反映されていると姉は言っていました。年に数回ある親子面談では移民(合法なのか違法入国の移民なのかは不明ですが…)の親が全くイタリア語が分からないため、子供が通訳して面談をすることもよくあるそうです。
また、女性に対する見方が異なる宗教・家庭環境で育った子供達は女性の先生の言うことを聞かない子供も多いとか…。
本当に大変そうです。

そんなR先生の家に着くと…日曜大工に使うドリルの先にカラフルな円盤がワインコルクと一緒に取り付けられている何かを発見。
早速R先生に…「Casa questo?」と聞くと

「il prisoma di Newton!」と返事が返ってきました。

なんとニュートンさんが説いた「プリズム(光学)」・光の分散について教えるために発明した道具なのだそうです!

10歳くらいのクラスで「電気の光は無色透明ではなく、7色で出来ている」ことを教えるために「何とか分かりやすい方法はないか…」と考えて作り出したのだそうです。

こんな感じで丸い円盤に7色あって、先はワインコルクで飛ばないように固定!(凄)


newton1.jpg


轟音で廻るDIY用ドリル…確かに7色が1つの色になっています!(本物の光の分散は超高速ですのであしからず)
newton2.jpg


ちなみにローマカトリックが国教(みたいな…)イタリアですが、少なくともミラノの公立学校ではちゃんと「ダーウィンの進化論」を教えるのだそうです。(昔…そういえば書いてたなぁ。こちら

発見2)
「ボスたるものは…」
photo (7)
M氏両親宅。行く度に何か面白い物が飾られています。今回は「ボスの有り方」という14箇条。
全てをご紹介するには長くなりすぎるので、これから毎日1条ずつご紹介していきますね。


発見3)
iPhone ユーザー 最高年齢記録か!?
iphonemamma.jpg
母に優しく!?iPhoneの使い方を教える息子…


私の義理母は81歳。
先週、家族と一緒にiPhoneを買いに行ったそうです。
そしたらお店の人に「え~!!!凄い!うちのお店でiPhoneを買ったお客さんの中であなたが最高年齢ですよ!」と驚かれたそうです。
そしたら義理母…「anch'io uso il Mac! (Mac コンピューターも使うのよ)」とちゃっかり自慢したそうです。
そう…私の義理母はMacもSkypeもgmailもYoutubeもネットメールもそれからネットバンキングも使いこなせるハイテクmamma!

iPhoneを手にした義理母、とっても嬉しそうでした♪

もしどなたか81歳以上の方でiPhone使っていらっしゃる方がいたら教えてくださ~い。


発見4)
イタリアのBIO商品は美味しい♪

たくさんBIO関連の食品を試してみました。
カカオビスケット、薄いクラッカー、抹茶チョコバー、スプレッド、ごま塩…などなど。

BIO食品・美容健康商品大ファンの義理姉と私は新しいBIO商品があると必ず試してみます。
今回のミラノ滞在中、またまた義理姉に美味しい&BIO商品を紹介してもらいました。
質と味にウルサいイタリアンソレッラ(姉)が褒めるものは本当に良い…という信頼もあり、早速スイスで購入できない商品取引先へコンタクト中です。

イタリア各地に展開するBIOスーパーは↓。
http://www.naturasi.com(お店のプロモビデオが観れます)



最後に…「ボスたるものは…14か条」シリーズ第1回目

1条:IL CAPO ha regione 「ボスは正しい」








ミラノ:ひとりぶらぶら…編

金曜、朝7時過ぎにチューリッヒ駅を出発するCisalpino(スイス⇔イタリア間を走る特急)に乗り、一路ミラノへ。
今回はM氏も私もミラノで用事があったので週末を久しぶりにミラノで過ごすことにしました。

11時頃ミラノ中央駅に到着した私達、M氏はタクシー乗り場から会社のミラノオフィスへ、私はメトロ乗り場から一路中心部へ。

この日は午後6時近くまで私もM氏も別行動でしたが、私も随分とミラノに慣れたせいかメトロも3路線使いこなし、予定を無事全て終了。

・ネスプレッソショップで新しい期間限定カプセルを買う(チューリッヒで買えばいいけど、土曜しか行く暇がなく…チューリッヒのお店はおびただしい行列になるので必ず旅先で買う)
・LifeGate Cafeへ行く
・カドルナ駅の「Chocolate」ジェラート屋へ行く
・無印のお店へ行く

そんな間に必要なことを済ませてミラノの金曜があっという間に終了。

ずっと行きたいと思っていたLifeGate Cafeは「LifeGate Radio」でお馴染みの「LifeGate」ネットワークのカフェ。
ミラノで聞くラジオと言えばLifeGateなのでこのCafeへ行くことは5年前からの「things to do」でした。
今回はひとりだし、身軽に動ける!ということもあり、iPhoneの地図を片手に無事到着。キッチンがしまる15時直前でしたが、「まだいいよ~」とOKサインをいただき、レンズ豆のスープをいただきました。

photo (2)
photo (4)
photo (3)


LifeGate Cafeは地球に優しく、オーガニックコンセプト。お店も自然体で落ち着く場所でした。

この¨LifeGate¨は様々な角度から地球環境や保全、人間と自然の共存のことを考えるグループ。NPOではなく、利益をあげて社会還元・貢献することも彼らのコンセプトです。
http://www.lifegate.it/

LifeGate Cafe
http://portale.lifegate.it/cafe/home_cafe.htm

ミラノへ行くと必ず立ち寄る場所。
イタリア人行列、満員御礼のジェラート屋さんに今回は2日連続、2回通いました。
ここのチョコレートを使ったジェラートは最高♪とイタリア人も豪語。
http://www.chocolatmilano.it

金曜の夜はイタリア版レストラン口コミレビューを見て、あるシーフードレストランへ行ったのですが…期待にそぐわない場所で残念…。イタリアっ子も食後に文句言ってました…。

翌、土曜の夜は…やっぱりここ!安くておいしく、ボリュームいっぱい。おいしいビールもワインもあるし。
ちなみにワイン数種類はイタリア義理兄が卸していますが、家族は皆ここへ行くとこのお店で作っているビールをいただくのが日課です。
(関連記事:http://ilmondo.blog48.fc2.com/category19-1.html
Fermento Art&NPUB
http://www.fermentoaep.com/

日曜は朝からお天気が良く、義理姉夫婦+犬と一緒にParco Nord Milanoへランチ前の散歩に出かけました。
http://www.parconord.milano.it/
ちょうど良い気温で、緑がとっても綺麗。でもあと1ヶ月ちょっともしないうちに、日中はとてつもなく暑くなり散歩どころではなくなり…、ヤブ蚊が飛びまわる…ぅ。
今日のような丁度良い日が続くミラノだったら快適なのにな…とミラネーゼM氏もぼやいておりました。
photo (8)


今回のミラノ滞在中には2つ、3つ新しい発見がありました。別にお店とかではではないのであまり期待していただかなくて良いのですが…とても役に立つことだったので、また時間がある時に綴っておきます。



キャリア女性のためのイベント in チューリッヒ

月に1度開催されるProfessional Women's Group in Zurichのイベント。
昨晩は3人のエグゼクティブウーマンを招いてのパネルディスカッションでした。

- 某大手国際会計会社のエグゼクティブ
- 某国際IT企業のCEO
- 某スイス系銀行の国際部門ディレクター

スタイルも仕事のアプローチも異なる女性3人ですが、「リーダーシップ」の中心存在、「国際企業のリーダー」として今の彼女達がいる理由を垣間みることができました。

「これまでの足跡」

- 子供の頃から「リーダー」になりたいと思っていた
- 人生の色々なチャンスや経験が重なってそれをポジティブに受け取って、自分の肥やしとして歩んできたことでリーダーになる機会を得た
- 半年ごとに「Am I happy with this current situation?」と自己分析をして、方向転換を柔軟に行ってきた 
そして夢の実現に屈折しなかった


参加者からの質問
「どうやって可能性のある人材を見つけ出すのですか?」
(聞きたい!と思ったこの質問を私の前に座っていた女性がそのままそっくり質問してくれてビックリ!)

- スタッフ、部下からの自己アピール
スピーカーのお1人からは「参加者の中でお給料交渉をしたことがある人?」という問いかけがありました。
これは「自分はこういう仕事をして貢献、実績を出しているのだから給与をあげてもらえないか」といった具体的な分析ができる人ほど可能性がある…という見方です。

- 会社内外のネットワーキング
- 「運」
- 会社にあるスタッフ評価システム


「人生何かを犠牲にしたと思うことはありますか?」

- NO 皆、プライベートと仕事のバランスをとり、趣味や家族との時間もきちんと持っています

「女性リーダーであることで男性社会の中にいる大変さはあるいは男性リーダーと違う仕事のアプローチをしますか?あるいは女性であるアドバンテージを感じますか?」

- 男性リーダー達が会議をする時は皆自分達の部屋に呼ぶけれど、私は自分から用件のある人達の所へ足を運んで行く
- 笑顔
- 男性リーダー達の中では「競争意識」が高く、ポジションの取り合いのような様相もあるけれど、自分が女性ということで自分を競争相手として見る人がいなくて助かる
- 力仕事はしなくていい(笑)
- 女性リーダーのネットワークは競争と調和のバランスが取りやすい

などなど…ここでは簡単にしかまとめていませんが、彼女達から発せられる一言一言に自分をかき立ててくれるポジティブエナジーがぎっしり詰まっていて、フォーラム終了後は何とも言えない元気エネルギーで一杯になりました。

それから彼女達の中で出てきた言葉で

"If you work for good people, your company will be good. In order to do so, you have to communicate very well with your teams and staffs."

" I choose the job because I liked working with the boss. It is important that you have good people around you."

というのがありました。

「言葉にして物事を伝える」

そして

「人」



皆さんの職場ではどんな女性リーダーがいらっしゃるのでしょうか。




★事後報告★
昨晩のイベントより1週間前には私が運営するグループのミニイベントを開催しました。
次回は5月31日に"インドとそのビジネス"のテーマで開催です。
14AprilNL.jpg

久しぶりのワイン話

超高級ワインはもったいなくて買わないけれど…CHF10-25くらいの値段で私達の好みのワインがあればまとめ買い。
去年6ケース買った南アフリカのSyrah/Shiraz(私はシラー種はイランのShirazが最初の最初の原産地だと思うのでイランの地名と同じ綴りにしたい…)をまた買うかなぁ…とMövenpickのオンラインワインショップ(Mövenpickはアイスクリームだけではありませんよ~)を見ていましたが…ん~どうやら在庫全て出てしまったようです。

そこで次にまたケース購入を考えているワインがあります。

Napa Valleyの「SIX EIGHT NINE」2008

葡萄はブレンドですが、エレガントでいて力強いフレーバー。なのに口当たりがとてもスムース。

お試しに1本Mövenpickで買ったのですが、私達にとっては「ヒットワイン!」です。

このワインとネットショップの情報はIn Tutto il Mondo -Switzerland- でも紹介しています。


今週の水曜日には…もう生産していないというチリ産ワインが届きます♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。