In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週はじめ

昨晩は自宅でのんびりする予定だった私達ですが、急遽お隣さんから「ワイン」の声がかかり、喜んでおじゃまし…そのまま皆でドイツ対スペインの決勝戦も観戦。
お隣さんのご主人はドイツ人。

がっかりしてました…。

さて、週明けのチューリッヒ。
夜中に雨が降ったこともあり、どこかジトッ…としていてお天気は良かったものの日本の梅雨を思わせるような湿気のある1日でした。

でもヨーロッパの夏のいいところは、日陰に行くとサラっと涼しい風が吹くことです。

いつもはスイス鉄道の近郊列車でチューリッヒ市内にあるドイツ語学校へ行くのですが、今日は冷房のついているトラムに乗って学校へ。
仕事へ行くのにもなんとか新型車両に乗って冷房の中でのんびり…と思ったのですが、今日は旧型車両。トラムが停まると風が吹き抜けないので暑いのですが、走っている間はけっこう涼しいです。

さて、仕事をはじめて1ヶ月。
成果はどうなんでしょうか…と結構不安でもある今日この頃。
本当はきちんとマーケティングプランを立て、それに沿って営業活動したいのですが、出勤初日から「あれや、これや…」と課題が出て来て、何でもかんでも同時進行歯車状態です。

そんな6月最後の日、数週間前に広告掲載依頼しておいたある雑誌が発刊され、今日私宛に1冊届きました。
社長も他のスタッフも嬉しそうでした。
この広告がどれだけの効果があるのか、未知の世界ですが新たに進めていくビジネス路線なので私も楽しんで取り組んでいます。

さて、週末はリラックスするためにあるのですが、ビジネスを動かす人達は休みだろうがなんだろうが、頭の中はいつもビジネスのことだで大忙しなんですよね。

ここにも1人…それは我が社社長。

午後、社長はランチから戻ると…

「ちょっと、いい?週末にあれもこれもって、いろいろアイデアが出て来たから話をしましょう。」

まず最初の一言。

「君の下に新たに人を配属したいんだけど、いいかな?」

思わず…
しゃしゃ社長…、まだ3ヶ月の試用期間終わってないですよ…と思ったのと、突然のことだったのでうなずきも、頭を横に振ることもできませんでした。

「こういう人材が欲しいんだ!」

と熱く語る社長の姿を見ると、「じゃ、頑張りますよ!」という気になるのです。
これから1年くらいかけて、少しずつグローバルな人材を集めて行くのが社長のお考えのようです。

というわけで…社長の想い描く人材を発掘するために、いろいろな人達に情報提供依頼中です。
(あれ?私、人事も担当なの?)

さて小さい会社の良い所、それは「足かせ」がないこと。

大きな企業になればなるほど、新しいビジネスを展開する、広告を作成するだけでも多くのディスカッションが重ねられ、上役の許可を得るまでにかなり時間がかかります。

小さな、そしてダイナミックに活動したいと思っている会社は予算的な制約はあってもその中で思う存分にアイデア、力、意見を出し合って進めて行くことができます。
その例として、数週間前にとあることがきっかけでイギリス系の金融サービス会社やチューリッヒのとあるプライベートバンクが私の部門に加わりました。

思いもしなかった展開です。

我が社の社長はスポンジのようにどんなことでも「キュルキュルぅ」っと吸収してそれを肥やしにしてしまいます。

ただただ尊敬です。

そんな私、明日は新たなマーケット開拓のため、以前から声をかけていたとあるスイス人の方と打ち合わせです。

これからドイツ語の宿題で頭をひねり、明日の打ち合わせのためにもうひとひねりです。




スポンサーサイト

チューリッヒの週末。私の場合…

skyz.jpg

今日の写真は日曜のサイクリング途中で携帯カメラを使って撮影したものです。


土曜の夜は久しぶりのgirls night。
Veveyに暮らすペルー人&フランス人の友人、チューリッヒに住むメキシコ人と私4人でとても楽しい夜を過ごしました。

アペロにKaufleuten The Loungeで一杯、その後はBahnhofstrasseから一本は入り込んだところにあるTao'sのガーデンでディナーを満喫。

その後は待ちに待った「Salsa night!」。
ラテン系女性と遊びに出かけるのはこれがあるから楽しいのですよ~。4人とも踊るのが大好き!
Hardbruckeという電車の駅すぐ横で、以前から出勤途中の電車の中から見えるものですからとても気になっていたんです!
Salsa Ricaという場所は一見すると工場跡地とか倉庫のような場所なのですが、中は天井が高くダンスフロアーはとっても手入れされてあって、普通のヒールで踊った私はクルクル廻された時に、ツルン!と滑りそうで…半分腰が引いてましたよ…きっと(笑)。

女性だけで行くと、なんの気兼ねなくダンスを誘ってくださる殿方と思う存分サルサを楽しめる…というのがありがたいですよ…。

クルクル女性を廻しまくる殿方と、ステップや相手との呼吸を楽しむ殿方と…いろいろです。
その人の本性!?いやいや…性格が現れますね…。

来週週末はCalienteというラテンのお祭りも始まりますので、チューリッヒのラテン熱は増々上昇しそうです!

日曜は自転車に乗ってサイクリングへ。
いつもと違う方向へむかい、果てしなく続きそうな美しい草原と丘を走り、お隣の街にある湖まで出かけてみました。
湖畔ではオールヌードの人もいたりして…スイスってすごぃ!?とM氏と驚いてみたり。

森の中にあるこの湖は小さいのですが、なかなか良い場所にあるので散歩と泳ぎと両方楽しめます。湖畔のバーもおいしいホットドックなどを売っています。

今日はこれから庭でBBQ。

そしてスペイン対ドイツ。いよいよEURO2008決勝です!
ご近所さん達、いつものように続々と集合中であちこちからBBQやら観戦のための準備を整える声や音が聞こえています。


「5」CHFの買い物



午後6時半、仕事を終えて帰宅の途につきました。
自宅まで最寄りの駅を降りてから何通りか帰り道があります。

今日は降りたホームから一番近い出口から続く道を使って帰宅です。

いつもは平々凡々な通りなのに、今日は駅から100mほど行ったところにある美容室の駐車場スペースで「フリーマーケット」をしています。

そこで反対側の歩道から私の目に飛び込んで来た1つのものがあります。

それは...

picknik.jpg


ずっと欲しいなぁ…と思っていた「ピクニックバスケット」です。

買うつもりなく「いくらですか?」と尋ねると、

スイス人のおばちゃんは数秒ほど黙って…

「5 CHF」

思わずその値段におどろいて、おばちゃんの腕をつかんでしまいました。

「ほんとう????」とおばちゃんに確認です。

「ほんと、ほんと。新品よ。ピクニックにちょうどいいでしょ~」

と、おばちゃんもニコニコ。

天気の良い日が続くチューリッヒ、このままお天気がもてば週末にでも使いたいと思います。


アンケート:スイスで子育て

スイスで出版される英語雑誌に「スイスの子育てー医療保険と保障ー」について記事を書くことになりました。

そこで記事を書くためのリサーチを行っています。

必要な情報とは…

「こういう場合ってどうなるの?」

という「疑問」であります。
(例:矯正の費用は保険でカバーされるの?眼鏡の費用は?学資保険って…?などなど…)

スイスで子育てをされる予定の方、スイスで子育て中の方、海外・日本での子育てで分からない/分からなかったことの項目を集めています。もちろんお子さんがいらっしゃらなくても「ふと思った疑問」大歓迎です。

お気軽にコメント欄(右下のCMマーク)、あるいはメッセージ送信欄(右側)にご記入ください。

皆様、どうぞご協力よろしくお願いします!



アパート一丸

EURO2008、準決勝1戦目はトルコ対ドイツ。

多国籍な家族が暮らす私の住まい(約120世帯)はEURO2008開催期間中、とにかく賑やかです。

日曜日はイタリア対フランスで我家も窓全開なのに大声で応援&観戦。

今日も90分間、アパート全体が「スタジアム化」していました。

ちょっと忙しかった私は庭でパソコンを扱いながら夕涼みをしていたのですが、ご近所さんの家々から聞こえる歓声でどちらの国のチャンス、得点だったか…というのが分かります。

斜め前の家庭からはトルコチャンスになると子供やお父さんの声が聞こえ、随分と上にいる家庭からはドイツがチャンスになると「おおおおっ!」と雄叫びが聞こえます。

次はロシア対スペイン。

知る限りでもお向かえの棟の数世帯がこのお国の家庭。



アパートの「スタジアム化」はまだまだ終わりそうもありません。

暑いから…

ここ数日、30度を越える日が続くチューリッヒ。

「クーラーが無い」のが当たり前のヨーロッパ。

電車も中距離区間の電車だとクーラーはありません。
路面電車も新型路線でないとクーラーはありません。
ドイツ語学校にもクーラーはありません。
自宅にもクーラーはありません。

私の会社にもクーラーはありません。

そんなこともあって、暑い日が続くと働く人の意欲は低下します(しているはず…)。

昨日もオフィスの同僚は「暑くて仕事してられない。今日は帰る。」と言って午後2時半頃帰宅しました。
そして歯医者から帰って来た社長は、30分くらいオフィスに居たかと思うと突然私のオフィスへ入って来て

「Go Home !」

と一言。

「暑くて仕事にならないから、僕帰るよ、君も早く帰りなさいよ。」

クーラーが無いだけで早く帰れるなんて、ありがたいじゃないですか!


どうです?

日本もクーラー無くして、「暑いから帰りましょう」なんてオフィスの習慣が出来たら、もっとゆっくり人生楽しめるのかもしれません。





久しぶりにイタリアへ

週末イタリア帰省中。

イタリア!イタリア!

ユーロ2008のCグループ。

準々決勝進出をかけて…

イタリア 対 フランス


遅くまで仕事をしていたので、急いで韓国&日本食材店でレトルトパックのハウスカレーと秋田のお米、そして好物のらっきょうを買って、ドキドキしながら帰宅して、テレビの前に陣取ります。

M氏はドイツ、私はスイスで観戦です。

2年前のワールドカップ決勝を思い出します。

今回もフランスは…

レッドカードで退場を出し

その後のペナルティーキックで

イタリアは点を挙げ

結果2-0。



ああいうお顔の人達が好きな私としては…

またイタリアチームの顔を日曜日に観ることができると思うと

とても嬉しいです。


それにしてもイタリアって、いつもな~んか不思議な勝ち方するよなぁ…。

ひと仕事

1606.jpg

今日の1枚
1ヶ月前に撮った写真
「道ばたのキャンパス」
誰かが雑草の花束を添えていました


今日はマーケティング会議終了後、突然決まった内容で…とある雑誌に載せる広告を作成しました。

しかも締め切り1時間前に「じゃ、後のデザインよろしく…」と言い渡され…。

原案は日曜の夜に考えていたので、よかったものの…。

Mac派の私としては、こういうデザイン物は「Mac」で作りたい。

でもIT担当マネージャーはPC派。

ま、結果all rightならいっか。

creativeなことが好きな私としては、いつも扱う「数字」だとかを忘れて楽しめた今日の仕事でした。

雑誌の販売まであと10日。

その間にやらねばならないことが山積み。

今週は先週よりもフットワークを軽くして頑張るぞ!


Category : Job

Seerose

週末土曜日、M氏のお誘いでチューリッヒ湖畔にある「Seerose」というヨットハーバーにある素敵なレストランでランチをいただきました。

web:http://seerose.dinning.ch/

チューリッヒ市内からは水上バスあるいは路線バスで行くことができるこの場所、わりと静かな佇まいのエリアですが、おしゃれなデザインショップやカフェなどがあり、市内中心部の賑やかさから開放されたい方、まったり…お洒落に湖畔でおいしい食事を召し上がりたい方にお薦めです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。