In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロピカルと雪


カウアイ島を出たのは月曜の朝。
そのままオアフ島へ移動し、車を半日レンタルして一路Kailua Beachへ。

実はこの日、現在LA在住の大親友がご主人と愛娘&お友達と一緒にオアフのノースショアにバケーション滞在中!というわけで、一路彼らの向かったビーチへ私達も車を走らせました。

親友Aちゃんと最後に会ったのはかれこれ4年前。
今回のアメリカ旅行でLAにストップしたのも、彼女とその家族に会いたかったから。
そして今回はタイミング良く、彼らもハワイ入りしていたので最後にゆっくり海を眺めながら時間を過ごすことができてとも幸せした。

Aちゃんから「Kailua Beach」に行くよ!とメールが入ってから約30分後に私達は到着。
ホノルル空港から車で20分程度なのに、信じられないような美しい海…。
M氏もビーチに出た瞬間「え!!!何これ!?!?!めちゃめちゃ綺麗!」と感動していました。

こんな綺麗な素敵な場所に導いてくれたAちゃんと家族&お友達に感謝です!

kailua.jpg

そして夜9時の便でホノルル空港を出発。
5時間のフライト後再びLAへ戻り…朝5時に到着してから7時間のストップオーバー。
あまりに疲れていて、今回はさすがに空港のでzzz....してました。

そこからまた5時間かけてデトロイト空港へ。

そこからさらに7時間かけてパリへ…。この時の機内はガラガラだったので、空いている席を占領して横になることができました。一度も起きることなくパリに到着。

パリでは4時間の待ち時間…。
Paulのカフェで久々のヨーロッパ食を食べて幸せ気分の私とM氏。

免税店で化粧品の買い込みをして、スイスへ戻りました。

…で、到着したチューリッヒは雨。

眠くてカウチで数時間眠っていたのですが、ふと天窓に目をやると…
白いものがどっさり

え!?

雪。

今朝、起きてみると…10センチ以上積もっていました。

IMG_9517.jpg

おかげさまで、庭のコスモスは完全に倒れて壊滅状態。
(これで庭の手入れの手間が省けました!?)

本当は今朝、早朝からイタリアに行って「トリュフ」を食べる休暇に入る予定だったのですが、M氏の体調のことも考えて延期とし、残りの休暇は到来のチューリッヒで温々とハワイアンミュージックを聞きながら過ごすことにしました。

スポンサーサイト

ANARA Spa @Grand Hyatt Kauai

カウアイ島滞在のしめくくりは…
Grand Hyatt Kauai Resort & Spaにある"ANARA Spa"で1日のんびり&リラックス。

何もしないで、ひたすらスパのプール、ジャグジー、サウナを満喫した後はM氏と一緒に「ロミロミマッサージ」を受け、その後私はフェイシャルトリートメントを受けました。

スパ自体は普通なんですが…何が良いかって…マッサージに使われる別の棟にある建物とそれを囲む緑の環境が最高でした。
よく実際に行ってみると…ウェッブサイトやカタログの写真とは違う雰囲気だったりすることってありますが、このANARA Spaのボディーマッサージ用の専用棟は写真の通り!いや、それ以上に素敵でした。

どんな様子かは↓のサイトでご覧下さい。
http://kauai.hyatt.com/hyatt/pure/spas/


今日は午後から雨が降ったのですが、ちょうど雨が降り出した時にマッサージ棟へ。
緑豊かな小道をとおり、通されたのは待ち合い用のオープンスペース。

すべて木で作られたその建物は南国ならでは。
風通しも良く、深く心地の良い椅子に座って、木や葉に落ちる雨音を聞いているだけで至極の世界
もう動かずにそこにずっと居たい…気持ちになります。
待ち合いスペースでは冷たいお水とトロピカルアイスティーが用意されています。

しばらくすると、担当の方がお迎えに来てくれます。
そしてマッサージを受ける場所がこれまた素敵。

深い緑の木々に囲まれ、を感じながらロミロミマッサージ…。
担当してくださった方の施術がとても良く、何も言わずとも私が抱えている肩と首のコリを見事にほぐして下さいました。

その後は別室でフェイシャルをしていただいたのですが、これもまた気持ちよく日焼け続きだった私の肌はとても元気になりました。
担当の方と結局施術中おしゃべりしっぱなしで、とても楽しかったです。

お値段は決してお手頃ではありません…。今日はスパに600ドル(冷汗)。

でもM氏の体力回復のために…、アクティビティーあんまりできなかったし…、それに他にもいいことあったし♪
という言い訳をならべて…たっぷり贅沢しちゃいました。


Category : USA

<カウアイ島>旅…続く

100%の体力でない辛そうなM氏を引きづりながら、ワイメア・キャニオン、ハワイ原住民にとって神聖かつ最初の生活の場であったNapiliを海か眺めるクルージング、そしてカウアイのノースショアに出かけました。

waimea.jpg
ワイメア渓谷
M氏…一言「グランドキャニオンの小っちゃい番だね…」
ええ、まぁぁ…そんな感じです。

hanapepe.jpg
カウアイ島で最初に移住者達が住み着いた街「ハナペペ

hanapepe2.jpg


napili.jpg
あまりの神秘的な美しさと険しい自然に圧巻。
そこにハワイの先住民は長いこと暮したというから驚きです。
ここはmust goの場所ですよ!

sunsetnapili.jpg

ヨットに揺られながらサンセットを。
シャンパン付きだったのですが、シャンパンどころか…あまりにまずい発泡酒
皆飲んでたけど…まさかこれがシャンパンだとは思ってないよね…?!?

この日は波が高く、up&downが凄かったです…。乗り物酔いする方や、波が怖い方にはお薦めできません。

tarofirm.jpg
カウアイ島の北側に広がる「タロイモ畑」の景色はとても美しい!

MB.jpg
ノースショア、Hanaleiのカフェにて。
M氏「見て、僕のイニシャルだよ。」
…あのぉぉぉ、これは"Monkey Berries"というスムージーの名前のイニシャルなんですが…

densen.jpg
Hanapepeの街でふと上を見上げると…なんだかなつかしい気分になりました。
こういう電線って私が小さい時に田舎にあったよな~って。





Category : USA

<カウアイ島>ひとりで。

ずっと来たかった島にようやく来れたのに、じっと海を眺めているのは私の性ではありません。M氏もそれは周知のこと。
もっとも私が部屋にいると、ウルサいし、横でちょっかい出すので、ゆっくりできないらしいM氏。そこで私は車を出して、1人で島の北側までドライブに出かけました。

滞在している場所の近くにある小さな街の入り口は大きな木が道をおおい、まるでオアシス
treeroad.jpg

木のトンネル」と言われる、直線道。左右に植えられた木がトンネルのよう。
treerunnel.jpg

滞在中、何かとお世話になるお店。日系の方のお名前ですね。
shop.jpg

1人で車をへ走らせます。
ハイウェイをはずれて、誰もとおっていない道へ入り込んで振り向くと…
umi1.jpg

カウアイ島には神秘的な山と緑がたくさん…
yama.jpg

20マイル/時速…いいですね~のんびり。
umi2.jpg


毎日、サンセットを見に海岸にでます。
有名なレストランが隣にあることもあって、サンセットの時間になるとわざわざレストランから出て来て写真を撮る人であふれ…辺りは
sunsetk.jpg

昨日、サンセットを眺めていると…今のジェームス・ボンド役にそっくりの…(顔、髪型、そしてあの筋肉…)とても素敵な男性がサーフボードを抱えて海から上がってきました♪
見とれてしまい、写真はありません(笑)
sunsetk2.jpg

ご心配をおかけしております、M氏の体調ですが…大きな注射と薬の効果があったようでずいぶんと回復しています。
本人の意向で最後まで旅を続けることに決定です。

Category : USA

<カウアイ島>病がひどくなる前…これまで。

パラダイスの島、カウアイ島。

いいですよ
smile.jpg

上の写真はレンタカー会社で見つけた「スマイルマーク」。
パラダイスにいるから、スマイル

スマイルできるのは、健康な人ですよ…

逃しちゃいけないアクティビィティーを全てキャンセルする羽目になっても、いいですよ。

なんとも言えない独特の雰囲気空気が好きです。

M氏は多分、エビがたくさん食べられて、カウアイ島のこと好きだと思います。

shrimp2.jpg
Kuhioに突然出没するこの看板に魅せられて、たくさんの人が立ち止まります。

shurimp.jpg

14尾のエビガーリックと絡まっています。
これで11ドルちょいだったんですが…高くない?

このエビを食べたほんの1時間後、私達が向かったのはさらに西にある小さな町にある
Shrimp Station」!
shrimp3.jpg
emishop.jpg
なんでもかんでも「エビ」。

ココナッツエビフライ、おいしかったですよ。






Category : USA

<カウアイ島>Sh**t Happens

M氏、肺に攻撃を受けていますね~

今日、カウアイ島の病院で診てもらったら…そういう結果でした。

ラハイナで診てもらった時は大丈夫だったのですが、どうやらその時に処方された薬が

的外れ

だったようです。

副作用のかなりヒドい薬、しかも抵抗力を弱める作用のある薬を出されたことをネット調査で発見。

そこでカウアイ島の先生に診てもらったら

「I cannot believe the doctor gave you this medicine!?!? 」

と一言。

こっちの方が

「I cannot believe!」

です。

というわけで、海外旅行保険でのリターン費用が100%カバーされることが確認できたら明後日にでもスイスに帰ることを考え中。

太平洋を眺めながらの療養はあまりにも「」です…

美しすぎて…じっとしているのがもったいない



Category : USA

<マウイ島>その後

mauibeach1.jpg
約6日間のマウイ島滞在でM氏が海に入ったのは1時間未満。
しかも2人して大きな波に何度も飲まれて、水面下にある岩に足をぶつけて半分おぼれるか!?と思う羽目に…

ラハイナの町診療所にM氏を連れて行き、診てもらったら

「Sham on you! How could you get sick when you are in Maui!!!」

と先生に言われたそうです。

その通り。

無事に生きていますのでブログでお知らせしておきます。


mauibeach2.jpg



mauihanabee.jpg
大きな綺麗な花に蜜蜂がたくさん集まっていました。

蜜蜂、普段見るサイズより大きかったです。


mauisunset.jpg

部屋の目の前は砂浜ビーチ。
夕陽も綺麗。
毎日、サンセットの時間になると多くの人がワインやビールを片手にビーチに集まり夕陽が沈むその光景をしんみりと眺めています。

dolp.jpg
スノーケリングに出た帰り道、「ハワイのカメ」と「ハワイのイルカ」に遭遇しました。

あっと言う間のマウイ6日間。
本当は「Hana」まで行きたかったのですが、今回はM氏の体調を考慮して断念。

というわけで、昨日から「カウアイ島」に移動。8日間の滞在です。

Category : USA

<マウイ>地球のどこかで


昨日、オアフ島からマウイ島へ移動してきました。

オアフのお天気も今イチでしたが、マウイも今イチ。
それに加えて、プロペラ機の荷物重量調整のため私達のチェックイン荷物が勝手におろされ、別々の到着。
1時間のlossです(泣)。

滞在はホテルではなくコンドミニアム
アパートを借りて、住んでいるように滞在したい方にはもってこいです。

空港で車を借りて、一路コンドミニアムのある場所へ車を走らせたのですが…
持っている携帯電話についているカーナビを使ったら、なんと…

4輪駆動車しか通ってはいけない(らしい、とローカルの地図に書いてあった)極限に近い小さな狭い絶壁に近い道

を通る羽目に。

レンタカーのブレーキ、多分かなりすり減ったでしょう。

でもそのお陰で、普段は絶対に行かないだろう地帯へ足を踏み入れることもできて、おいしいローカルの人の手作りケーキも食べられたし。

景色を見て思い出したのは、大昔に仲良くしていたハワイ出身のサーファー友人が見せてくれた写真の場所だ!ということ。

そして予定より2時間近くも遅れて到着した場所は…


maui1.jpg

ビーチと向こうに見えるモロカイ島の景色

ビーチは部屋から5m
朝から晩まで波の音を聞いて過ごせるのは幸せ。

到着した私は…主婦ですね。

すぐさま洗濯です。

洗濯機はコンドミニアムの部屋とは別の集合洗濯所にあります。
なんだかキャンプか寮生活みたい。

今朝は朝6時から起きて、散歩した後にバルコニーアイロンがけ

肝心のM氏。

熱はないけど咳がとまりません。

そのお陰で、海にも入らず。

何もするエネルギーがないらしく。

今日はこの後、ラハイナにあるお医者さんに診てもらうことにしてます。

というわけで、Marinkaは1人で海を満喫中。




Category : USA

<写真>地球のどこかで…







lv2.jpg
イタリアのローマに居ます…


というのは冗談で…
(写真はラスベガスの一角)


ca.jpg

いよいよ大統領選も終盤(今晩は最後の候補者ディベート!)のにいます。


malib.jpg
西海岸のとあるビーチ


lv1.jpg
べガスで宿泊したホテルの部屋から↑の夜景


gc.jpg
10時間の運転も、スピード違反で警察にストップされても、なんのその…
グランドキャニオン
へ。
朝6時に起きて、朝焼けのキャニオンを撮影してきました。
寒いです…
寒さ対策不十分でした…。


なのであたたかいトロピカルの島へ。
hl.jpg

日本人観光客があまりに多くて多くて多くて
M氏は「ここは日本人観光客の植民地じゃないか!」と言っていました。

なので…!?これから別の島へ移動です。











Category : USA

進出!中国 & USA

今日の写真は小さめにしておきます。
なぜなら…













butaashi.jpg



驚きました?

週末、イタリアのベルガモに戻っていたのですが、散歩していて見つけた「???」な風景です。

多分「プロシュート」(生ハム)として売られていたものだと思うのですが…それにしてもこれは結構ショッキング!?でした。



じゃ、気分転換にもう1枚。


chari.jpg


これもベルガモにて。

真ん中の「青いニット帽をかぶった赤ちゃん」が、とても気になります。
どう見ても日本のような「前乗せ」シートがないんですよね…。
写真をひたすら連写する私を皆さん気にしながらスぅぅぅ~っと通り過ぎました。

さて、疲れに疲れきっていた私…。

無事にオフィス「中国進出」用の広告を完成いたしました。

今回…大々的に私Marinkaがアマカメラマンとして撮影した写真を使っての広告でございます。
本当は次回の写真展まで密かにとっておきたかった…のですが、雑誌掲載記事の内容とピッタリ当てはまる写真だったので使ってしまいました。

広告の片隅には

「 ©Marinka」

と打っています♪

広告はスイスー中国間のスイス航空ビジネスクラスをはじめとしたスイス・中国ビジネス会員企業に配られる雑誌に掲載予定。

そして…USA進出は明日から!!!

といっても、休暇90%、仕事10%。

しばらくの間、スイスを留守にします。

当面の間はUSAのどこかで「In Tutto il Mondo -地球のどこかで-」を発信しま~す。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。