In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4年振りの神戸

クリスマス・イブ。
東京から神戸へ移動しました。

新幹線から雪化粧の富士山を見て、駅弁をおいしくいただいて…まずまずの滑り出し。

今回の神戸滞在の最大の目的は…

1.その昔住んでいた神戸の街をM氏姉夫婦に見せる
2.この街でお気に入りのレストランでイブのディナー
3.お気に入りのうどん屋さんで思う存分うどんを食べること

そしてメインイベントは…

神戸滞在時によく通ったワインバーへ行くこと。





kobe.jpg

2004年に約4ヶ月滞在した神戸。
海外へ引っ越したハズ…だった私がパリに越した2ヶ月後に居た場所。

いろいろな方とお会いし、いろいろな発見のあった神戸生活。
そんな4ヶ月の中で美味しい想い出もたくさん。

イブのクリスマスディナーはそんなお気に入りリストの中のトップに来る「The Garden Oriental 蘇州園」
昭和初期の美しい日本建築、東洋と西洋の見事な融和が素晴らしいデザインの環境だけでなく、細かく手の行き届いたお料理とサービスは多くの人を魅了しているレストランです。

以前、姉妹店の「The House of Pacific」に行ったこともあるのですが、ここもまた素晴らしい雰囲気を持つレストラン。

神戸に居て、何かのパーティーや特別な時にこの2店舗を使っていました。

実は同じ系列のレストラン&ホテルが福岡にもあるんですよ。
今回は博多にあるその1つも帰省中に行ってみようと計画中であります。

ディナーはクリスマス用のコース。
お味も良く、盛りつけも素敵。メインディッシュに使われていたお皿が…私の大好きなとあるフランス陶器ブランドの物でした。
思わず確認のためにお皿の裏を眺める私…新しい色使いのお皿にまた1つ…購入リストが増えました。

さすがにイブということで、周囲のお客様は全て「カップル」。
家族利用は私達だけ…。日本のクリスマス・イブの文化的相違が顕著にあらわれていましたよ。

夕食後は三宮繁華街へ。
4年前に居た時、しきりに通っていたワインバーがあります。
とても美味しいワイン、コールドディッシュ、そしてオーナーさんの人柄に惹かれてM氏と私が行っていた場所。

実は…繁華街の小さな小道をすり抜け、すり抜け通らなければならない道で…この4年の間に場所が何処だったかすっかり忘れてしまっていました。

「あぁ、もう見つけられないかも」

と諦めていたその矢先。

「あ、ここ覚えてるよ」

と微かな記憶が蘇ります。

そして見覚えのある入り口が…。

しばらくして店内に戻って来られたオーナーさん、私達を見て

「あれ?」

という表情。

「4年振りにここへ来るために神戸に来ました」

オーナーさん…
「覚えてますよ。あのxxxxワインをご指定される外国人のお客様はいらっしゃらないですから…」

と。

そう言えば…ありましたそんなコトが。
ラマダン中のパキスタン人とその旦那様(スイス人)、私の母、M氏と5人でフラリと立ち寄ったある夜。
M氏のご指定で4万円のワインを空けたことがありました…。
このワインは今でも私達の「夢のワイン」。
それ以来、友人夫婦もこのワインバーへ通っているのだとか。

ワインが愛おしくてたまらない…という雰囲気が一杯のオーナーさんのお薦めで今回は新しいワインを開拓。
1年に約3700本だけの生産でニュージーランドの地でワイン作りをされている日本人の方の農園から届けられた1本、それからヨーロッパでも500ユーロの値がつくような極上ワインのテイスティングも。

「ワインの楽しみ方をしていらっしゃるから…」
というご厚意でいつもこうして様々なワインを出してくださるこのワインバー。

あぁ、暮す先々であったらいいのになぁ…と思いながらの時間でした。

wine.jpg


今朝は京都へ移動する前にお気に入りの「うどん屋」さんでうどんを食べたい…。
と、ひたすらそれだけを思って起床しました。

それでは、準備します。
スポンサーサイト

日本って…

現在、東京にいます。

今回は初♪BA(British Airways)ビジネスクラスで日本入りしました。
ミラノのリナーテ空港・BAラウンジでしっかり朝ご飯を食べ、ヒースロー空港の新しいターミナル5では専用ラウンジの食事、シャワー&スパを楽しむことができました。

機内では180度リクライニングのシートでのんびり&ゆったり空の旅。

成田空港からはエアポートシャトルで都内のホテルに移動し、早速power nap(元気回復の昼寝)をとった後、都心界隈を散策。クリスマス色に染まる街の喧噪を楽しみました。

それにしても驚いたのは到着した日の気温の高さ!まるで「春」。
ダウンコートを着ていましたが、あまりに暑くて仕舞には「半袖」でウロウロ。

雨が降り出した昨日はようやく冬らしい気温でしたが、暖かい冬はなんだかしっくりこないですね…。

2日目の夜、原宿にある小さな「とんかつ」屋さんに入りました。
なんの気無しに見つけた看板に惹かれたらしいM氏。なぜか…彼の食べ物センサーはぴか一!
豚しゃぶ鍋とヒレカツセットを1280円で頂いたのですが、これがとてもとても美味しくて。本当に感動しました。M氏姉夫婦も「Buono, Molto Buono」と絶賛。
お店でテキパキ働く若いお嬢さんの感じがとても良くて、これもまた日本らしい心遣いサービスだなぁと感動しました。

帰り道、地下鉄の連絡通路を通りながら思いました。

朝やお昼間、同じ連絡通路を通っているサラリーマンやOLさん達の顔はしかめっ面で、半分ゾンビみたいなのに…

夜になると皆、大きな「笑顔」で楽しそうに会話をしながら歩いています。

仕事の後、会社の仲間と飲みに行ったり、食事に行ったりした後なのでしょうね。

そんな姿がどこか面白く、良いなぁと思える光景でした。

様々な年代のグループが混じって家路につく(のか、また次のお店にいくのか…)日本のサラリーマン&OLの力強さ!?を感じた瞬間です。

大雪のチューリッヒより

なぜか「大雪注意報」とかが出ていない時に限って「大雪」になる…ような気がします。

起きたら外はどか雪で、同じアパートにある保育園の園長先生が雪かきをしていました。


スケジュール多忙が続き寝不足・休養不足がたたったのか今日は朝から顔がパンパンになっていて…これは体を休めなければ…と思いながらもお客様からのリクエストが入ると分かっていたので、ブーツを履き思い体を引きずりながら雪の中出勤です。

午後から帰宅しようとおもっていたのは甘かった…。
そういう時に限って時間のかかるリクエストが入るんですよね。

実は今日の夜、オフィスのクリスマスパーティーが開催されるので出席するつもりでいたのですが、
ここを無理して行くと後が大変だ…という感じだったので、お一人様220CHFのパーティー出席を諦めました。
スポンジ社長…替わりに行ってくれる人見つけたんでしょうか。

顔がかなり浮腫んでいたので同僚達も何かがおかしい…と気づいたようで「早く帰りなさい」と後押ししてくれます。

同じ階にある他のオフィスの人まで「もうパソコン消して帰りなさい」と。

パーティー欠席の連絡を受けたスポンジ社長の奥様は…
「ここは日本じゃないんだから、気にしないで帰って休みなさい。」

なんとありがたい環境なんでしょう。

「あなたの風邪を健康な人にまでうつさないでね」という考え方が根本にありますからね。

普段なら少しくらい無理をしてでもパーティーの席には出席するのですが、さすがに移動が控えているので今回は大事をとることにしました。

明日も家で待機します。

10時に帰宅して思うこと

気がつくと夜9時でした。

1人…残業の今夜。

M氏は会社の人達と夕食をとっているということで「今晩は何を食べようかな」と考えながら帰宅したのは10時。

ふと…思ったこと。

日本だとコンビニや夜遅くまで開いている定食屋さん、レストランで夕食済ませられるのになぁ…

ということ。

チューリッヒはスイスの大都会なので他の街よりお店の営業時間は長いにしても…それでもやっぱり遅い時間になると選択枠はとても狭まります。

けれど、かと言って日本的コンビニ生活が懐かしいとか恋しいとも思わなくなった昨今。

ヨーロッパ的「スローフード」感覚が随分と身に付いたと思います。

冷蔵庫にあるもの、残りものの手作りフードでなんとかこしらえる。

夜10時に帰宅して冷蔵庫を開けたものの、野菜すら入っていない我家の食倉庫。
ずっと忙しくてスーパーにも行けていません(泣)。

とりあえず昨晩炊いておいたご飯を「味噌雑炊」にして、さらに油揚げを入れて夕食にしました。

明後日以降は毎日パーティーのため外食続き。

その後は日本へ飛ぶので…ついでに明日も外食して食材を買わないようにしようかな…と思っている月曜の夜です。

Category : Job

クリスマスパーティーと初滑り

土曜日はCHnetworkのクリスマスパーティーを開催しました。
今回はローカルなレストランで「チーズフォンデュ」。
様々な国&職業の19名のメンバーが集合し、とても楽しいパーティーになりました。

今回、パーティーの「メインイベント」として…「10CHF」のプレゼント交換を企画したのですが、大好評をいただきとてもホッとました。

来た人から順に「くじ引き」をして、くじの先についた不思議な暗号番号の順にさらに別の「くじ」を引く…。
しかし!「くじ」を引く前に自己紹介をしてメンバーからの質問に耐え抜けなければならない!!!(笑)というヒネリを入れてみました。

今回初めて参加した人達が多かったので、他の人のことを知るのにちょうど良い方法でした。それから飛び交う質問がこれまた面白くて…。

楽しいパーティーになりました!大成功♪

夜中まで続いたパーティー…他の人達はそれから更に飲みに行ったようですが、私は12時前に帰宅。

というのも翌日、M氏&同僚と一緒に「初滑り」が待っていたからです。

ついに、マイスキーで行ってきました!スキーinスイス♪

4年前に1度スイスで行ったきり。
私は初心者でございます。

が…ほんの5分、M氏にコツを教えてもらったら…滑れるようになりました。

上級者の2人とは別々に滑るので、1人で滑って、1人でランチ。
今では1人でそんなことまで出来るようになったんだな…ぁ。

他の人達がランチを食べている時に、私はプライベートレッスンを90分受けました。

が…「もう滑れるから、さっそくゲレンデを降下しましょう。」

と…初心者なんですけど…ぉ(冷汗)で滑走しました。

昔だったらぜったい恐怖心一杯で「先生ダメです!」と半泣きだったはずなのですが…なぜか今回はそんなこともなく無事滑走。

懲りずに2回も滑走しまして…自分事ですが「驚きました」。

M氏曰く「いいスキー買ったから上手く滑れたんだね」…え?

でもそれも一理あると思います。レンタルで滑るのと違ってマイスキーだとどこかしっくりくるんです。

年明けはまたスキー通いの週末になりそうです。

あ…写真ちゃんと撮ったんですが…カメラにカードが入っていなくて画像記録出来ていませんでした。景色がとても綺麗だったので…残念。

12月6日はプレゼントをもらう日


ランチを食べ終えてオフィスへ。

すると…な~んか今まで見た事のない物体がデスクの上に…

思わず「可愛いぃ~」と叫んだ私が見た物は…


Stnicolas.jpg


パソコンスクリーンの端に登場したのは…12月6日のセント・ニコラウスの日を祝ってスイス辺りで食べる習慣のある「人形パン」。
オフィスの同僚マネージャーが1人ずつプレゼントしてくれました。
この習慣や歴史背景を知らない私は、すぐさまMRスイスマネージャーへ質問にダッシュ!
人形の名前やどうしてこういう人形パンを食べるのか教えてくれました。

が…メモするのを忘れて記憶は9割消失。

お腹が空く夕方に食べようとデスクに立てたままだったのですが、とてつもなく忙しくなって結局明日へ持ち越し。

でもあまりに愛らしい癒しの表情をしている人形パンなので、食べるのがおしいような…。

それからスポンジ社長も何やら「美味しいもの」がたくさん詰まったプレゼントを1人ずつプレゼントしてくれました。

12月6日にプレゼントをくれるのは「セント・ニコラウス」、12月24日にプレゼントをくれるのは「サンタクロース」。
同一人物らしい…。

ちなみにイタリアの子供達は12月6日も24日もプレゼントをもらうんだって。
それって甘やかされてない?(笑)

10スイスフランの贈り物

来週の土曜日にCH networkのクリスマス&忘年パーティーを開催します。
毎度毎度のホッキ人Marinkaです。

今回はちょっと面白い演出をしたいな…と思って考えたコト。
それは…

「10スイスフランの贈り物」

ちょうど今、20人以上の多国籍男女が集まる予定で、その誰もに当たってもいい贈り物を持って来てもらうように伝達したところです。

ご存知のようにスイスは物価が高いので…と言ってもこのところの円高(1フラン=80円以下にまでなってます)なので、大して物価が高いと思わない人もいるかもしれませんが…
とりあえず、10スイスフランで買える物って結構限られているんですよねぇ。
作るにしても材料費の方が高くつのが悩みの種だったり…。

でも、頭をふりしぼって、創造性豊かな心を持つ人ならば10スイスフランでも素敵な贈り物を用意できるはず!?
と勝手に期待しているネットワークマネージャのMarinkaです。

伝達したのはいいのですが…私自信何を準備しましょう?
一緒に参加するM氏はこういうの気にしない人なので、多分私が決める羽目になるんです!

とりあえずいろいろ考え中。

皆さんだったら何を準備されますか???

スイスのプロジェクト本格始動

PWGASIA.jpg


今日は以前から少しお話をしていた私の「プロジェクト」についてお話をします。

この夏に「チューリッヒ発のプロジェクト」を立ち上げようと思い立ちました。

あれから約半年、いよいよ本格始動です。

今日の段階で、既存する「Professional Women's Club in Zurich」(以下、PWGと省略)との提携活動に第一歩のGoサインができました。

アジア部門の設立の目的は…

1.増えるアジアの背景を持つプロフェッショナル女性達をつなぎ
2.スイス国内外とアジアを結ぶビジネス活性化のサポートをする
3.スイスのプロフェッショナル社会でチャンスを探す女性達のネットワーク構築とサポート
4.プロフェッショナルな点だけでなく身近な生活で起こる女性達の悩み、経験のシェアとサポート
5.地域社会への貢献

そのための「ネットワーキング」の場を提供し、人と人、人と仕事、人と企業、人とビジネスチャンス、人と心をつなぐためのサポートをしていくのが「PWG Asian Chapter」です。

そして何よりも「アジア」だけでなく、多国籍プロフェッショナル達とつながりを持つことのできるPWG+アジア部門の提携・設立はこれからスイス社会で自立を目指す女性達、スイスでプロフェッショナルとして活躍する女性達の相互理解、ビジネスチャンスの拡大などで役に立てて頂けると信じています。

アジア部門の母体となるProfessional Women's Club in Zurichは国籍、職種、在職の有無などは問わない向上心のある女性達のグループです。
ご興味のある方はぜひ一度イベントに参加されてみませんか?

来る12月9日(火曜)にはProfessional Women's Club in Zurich設立25周年を祝う盛大なパーティーがチューリッヒ市内のマリオットホテルで行われます。
参加はメンバーで無い方もOKです。

詳細・参加登録は以下のサイトよりどうぞ。
http://www.professionalwomensgroup.com/

私も参加します。


さて…アジア部門では2009年4月上旬に「設立イベント」を行います。
開催イベントは「キャリアステップアップ&スイス就職活動」についてのプレゼンテーションを予定しています。
ゲストスピーカーとしてスイスで活躍するヘッドハンターや企業の人事担当者を招く予定です。

今後、「こういう内容も取り上げてほしい!」という要望を皆様から随時募集しておりますので、ぜひ皆様のお声をお聞かせください。
リクエストはコメント、メール送信(右)から受け付けております。

アジア部門のサイト(仮)もよろしくお願いします。*今後、母体のPWGへ随時統合していきます。
http://apwz.wordpress.com/
mail: click here

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。