In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週は毎日深夜帰宅でした。

M氏と顔を合わせたのは朝の出勤時だけ。

明日は夜のイベントまで家で片付けでもします。

イベントは「チューリッヒの夜景を見ながらディナー会」です。

急遽、開催を決定したにも関わらず10名以上の方、しかも新しいメンバーがかなり来てくれるのでとても楽しみです。

日曜は早朝からルガノ行き。

ん~、睡眠不足。

スポンサーサイト

夏はまだ…

もう夏は終わった…と思っていたのですが、日曜は朝からとても良いお天気で気分爽快。
めずらしく正午前に家を出て湖畔へ。

この週末はチューリッヒ駅で「Gruetzi India」というイベントがあっていて、インドの舞踊や食などを楽しめるようになっていました。私の目当てはもちろん「食」。

3.jpg
インドのリクシャーとスイスのホルンが合体。

4_20080825043002.jpg


いつものカフェで「マンゴーラッシー」を頂く予定だったのですが、ランチ時間中で人がたくさん…、そのまま老舗カフェで「ホットチョコ」を飲みながら新聞に目をとおし…
湖で「足こぎボート」に1時間乗り、噴水の水に打たれてきました。

次回のお天気が良い日には「モーターボート」を借りて、水着で乗り込み、そのまま湖へ飛び込もうと思います。(ちなみに、ここでは可能です…こういうの。)

1時間の足こぎボートではたくさんの太陽を浴び、その後は景色の美しい湖畔の「Aqua」というbarでプロセッコを飲んで、帰宅。

1.jpg
barのテラスから


自宅の庭でもワインを飲み…、飲み過ぎ食べ過ぎの私は1人裏山へサイクリングへ。
2.jpg
街の中に住んでいても自転車で数分走れば…↑の景色です。
5.jpg
知り合いはこの牧場にミルクを買いに行きます。卵も売ってくれるそうです。
6.jpg
干し草が…


来週の週末もこんな暑い日になるといいですね…。

あ、それから余談だけど…ついにiPhoneが到着しました。(嬉)

this weekは…

tasting.jpg


Professional Women's Club in Zurichのワインテイスティングに行ってきました。

今、私はアジアの背景を持ちチューリッヒのprofessional世界で頑張る女性達を支援する組織の立ち上げを計画しています。
それに関連して、既存する別のクラブとの提携を提案するために参加しました。

様々な人と出会い、会話を楽しみながらシチリアワイン10種類をテイスティングし、深夜まで仕事のことを忘れて語り合ったひと時でした。


昨日の夕方、市内中心部で人と会う約束があったのでオフィスから歩いて待ち合わせ場所へ向かいました。

交差点の向こうにスペイン国旗を抱えたツアーガイドさんが見えます。

信号が青になり、ツアーのご一行様とすれ違おうとした瞬間…

「はっ」

としました。

それは、ツアーに参加している60代くらいと思われる皆さんが…

思い思いに何か1つ

「赤いもの」

を身につけていたことに気がついたからです。

ある人は「赤い靴」、ある人は「赤いジャケット」、ある人は「赤と白のストライプパンツ」だったり、ある人は「赤いスカーフ」だったり…

思わず私は何度も何度も振り返ってツアーの人達一人一人を眺めてしまいました。

なんて素敵なんだろう…と私はチューリッヒの人ごみのなかで思わず笑顔にならずにはいられませんでした。

近頃

秋の気配が…というと「もう?」と思われるかもしれませんが…
朝晩は随分と気温が下がるようになり陽が沈む時間も随分と早くなりました。
買物に出かけても夏物「半額セール」には目もくれず、秋冬物へ目が行きます。

そんな8月ですが、我家の庭では数週間前に花開いた「ひまわり」がその終わり時に近づきつつあります。その傍らでは…トマトが次々になっております。

ひま

toma1.jpg

toma2.jpg


イタリアから帰って来た時にはすでに4つのトマトが「真っ赤」になっていたので、すぐその場で摘み取って丸ごと「ガブっ」。
甘くてとてもおいしかったです。

このところ、何かと忙しい毎日です。
先週金曜日はバーゼル出張で約1時間半の商談を行いました。

うちのスポンジ社長、私が出張に出る前「バーゼルの地図持ってる?」と自前の地図を渡してくれました。そして…

「ここのあたりが、買物するのにいいよ」

…と心くすぐる一言を…。

商談後、M氏とバーゼル市内で夕食予約をしていたので待ち合わせの時間まで私は街散策を楽しみました。
そしてお買い物も。

この日、バーゼルの旧市街は「ジャズ祭り」でした。
美しい町並みの中に流れるジャズの音階…とても素敵でした。

夕食は、昔「工場」だったものをレストラン、カフェにした場所。
お食事もおいしく、天井に残るクレーンや壁の電気ボックスなどが心憎いほどおしゃれでたまりませんでした。



イタリアで日干しになった後…おかげさまで

イタリアで休暇のような休暇でないような(結局、地中海眺めながら仕事してました)5日を過ごしてスイスへ帰ってきました。

おかげさまで…、仕事がたくさん入って来ておりまして、忙しいです。

今までおじゃましていた方々のブログ訪問もままならない日々でして…また余裕ができたらコメント残しに行きますね。

休暇中はニースやモナコと同じ海岸沿いにあるイタリア海辺の街で毎日毎日…日干しになっておりました。

今回、新たな探検発見をしてきましたので、それはまた後日改めてアップします。

さて、スイスに戻ってからの近況は…

9月7日(日)にチューリッヒ湖畔にある「Kongresshaus」で開かれる

「Expat Expo」(入場無料で~す。ぜひお出で下さい。)

というビジネス展示会に参加するために、広告関係のデザインを仕上げている一方…

夏休みの最終週のせいか、各国からスイスへ引っ越してこられた駐在員およびスイス現地雇用で海外から転勤されてきた方々から生命保険や年金についての相談が入って来ていることもあり…1日8時間労働では足りない…そんな毎日。

それにプラスして…とあるビジネス組織からプレゼンテーション担当の依頼を頂戴し、短い時間ですが準備をすることになり…これまた帰宅してからも仕事をする毎日。

それでもって、兼ねてから考えていたプロジェクト立ち上げのことも少しずつ動き始め、来週はそのための面会があり…。

明後日は出張。

それからそれから…ビジネス提携の面会もあり…。

おかげさまで、忙しいです。

今日もそのことに感謝感謝。

移動:スイス→イタリア

この夏は特に休暇の予定を入れるつもりではなかったのですが、義理の両親のことがあり急遽休みをとってイタリアへ戻ることになりました。

というわけで、今日は仕事を早めに切り上げて列車でミラノ入り。
セスト・サン・ジョバンニの街にある新しい大型ショッピングモールにできたラウンジビアガーデンで夕食をとり、帰宅しました。
今晩は運良くこのビアガーデンで「ミス・ミラノ」の選抜を見る事ができました。
確かにキレイでしたが…どこか上品さにかける候補者達だったのが残念です。
いずれ各地の候補者達が絞られ、「ミス・イタリア」になるのですが、ぜひとも賢く美しい上品な方を選んでいただきたい…と思うのは私だけでしょうか。

今日は仕事でインターンシップ候補の面接をしました。
エネルギーに溢れる学生で、とある国のバックグラウンドを持つ人でしたので、私達の抱える顧客やビジネスマーケットに貢献してくれるのではないかという期待から来月から出社していただくように話をしました。

ほんの2ヶ月前は私が面接「される」側だったのですが、今は面接「する」側へ。
まだまだ勉強を重ねなくてはなりませんし、直属のスタッフを持つからにはさらに速いスピードで私は成長しなければなりません。

ここ数日、来月行われるビジネス展示会に使うカタログ作りに追われています。
子会社のカタログまで任されているものですから、時間がたりません。
来週はスイス・ドイツ語圏を中心にお客様訪問も続きます。忙しいのが好きなのでこうして次から次に仕事が舞い込んでくることはとてもありがたいことです。

今の会社に勤めはじめて「0」からマーケット開拓をしています。
というのも私の受け持つ部署はこれまで会社の中に存在していなかったのです。
ですが、私を雇うにあたって我らがスポンジ社長のアイデアで新たな部署を設立した…というのが背景です。
ですのでまずは先行投資の機会を増やしています。
雑誌への広告、記事の掲載、ビジネス展示会への参加、そして各ネットワークへの参加は不可欠な要素です。
人と会うことが好きな性分が今の仕事の支えになっているのだと感じる今日この頃です。

お休みをいただいているとは言え、遠隔操作で仕事をします。
イタリアの海辺から…。

スイスらしく

20808.jpg

スイスらしく…友人の結婚式がファームハウス(スイスには結婚式などのイベントをしてくれる農園があります)で行われました。

牧師は英語、スイス・ハイジャーマンそしてポルトガルを駆使できる人だったし、式を盛り上げてくれた歌い手さんはかな~り上手く、最後は「oh happy days」と皆で映画シスターズアクトばりの合唱になりました。

食事はこの農園で採れた野菜などの食材を使って作られており、美味しくて心のこもったお料理の数々でした。
サービスも良く、イベントに必要な機材も全て揃っています。
(次は私とM氏…、この場所を借りてイベントをしようと考え中)

この日は結局午前4時までパーティーが続き、それでも翌日はゲストと新郎新婦が揃って9時半の朝食に揃っていたから驚きです。

結婚式の翌日は快晴でした。私とM氏はそのままRigi山へ。

ジリジリ突き刺さる陽射しと爽やかな風に吹かれながら、Rigi山をワンピースとサンダルで歩いたのは私くらいなもんでしょう…だって、まさか行くとは思わず…結婚式と翌日のディナー用のおしゃれカジュアルしか持っていなかったんです。
rigi4.jpg
rigi2.jpg
rigi3.jpg
りぎ1



この日の夜はいつものカップルと一緒に「グルメディナー」の予定を入れていたので約束の時間まではRapperswilでのんびり。

rapw.jpg

M氏、Rapperswilへ行くのは初めてですが、かなりお気に入りのようでした。

それからこの日に気づいたのですが、実は5年前に私はこの街に足を運んでいた…といういことを。
当時、どれだけ下調べをせずにスイスへ遊びに来ていたのかよ~く分かりました。
…実は今でもそうなんですが…。スイス生活トータル3年目なのに、まだスイス観光ガイドブック持ってません。(レストランガイドはあるけど…)

午後7時、友人夫婦と合流して…
チューリッヒ州の端っこにあるとてもとてもお洒落なレストランでおいしい夕食をいただきました。ここはまたぜひ足を運びたい素敵なレストランでした。

追記:レストランの雰囲気だけでなく…思い過ごしかなぁ…働いている男性達が妙に「イケメン」ぞろいだったような…

次回はRapperswilの隠れたグルメを探しに行こうと思います。


うちの娘を…

「アプレンターシップ(研修生)の空きポジションはありませんか?」

…と、チューリッヒ市内のデパートで店員さんに言われました。

「うちの娘を研修生として数ヶ月雇ってもらえませんか?」

というアプローチです。

とりあえず

「じゃ、お嬢さんに私宛でいいので連絡をするように伝えてください」

と、名刺を渡して去りました。

アンテナをどれだけ広げて日常を過ごしているかで、明日の道が変わるんだな。

ちょっとした機会でも逃さなかったこのお母さんに拍手を送りたい気分です。



Category : Job
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。