In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイスのいいところ

私は良く駆け込み乗車をします。

スイスには日本のような発車合図は特にありません。

電車の車体についている扉上の「緑ランプ」が点滅し、小さなブザー音が鳴ると電車の扉はロック段階になります。

中遠距離の列車であれば車掌さんの「ピ~」という笛の音が合図です。

スイスのいいところは、駆け込み乗車の人を他の人達が助けてくれること。

ギリギリ間に合うか、間に合わないか…という時、中に乗っている人が扉の開閉ボタンを押して開けてくれるか(こちらは降りる駅で扉のボタンを押さなければ扉は開きません)、重量に反応する入り口ステップに乗って体重をかけて扉を開け続けてくれます。

今日も帰宅途中、「あぁ…間に合わないかも」と思って走っていました。
するとなんと…数メートル先にいた別の電車を待っている人が扉開閉ボタンを押し続けて私が乗車出来るように待ってくれていました。

実はこういうこと…良くあるんですよ。

時々、怖そうな!?お兄さんも重量反応のステップに足をかけて扉を開けてくれていたり、あとベビーカーで電車に乗り込む人達の手助けをしてくれたり。

それからベビーカーの上げ下げの手助けは実はここでは「当たり前」の行為。
近くに居る人が必ず助けてくれます。

そして助けてもらった人も必ず「Danke,Merci,Thank you」とお礼を伝えます。

私はほぼ毎日こういう景色を電車、バス、トラムで見るのですが、見るたびに感動します。

周囲の人もその光景を見ているし、自分も助けてもらっているので自然と同じことを他の人にしてあげることが当たり前のように身に付くのだと思います。

これは信号機のない横断歩道でもしかり。

車は98%止まってくれます。

イタリア人のM氏も家族も車を止めてくれるスイスの良い経験に習って、スイスへ入国すると歩行者に対して優しくなります。

これは「良い循環」ですね。

人のお手本になることを皆が続けることで、他人もそれから学び、その良い習慣が続いていく…というシステム。当たり前のことだけど、それが失われている国は多いですよね。
特に…悲しいかな、我が故郷日本…。

「良い所を学ぶ交換留学」が民間レベルであるといいな…と思います。

スポンサーサイト

遅刻の理由

1.寝坊した
2.電車に乗り遅れた
3.洋服が決まらなかった
4.会社に行きたくなかった
5.その他

答え:
1と2の間…?!?

いつもより少し遅めに起きたものの、頭に入っている時刻表を基に駅へ。

ちょうどいつも使うプラットフォームへ電車が入って来たので「ラッキー、6分の電車だ!」と思い駆け足で電車に乗り込みました。

いつもよりも随分と少ない乗客数に…「あぁもう出勤ラッシュも終わったしね」と思い、いつも読む新聞に隅から隅へ目をとおします。

そろそろ次の駅のはず…と思って車窓へ目をやると。

「あれ?いつもと違う景色!?」

数秒周りを見渡し…明らかに通るべき駅でないことに気がつきました。

そう…会社のある方向とは違う所へ行く電車に乗っていたのです…。

焦って電車を降りようとしたものの、型の古い電車で降車口のドアがうまく開かない!
たまたま運転手車両のすぐ横の降車口だったので、見かねた運転手さんが自動で開けてくれました。

実は私の会社と自宅の間にはいろいろな公共交通機関が走っていて、スイス鉄道の近距離電車だと約10分くらい。会社のすぐ近くの駅からはほぼ数分置きに自宅方面への電車が出ているのでとても助かります。
でも…行き先を確認しないで電車に乗り込むと…湖と山を挟んで東西別の方向へ行ってしまいます。

同じプラットフォームから同じ方向へ向かって出る電車。
チューリッヒ中央駅のもう1つ向こうの駅までは同じなのですが、電車はそこから別方向へ走っていきます。

いつだったか…帰り道にボ~っとしていて電車を乗り間違えたことがありました。

帰りに乗り間違えをすると一層疲れます…。

小さなスイスフランス語圏の街に暮していた時は行き先がとても単純だったので乗り間違えることはありませんでしたが、人口30万人以上!?大都会チューリッヒに住むと、電車もトラムもバスも桁違いに方向も本数も多い!

でも乗り間違えても特急電車とかすっごく田舎でないかぎり、すぐに乗り換えが出来るので乗り間違えても問題無し。

結局今朝の乗り間違えも駅で1分も待たないうちに会社近くの駅へ向かう電車がやってきました。

出勤に少々時間はかかったものの、少しだけ出勤をゆっくり楽しんだような気持ちです。

明日からは一層忙しいので、目覚まし時計を止めて二度寝しないようにしないと…。

眠ることが好きな私…好きなだけ眠れていた生活がちょっぴり恋しいと思うと同時に、メリハリのある生活をおくれる清々しさはやっぱり最高!と思う月曜の夜です。

Category : Job

The International

このところ週末は友人達と映画にいく機会が多い…というのも話題性のある作品が多い時期なのだからかもしれません。

今週の土曜日は「The International」を観てきました。

2008年に公開予定だった映画、当初の批評があまり良くなくアクションを加えて再公開となった2009年。
ちょうど銀行破綻をはじめ、世界的に銀行に対する目が鋭いこの時期に公開された「The International」は新たな刺激かもしれません。

話は1980年代~90年代に起こったことをヒントに作られています。

実際に存在したBCCI(Bank of Credit and Commerce International)の国際的非合法な活動、それに関わる国単位の黒幕…。

普通の人間には想像もつかない「黒い世界」が私達の生活にどこかでつながっていて、それが人ごとのように見ているニュースとつながっているのか…と思うと、本当に普通の人間で良かった…と思いたくなります。


映画は国際組織の追跡を含んでいることから、舞台がイタリアだったりニューヨークだったりベルリンだったり…といろいろな国を観ることができます。

特にこの映画ではトルコのイスタンブールを最後の舞台として選んでいるのですが、景色の捉え方がうまいなぁ…と思うところがいくつかありました。

実はちょうど映画の前に友人夫婦とイスタンブール旅行計画の話をしていたので、映画を見た友人夫婦達は増々「乗り気」。

日曜はその夫婦がイスタンブール行きのチケットリサーチをしてくれるのだそうです。




Chicken専門レストラン in チューリッヒの辺り

zurichicken.jpg


スイスは実に不思議な食の宝庫。

え!?こんな所に…?と思うような場所に「美味しい」レストランが隠れている!

今日はフレンチ&イタリアンカップルが我家まで車でお迎えに来てくれ、その足で山の手にあるレストランへ出陣。

今日のレストランは「鶏肉専門店」。

素敵なお店の内装は綺麗な赤で統一されています。

お料理も美味しく、夏場は自然に囲まれ美味しい食事を楽しめそうです。

寒い日が続くチューリッヒ。このレストラン周辺はかなりの積雪です。
くれぐれも冬用タイヤをご用意ください。

Restaurant Roter Kamm
Tabelhofstrasse 240
8044 Zurich

Tel:+41 (0)44 251 44 52
www.roterkamm.ch

Women力

月に1度、チューリッヒ市内のホテルでProfessional Women's Groupのイベントが行われます。

今日は「スピードデート」。

と言っても、男性と女性のデートではなく、メンバー同士の自己紹介を兼ねたスピードデート形式のイベントです。

3分の間に様々な質問をしてメンバー参加者の仕事、夢、現状などをたくさん聞いていきます。

そうすることで(もしかすると)仕事のチャンスがあったり、新しいネットワーク拡大のチャンスがあったりするわけです。

これが結構面白い!

短い間だからこそ単刀直入に聞ける質問なんかもあるわけで、時間が足りないから「じゃ、ディナーの間に一緒に座ってゆっくり話しましょう」という風になるわけなのです。

イベントに続くディナー、今日はスイス人、イギリス人、ドイツ人と同席しました。
話が非常に盛り上がり…私達は最後近くで、席を立った時はすでに9割の人達が会場を出ていました。

ディナーの間にはグループの今後の方針を固めるための意見交換が行われたのですが、間髪入れずに出て来るメンバーからの意見、アイデア、質問が非常に興味深く、彼女達の頭の切れの良さを感じました。

そしてそれを上手くまとめる代表。さすがです。

私も今晩は一言コメントさせてもらいました。

「言っていいかな?言うとまずいかな?」という思いもありましたが「言った者勝ち!」というのが最終決断。

「成さねば成らぬ」という言葉どおり、「言わなければ何も起こらない」という概念はこのグループ内では当たり前。

それは多分グループの中心が英語圏の人達だからではないか…と感じます。
(もっとも発言者の多くはアメリカ人とイギリス人)

それが良いのか悪いのか…これはそれぞれの居るポジションや文化に寄って異なるので一概に言えませんが、少なくともスイス社会は「白黒」ハッキリさせる時と「グレー」で居る時とを上手く使いこなしているように感じます。

時々、日本的感覚をバランス良く持っていると案外上手く行くのがスイスかも!?と個人的に感じる時もあります。
(そんなせいか…私がこのグループのイベントで知らず知らずに多くの話しをするのはなぜかいつもスイス人。しかも…イタリア系スイス人。なぜだか隣に座ってくる確率が高い…)

インターナショナルな場所にいると「自己」の確立が大切です。
それと同時に相手のことを察知する能力、相手との言葉のキャッチボール、物事を論理的にクリアーに伝えるための経験や訓練を持つことが必要!と再認識。
そして何よりも日頃からアンテナを大きく広げて知識や情報を集めて、それに対して自分の考えを持つことが大切なことだと感じます。

こうしたことについて考える機会を与えてくれるWomen力にDanke!











隣の街まで。

ありがたいことですが、お1人の声がお1人、その声がまたお1人…と広がり、お客様のご紹介をいただいております。

もともと外へ出ることが大好きなので、ちょっと距離がある所でもすっ飛んで行く私。
今日は週明け早々、お隣のカントン(州)まで超短距離出張へ。

列車の車窓から見える景色は「白い雪景色」。

景色を眺めていると自分が仕事で出かけていることを忘れそう…(いえいえ…そんなことはありません)。

お会いする皆様、仕事の合間を使っての相談業務なのでこちらも短時間で的を絞ってお話しなければなりません。
でもこれがきちんと相手に伝わって理解いただけると…非常に嬉しいのです♪

出身国によって社会保障制度に対する理解や知識が異なることを考えると、私の仕事はスイスを理解することだけでは終わらない…と感じます。

スイスを含めたEU域内との社会保障協定…これはどんな人に聞いても不安要素。
3カ国以上の国で仕事をし、各国の社会保障へ加入している人達はたくさんいるわけで…(現状のままだと)リタイアした時に、該当する全ての国に「年金下さい」って手続きしないといけないわけでして…。

しかも年金台所事情はお国で全然違う。

労働市場&社会保障の国際化も大変です。


そんな状況の中ですが、スイスにやって来た人達の「将来のためになるもの」が少しでも増えるようにお手伝いしていきたい…そう思いながら帰りの列車でウトウトして帰宅しました。

Category : Job

チューリッヒ、週末の過ごし方。

icebar.jpg
1本の小さな氷柱…




金曜日:午後6時半
Oerlikonにあるステーキ屋で6人待ち合わせ。

1番乗り、投資人オランダ人J氏。

2番目、私。

3番目、コンサルタント・フランス人JP氏。

4&5番目、うちのイタリアンM氏&アメリカン企業勤務の同僚オランダ人Sさん。

6番目、某国際企業勤務フレンチアクセントでイタリア語と英語を話すイタリアンMさん。

この6人が揃うとテーブルは大賑わいになる。

目の前でおいしそうに蒸気をあげるステーキに夢中になりながらも、社会事情や会社のこと、文化のこと、食のこと…と幅広い会話がすすむ。

皆、このステーキ屋が大好き。

とにかく「美味しい」。

いつも満席のこのステーキ屋を「毎週金曜after18:30の会合の場所」にしようという提案すらある。


ステーキと美味しいワインと会話を楽しんだ後、オランダ人カップルと私達は映画を観にでかけた。
映画は今世界中を沸かせている「Slumdog Millionaire」。
チューリッヒのArt House(ハリウッド制作以外の国際映画専門)は今日もこの映画を観ようと大勢の人で賑わう。毎週末満席らしい。

いろいろな賞にノミネートされただけある見応えのある映画だった。

先日Financial Timesでこの映画のことが取り上げられていた。インドでは反響がないだろう…ということ。
インドの大衆にとって、3時間も続く「歌え踊れのロマンス」のボリウッド映画が娯楽の頂点であって、
話の筋がどうだとか、アート性がどうだとかいうことは二の次の場合が多い…ということ。

インド以外の国で注目されるインド映画(というより、made in Englandのインドを舞台にした映画と言った方がいいのか)はインドではさっぱり客が入らない…という現実も面白い。

ボリウッドの国際化を言う人もいるけれど、私はあれでいいと思う。他のどんな人達とも比べ物にならない美しすぎるボリウッド女優はボリウッドの世界で美しく輝いていてほしいと思う。
あのきらびやかな世界はインドの女優でなければこなせない。

それにインドの圧倒的な人口を考えるとボリウッドの国際化という器はあまりに小さく思えてしまう。
国内需要だけで「観客動員数」はすでにハリウッド映画を観る数カ国分に値するのだから。

と…そんなことを考えながら映画を観終わった後の爽快感に浸っていた。

土曜日は大雪の中、またまたオランダ人カップルをチューリッヒへ呼び出し…
山歩きに出かけた。

snowangel.jpg



大雪だったけれど、フワフワの雪だから気にならない。

山歩きの後はお茶をした後に再び映画へ。

この日は「Twilight」。

ハワイの本屋で買った話題の本が映画化されたということで行ってみた。

いわゆる典型的なアメリカンティーンエイジャー向けの話なのだろうけど、これが以外とハマってしまう。

映画を観て思わず…「私が高校生だったら絶対crazyになっている」と思った。
ヴァンパイアと人間の話なのだけど、10代の時の気持ちとか、事情とかがうまく組み込まれていて面白い。

本はM氏だけば読んでいたのだけど、映画を観た翌日から…私まで本を読み始めた。

アメリカで過ごした学生時代のことが懐かしく思える…なんて言い方をするとオバン臭くなったと感じる。

この日の夕食は南アフリカ料理を食べに行った。
"Mama Africa"
http://www.mamaafrica.ch/

セッティングも素敵だし、料理もなかなか良かった。おすすめのレストラン in チューリッヒ。


日曜日。

快晴!近所のスタバの窓際に座り「燦々」と降り注ぐ太陽に照りつけられ、セーターを脱ぎ、半袖1枚でEconomistを読み続けた。
幸せを感じる瞬間。

フレンチJP氏とイタリアンMさんの誘いで今日も山歩き。
というより散歩だな…。
チューリッヒを見下ろす小高い山を1kmほど歩いた後、途中にあるブティックホテルのカフェで1杯。
結局そこでケーキまで食べて…。
なんともグータらな散歩だった。

美しい青空の下に広がるチューリッヒ湖。

そして薄ら見えるアルプスの雄大な山々。

スイスで暮らせることに幸せを感じる日曜日。

zurichberg.jpg


夜ご飯は友人達が来るかもな…と思って買っておいたアペリティーボの軽食を平らげることにしよう。

snowstep.jpg



実ある1日

朝起きると、外は一面真っ白。
午前中はずっと雪が降り続き、あっという間に市内でも10cm近い積雪。

かと思えば午後は美しい青空が顔を出し、雪化粧をした山々や建物の屋根と青色のコントラストがとても美しい午後でした。

今日のランチはチューリッヒにいらっしゃる日本女性の中で、私が憧れている方とご一緒させてもらいました。

私が直面している問題に対してもとても歯切れの良い、的を得たお話をしてくださり、約2時間のランチが本当にあっという間でした。

レストランを出た時の私の気持ちは空の様に晴れ晴れ。

心を一度真っ白にしてスタート!という気持ちになることができ、この方にお会い出来たことにとても感謝しています。


そして夕方…はとある組織から2回目の企業誘致プロジェクト関連のお仕事を頂きました。
お仕事…と言ってもお役に立てるなら…ということでボランティアなのですが、とてもやりがいのあるお手伝いです。

今回は少し工夫を凝らして、いろいろな方面の方々と協力して進めて行きます。

まだまだチューリッヒ新参者の私なのにこうしてチャンスを下さるT氏に感謝しています。


さて、前回お知らせしたAsian Networkの件ですが、イベントの内容をアジアに限定するのはもったいない…ということでグローバル分野へ持ち込もう…という話が出てきました。
より多くの方のお役に立つのであればイベント開催の日を変更することにも意義がありますね。

イベントについてはまた詳細が決定次第お知らせします。

スイスでインターナショナルに活躍している、したい方へ。

以前よりちらっとお話をしていたプロジェクトのことをお話します。

4月の始動に向けて動き出しました。

"Professional Women's Group in Zurich, Asian network"

世界各国の人々が集まり、グローバルな視点でキャリアネットワークを構築し、女性のステップアップを非営利団体としてサポートするのがProfessional Women's Groupの活動目的です。

そのグループの中に新たなネットワークとして「アジア部門」を設立することが正式に決定しました。

各界で活躍するアジア系の女性達のためのキャリアネットワークの拡大にとどまらず、ビジネスオーナーやこれからビジネスを始めたいと考える女性達のためにも様々な活動の場を提供していきたいと思っています。

アジア部門設立の記念イベントは4月上旬の予定です。

第1回目のテーマは「Current Situation - Job opportunities in Switzerland & rest of the world」。
(スイスと世界における仕事のチャンスについて)

各界におけるキーパーソンをゲストスピーカーとしてお招きし、オープニングスピーチの後アペロに続き様々な方々と交流を持てる機会を提供いたします。

詳細につきましては近日中に改めてこのブログでも発表する予定です。


さらにアジア部門設立に際し、今後の活動に協力して頂ける方、ネットワーク参加メンバーを募集いたします。
国際社会で活躍したい!今までの経験を生かしたい!もっとスイスや海外とのネットワークを広げたい!と思っていらっしゃる女性の皆様、ぜひこの機会を生かしてみませんか?
(グループの公用語は英語ですが、世界各国の言葉が飛び交う会です。)

現時点でのアジア部門活動拠点はチューリッヒ市が主になりますが、会員の方、ネットワーカーの皆様のご協力次第で随時拡大して行きたいと考えています。

なお、アジア部門にご入会いただくと自動的にProfessional Women's Group in Zurich本部のメンバー資格を取得することができ、全てのイベントに会員として参加することができます。
メンバーシップの詳細、登録については下記のリンクからご覧下さい。
アジア部門のサイトも段階的に下記サイトへ移行いたします。

http://www.professionalwomensgroup.com/

Asian Networkのイベント予定:
2009年6月:「Open Event for Business Owners and Starter」:ビジネスオーナーの方、これからビジネスを始めたいと思っている方向けのイベント

2009年9月:「Business Culture in Asian World」:アジア世界におけるビジネス文化について

となっています。お楽しみに♪

ご意見、ご質問等はコメント欄、あるいは右記メール送信フォームより受け付けております。
なお、ご連絡の際には必ず返信先とお名前をご記入ください。

スキーで祝う

livigno1.jpg
快晴快晴!!!




1月生まれを連れて、スイス国境より10kmにあるイタリアのLivignoへスキー&スパ1泊2日旅行へ行ってきました!

朝7時にいつものオランダカップルに車でピックアップしてもらい…(方向は逆なのに、わざわざ迎えに来てくれました)一路目的地へ!

途中、いくつかの近場スキー場があること、経済会議開催中のDavosへ向かう道であること…が重なり渋滞になるか!?と思っていましたが、案外スムーズ。

が、このLivigno…到達するまでが結構大変なんです。
なんでもミラノからは5時間くらいかかるらしく…スイス側から入った方が早いです。

でもそのスイス側から入るのも冬場になると山の峠は「雪で通行止め」。
そのため、車を列車に積んでトンネル抜け。
ここで待ち時間が入ります。

列車トンネルを抜けた後も「一方通行」のトンネルがありまして…ここは時差でイタリア側、スイス側からの車の進入をコントロールしています。
ここでも待ち時間。

というわけで、土曜日に向かうとなると結構大変です。

驚いたのはたくさんの「チェコ」や「ポーランド」ナンバーの車が続々とLivignoへスキーにやって来ていること。
なぜ東欧の人に人気なんでしょうね…。

Livignoで宿泊したの4つ☆「Lac Salin」

素敵なスパ施設がついていて、しかも各部屋がお洒落にまとめられていました。

到着早々、ホテル近くのパブでランチ。名前はMarco's Pubだったかな…スキーのインストラクターもイタリア人のM氏もお薦め。

そしていざスキーへ出陣。
2時間のレッスンを受けた後、思い切って3000m山頂近くのゲレンデから滑走を試みましたが…
クタクタに疲れていたのか…標高の高さで疲れてしまったのか…思うように滑れず、残りの半分はリフトで降りました。

3000m付近からの滑走は雪がちょっとアイス…(といっても全然良い雪ですが、サラサラの雪と比べる…ということでご理解ください)で、初心者の私にはコントロールが難しかったです。


3000m.jpg

3000m付近


本当に良いお天気でスキーをたっぷり満喫できました。ちなみに気温はマイナス10度以下でした。

スキーの後はスパでゆっくり体を温め…おいしい物を食べに出陣!

今回のレストランは街でも評判、予約無しではなかなか難しい(らしい)レストラン「La Pioda」(oの上にはウムラウトがついています)へ。

5つの種類のお肉を石の上で焼いていただくお料理や、Livigno地区のパスタ、地ワインをたっぷりいただきました。

デザートはホームメイドのスイーツとフルーツのチョコ・フォンデュ。ダークチョコのほろ苦さとフルーツの甘さが絶妙でしたよ♪


ligngonight.jpg
陽が沈んでも美しい谷間の村です。


翌日は雪が降り、視界がそこまで良くなかったので私とSちゃんはスパで「Hot Stoneマッサージ」を満喫。
その間、殿方は凍った湖の上を走る4輪車乗りに、出かけて行きました。


childlivigno.jpg
インストラクターと握手中。
日曜日のスキーレッスン。
子供達…なんだかドキドキしてる様子が伝わります。


帰り道は少し渋滞にはまりましたが、予定通り帰宅。
車を運転してくれたオランダ人カップルに…「渋滞してる時間だから、うちで“豚骨ラーメン”食べて行きなよ」と誘い…、博多の名物豚骨ラーメンを作ってあげました。

次回は3月にまたスキー旅行に彼らと行く予定です。

とっても楽しい素敵なお誕生日旅行、ありがとう!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。