In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHINKANSEN

故郷恋しいひと時…。

sks3.jpg

「博多」の名が…。

sks.jpg

「私の座席はどこ…?」

sks4.jpg

「こういう子供、どこにでもいるよね…嬉しそうに後ろの座席の人にちょっかいかける子」

sks5.jpg

「白い車体に青色の線…なんか見たことない?」

IMG_2146.jpg

「なんと懐かしい新幹線はイギリスのNational Railway Museum in Yorkにありました。」

National Railway Museum: http://www.nrm.org.uk
スポンサーサイト

Bussana

I went to Bussana which was destroyed by a massive earthquake almost 120 years ago. Though the city was abandoned after the incident, young and talented artists started cultivating their own artistic world in Bussana.

The day when I visited the city, it was a beautiful day. Winter low sunlight shined on the sad history town but it was very delightful.

I was wandering around the old stone made village the afternoon.
I suddenly heard beautiful jazz music from somewhere around the corner. I was very fascinated by the music and the air of the village.

Then the national heritage church, which was also destroyed by the arthquake but survived in some of its parts, suddenly came out in front of me...

なたーれ

現在の居場所は↓の地図上に示しております。

移動地図


日中は20度を超える暖かい陽気のイタリア地中海沿いの街で、たらふくおいしいイタリア家庭料理をいただきながら、のんびりクリスマスを過ごしています。

冬なのに、庭で食事ができるなんて不思議な気分になります。

皆様のクリスマスが素敵なひとときでありますように。

週末と週明け

週末、土曜は仕事。朝からかなり忙しく、あっという間に時間が過ぎてくれた1日。

夜は来週ニュージーランドへ帰ってしまう、お友達でもあるご近所さんと一緒にPizza Expressへ行ったのだけれど、あまりの不味さに驚いた。
お腹が空いていなかったら、一口食べて終わりだったと思う…。
それにしても英国の大多数の方々の味覚は一体どうなっているのだか…とますます疑問に感じる。
お引っ越しするお友達は大のイタリア好き。それにちなんで↓の料理本をプレゼント。
これは私も気に入っている1冊。レシピも良いし、写真やストーリーもお洒落にまとめてあります。


お友達カップルは思いがけないプレゼントとメッセージをとっても喜んでくれて、目頭を熱くしていました…。(ウルル…)

明日はまた早朝5時起床、6時過ぎの列車で一路Bristolへ向かいます。
来週はまた1週間出張滞在です。

そして出張後は土曜早朝のフライトでイタリアへ。
久しぶりに英国出身の友人とも会う約束をしているので、今から楽しみ。
それから出来れば私の大好きな「KOKORO」さんへも行きたいなぁ。

平日の休み

昨日は、平日ですが土曜出勤の振替でお休みでした。
M氏を送り出した後、投資本をベッドで読みながら2度寝…。
お昼から「足トリートメント」の予約を入れていたので、10時半に目覚ましをセットしていたのですが、目覚ましが鳴ってもなかなか起きれなかった私…。

日本の家族とwebカメラで会話をしながら、お化粧をする私…。
午後11時半過ぎに出かけました。
この日は足の角質とり、トリートメント、マッサージ、ペディキュアを1時間。その後、結局予定にはなかったけど手先までお手入れしてもらいました。
来月からはこのエステでお顔やマッサージのお手入れもしてもらうようにしました。

その後はバタバタとクリスマスショッピング。
M氏用の内緒プレゼントやM氏女性軍団!?家族用の小さなプレゼントを駆け足で買い込み、午後3時半に遅い昼食をカフェでいただきました。

隣に座っていた90歳くらいのおばあちゃん…、1人で午後紅茶。
この街の人って本当に優しいなぁと思うのですが、このカフェの店員さん、わざわざ一緒に座ってこのおばあちゃんのお茶話し相手をしてくれるんです。
その後、私もそのお茶話に加わって…。途中で退席したのですが、こうした見知らぬ人同士でもお茶を一緒に呑めちゃうこの街って本当にいいなぁ。

その後は全然予定になかった宝石屋さんに立ち寄りました。
最近、新しい真珠のジュエリーが欲しいなぁと思っていたので、ちらっと立ち寄ったつもりが…。
でもこのふらり立ち寄りのおかげで、素敵な出会いがありました。
それは宝石店のちょっぴり「かわいいふぁんき~」系のお姉ちゃんが「コンニチハ」「ハジメマシテ」と声をかけてくれました。
実は、このお姉ちゃん、来年の春に日本にツアーで旅行に行くのだそうです。
以前日本語を勉強していたらしく、とっても日本の文化を気に入っているそうな…。
しかも「MIKIMOTO」はすごい!!!という話になり…。そう、日本の真珠といえば「MIKIMOTO」ですね。
メルアドまで教えてくれたこのお姉ちゃん。今度一緒にお茶しようね!という約束もしたし。嬉しい出会いです!

この日は宝石店で「シェリー酒」までいただきました。
別に酔った勢いではないのですが、気に入った品を見つけたので、真珠ピアス2点と真珠ネックレス1点、計210ポンド(42,000円)分も買ってしまった…。
はっははは…(冷や汗)
これは完全にM氏には内緒。いや待てよ…、私は自分の収入があるし、自分のクレジットカードもあるし、別に好きに使っても良いと思うのだけど…。

とは言え、彼の収入は家賃/住宅ローンと投資運用、私の収入は食費などの生活費用…と役割が決まっていてヘタに私が使い込むと後が大変になるので気をつけないと…。

結局帰宅したのは、仕事の時と同じ時間…。
やっぱり休みは土日がいいなぁ。

Best Place to Work

washi.jpg


"THE BEST PLACE TO WORK"
これは、勤めている会社が社内で行っているキャンペーンです。
背景は、働いているスタッフのモチベーションを高め、企業全体の活性化といったところでしょうか。

私の勤めているオフィスの上司はとにかくポジティブ(超前向き)な人で、週1~2回行われるスタッフミーティングでもかなりテンションが高く、でもその話にパワーを感じるのでついつい惹き込まれてしまいます。

そんなオフィスに勤めて早くも1ヶ月。
しょっぱなから快調な出だしの私は、1ヶ月経った今も快調!?です。
正直、数週間前はちょうど下降気味エネルギーを発していたのですが、遠方への出張やらが重なったことが奏して、今週は月曜からハイテンションで仕事をしています。

今日はそんな私の「頑張り源」をお話したいと思います。

私は毎朝、自分の勝手で人より早く出勤してセールスフロアーの掃除をします。毎晩、お掃除屋さんが掃除をしてくれるのですが、どうしても機械やらテーブルやら、お客様が頻繁に使うものはきちんと綺麗にしておきたい…と思うので毎朝私は掃除をしています。
当初、イギリス人の同僚達は「?」という面持ちだったのですが、先々週行われた会社のクリスマスパーティーで、酔っぱらった先輩(ずっと怖い人…と思っていた)が私をダンスフロアーから引きずり出し…
「You are so nice and I really appreciate your attitude! you always smile and even you clean everything!!!! keep yourself up!!! i really like you and thank you!」

と言って、大きなhug。
酒に酔った勢いとは言え…、こんな形で表現してもらえてとっても嬉しかったです。
特に今までちょっと怖い人…と思っていただけに、このクリスマスパーティーでの出来事は私の気持ちをときほぐしてくれました。

先週末は1週間の出張から戻った翌日にoffの日でしたが、スケジュールチェックにオフィスへいきました。すると、担当上司が振り向くやいなや…Oh!!!!M..ko!!!! we missed you so much!!!と言ってhug!
私も自分のオフィスが恋しかったので、私の方こそ i missed my office, too!と言って2人でたった1週間しか留守にしていなかったのに、喜びあう有様…。
でも、こういうのが「あぁこのオフィスで仕事ができて良かった」と思える瞬間なんですよね。

更に、私のオフィスでは週に2回、30分くらいのミーティングがあるのですが、その場では必ず「褒める」ことをします。
業績やらいろいろ数字のことはあるのでしょうが、人を責めたり、マイナスなことを言うのではなく、「○○さんは▽▽をしてくれました!ありがとう!」という感じで、小さなことでも褒めることをしてくれます。その報告は上司でも、後輩でも、別の部署の人でも誰でもOK!

そして今日からは「good news」メールというのが配信されるようになり、業績でもサービスでも良いことがあると、メールで名前と詳細、上司からのコメントがエリア全体へ一斉に配信されます。

今日はその第1号に、私のgood newsが掲載されました。
その内容とは私が勤務を始めて2週目にいただいた、お客様方からのお手紙とコメントのことでした。支店長を始め多くの方々にこの件についてはすぐにお褒めの言葉をいただいたので、それだけでも十分に嬉しかったのですが、今回の他地区へのニュースメール配信でも紹介されたことで、ますます「やる気」が湧いてきました。

今日はその他に、とある商品の苦情で2度もオフィスにやって来られたお客様が、最後に「あなたのようなスタッフがいるから、私も絶えれますよ…」という言葉をくださいました…。ありがたい一言です。
でも、良いお客様を苛立たせるサービスを提供している私達側も、早急に問題点を改善していきたいものです。

最近はいろいろなお客様から笑顔で「have a nice christmas」と良く声をかけてもらいます。忙しい時期なので、お客様方もイライラしていらっしゃる12月…でもこちらが誠意を持って笑顔で対応すれば、皆さんもそれに応えてくださる…。とても嬉しい瞬間です。

夕方、大量の小銭を持ってきた中国の留学生。カウンターから、種類別に袋に分けて持ってきてください…と言われたらしく、見かねた私は一緒に小銭の分別をしました。
すると、彼女はとっても喜んでくれて「本当にありがとう。お礼に…私の(商品)の担当をしてください。」とまで言ってくれました…。忙しい時間帯だとこうしたお手伝いはできないのですが、たまたま時間があったのでお手伝いしただけのこと…でもお客様が「嬉しい」と思ってくださるのであれば、私も本当に嬉しいです。
後にバックオフィスで同僚に「M子~、あのお客さんの小銭分別手伝ってたろう?お前やさしいなぁ~。次回は自分でさせろよぉ」なんて冗談まじりで声をかけてもらえて、またまた嬉しい限りです。
そんなカウンターのスタッフも皆心優しい人ばかり。
いつも表からカウンタースタッフの頑張りを見ています!

今私にできることは、オフィスに足を運んでくださるお客様に100%のサービスを誠意&笑顔で提供し、仲間と一緒にお客様が満足してくださるよう、サービスレベルを高めることです。
正直、私が勤務を開始した時のセールスフロアーのサービスは決しで良いものではありませんでした、が…(勝手に)日本的サービス精神を持ち込んだことで、オフィス全体が明るく、そして今まで以上に活気に満ちてきたように思います。
お客様方も当初は笑顔を返さない膠着した表情の方々が多かったのですが、最近はオフィスに入ってこられる時から笑顔の方が多くなって、これまた嬉しいことです。

本音を申し上げると、こちらのサービスは日本のそれと比べると格段に劣ります。しかし、個々の能力を高め、活躍の場を増やす機会を与えてくれる、あるいは自分でつかみ取れる機会が多いという点では今の職場は格段に勝っています。
また、スタッフが非常に人間味に溢れていて、向上心のある人達ばかり。
だからこそ私のいるオフィスは"THE BEST PLACE TO WORK"なのだと感じています。

皆さんの"THE BEST PLACE TO WORK"はどこなのでしょうか?

…って今日は良いことばかり書きましたが、そのうち文句の1つや2つも書く日がくるのかもしれません…。

久しぶりの更新で綴る…

久しぶりに更新します。

この所、充実している証拠か、座っている暇もないくらいウロウロウロウロ…。

先週末はM氏の母校であるイギリスはマンチェスター大学を訪れました。
以前にもM氏の母校巡りの話題は記事にしたことがありますが、イタリアのボッコーニ大学で卒業。ところが…ボッコーニ大卒業よりも前に、彼はマンチェスター大学で修士(MA)を修得しています。
2年過ごした学び舎に立ったM氏は満足気な笑顔です。

b2.jpg


その後はマンチェスター市内を散策。
クリスマスマーケットも大賑わいです。そんな中、ふと上を見上げると…
サンタがあんなところに!!!???


b1.jpg


先週は仕事の関係でBristolという私の暮らす街から列車で4時間の街に1週間滞在しました。毎晩、仲間とおいしい食事をいただき、楽しい会話に花が咲き…。
仕事なのに満喫の毎日でした。
再来週、再び同じ街での1週間滞在&お仕事が待っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。