In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の欧州線

今年の春からKLMオランダ航空がアムステルダム⇔福岡直行便を飛ばすようになります。欧州と九州の直行便は今回が初めてではないでしょうか。欧州でもちょっと辺鄙!?な国に住んでいる私にとって、この国から日本への直行便なんて夢のまた夢ですが(注:なんと貨物便はこの国から石川県へ直行で飛んでいます。)でもアムステルダムまでは31分のフライトで乗り継ぎできるのでかなり楽になります。一番早い旅程で乗り継ぎ入れて約14時間で福岡へ帰れるようになりますので、とても助かります。

KLMオランダ航空はサービスも良いですし、機内食の味も良く、また大きなオランダ人使用のためかエコノミークラスの座席でも日系より全然広く感じます。

九州の皆さん、ぜひKLMで欧州に遊びに来てくださいね。

KLMオランダ航空公式サイト ヨーロッパへの航空券はこちら

スポンサーサイト

旅中

2週間のロードトリップに出ています。
ドイツ、デンマーク、スウェーデン…と車で移動し各地の美味しいものを食険中。

旅の結末

Sparkleな旅に出たはずの私…。
旅先に到着直後に高熱にうなされ、用意された夕食も全く喉を通らず…ホテルのレストランの人も「食事に何か問題がありますか?」と言わんばかりに不安そうな面持ちで気を遣ってくれました。
席を立つまで体調が悪いことは伝えませんでしたが、部屋持ち帰り用のお湯を用意してもらう時に「実は発熱してしまって…」と話すと「薬はありますか?」等、ホテルのマネージャーさんが気を遣ってくださいました。

翌朝も熱は下がらず、朝食へ行く力はないけど「フルーツ一杯食べたい」とM氏へ伝えると、ホテルの方のご協力でたっぷりフルーツの盛り合わせをお部屋に運んでくれました。

実は今回の旅、M氏の誕生日記念旅行でSaas渓谷のスキーリゾートへ足をのばしていました。
でも結局3泊4日私はず~っとベッドの中。薬で熱が引いている間はホテルのお部屋片付けに入って頂くためにホテルのスパで雪山を眺めながらボッ~っとして過ごしました。
M氏は1人で山へスキーへ。(羨)

食事付きのリゾート滞在で本当にラッキーでした…。
何も気にせず毎朝毎晩食事の用意がされ、夕方にはケーキとスープ等の午後ティーがあったので食事に困らない療養休暇となりました。

Saasへはまた次の機会に…。

Sparkleな旅

sparkle.jpg

Sparkleな旅に出ます。

Ci vediamo ...

まだ先のことですが。

chiken.jpg


日本の桜シーズンの旅程をすべて計画、予約完了いたしました。
周囲の人には「なんて気が早いの?」と言われますが、これが 「M&M流旅の仕方」です。

来年の3月下旬から2週間の行程でオランダ人カップルとイギリス人の(独身)友人と私達2人の5人で日本旅行です。でも2週間は短くて…東京、京都、奈良、(大好きなワインバーに寄るだけの)神戸、(できれば宮島)、福岡、熊本だけしか廻れそうもありません。

とりあえず5人とも往復フライト、ホテル、温泉、全て予約を入れ後は出発の日を待つだけ!という態勢です。(ほんと、気が早い…)

JRレイルパスとJapan air passの手配はぼちぼちとする予定ですが…今日は1つショックなことを知りました。
いつも自分で手配する航空券、割安で飛ぶことが優先なのでスイス⇔日本はいつも乗り換え便の私。
そんなこともあって…なんと「スイス航空を使ったら…福岡からチューリッヒまで同日では帰れない」ことを今更知ったのです…(大泣)。

乗り換え便ですと前日泊もなく朝、福岡空港を出て、そのまま成田(またはソウル)から数時間の乗り換え待ちでヨーロッパ各地へ行けるのですが…なんと日本→スイスの唯一の直行便スイス航空ではそれが出来ません!(怒)

同じスターアライアンスのANAの福岡発/成田行は7:55発/9時45着。
スイス航空成田発は10時25分。

どう考えても乗り換えは無理です。(JALで飛ぶと9:00着…だけど再度成田チェックインだし、遅れた時の補償無しです。)

同じスターアライアンスなのに、どうしてANAはそんなスケジュールで福岡から午前中唯一の成田行きを飛ばすんだろう…。
福岡(九州)からスイスへ(セミ)直行で行きたい人のことはマーケットシェアが無さ過ぎて無視されているんだろうか…(悲)

前泊すると宿泊代や移動費がかかるし…なんと言っても、家族と過ごす時間が1日減ってしまう…(大泣)。

往復ともに1回の乗り換えでしかも同日(あるいは移動中の日付変更のみ)で福岡⇔チューリッヒというのが無い…という事実にショックを受けたスイス生活トータル4年目のMarinkaでした。(昔はJALさんが直行便をスイス⇔日本で飛ばしていたので、随分と良かったんですが…)

そんなフライトうんちくを申し上げましたが…来月はまたNew Yorkへ3泊4日で行ってきます。

rock the ballet in Madrid

マドリッド…いいですねぇ。
大好きになりました。
ぜひこの街に住みたいです。

そんなことを思いながら毎日過ごしています。
今日は夜にRock the Balletのステージを観てきました。

チューリッヒにも来るので、ぜひご覧ください。
ダンスをしたことがある人はあのステップや動きの大変さがわかるはず…。
マドリッドでは昨晩からスタート。2日目のステージもとても盛り上がりましたよ。
http://rocktheballet.ch/

旅の病

hanging al mare
北イタリア・リグーリア海の村にて



もともと旅好きな私、こう立て続けに色々廻ると…あの「旅の病」が復活してしまいました。

私の「旅の病」は

「もっと旅に出たい!」

と…

近場でも良くて…非日常と日常の間を求めて

フラ~っといなくなってしまうこと。

そして帰って来ると

「スイスの日常が"非日常"になっていた…」

ということに気がつくのです…。

スイスに帰ってくると、まるでスイスに旅に来たような錯覚が…

旅が日常になってしまったからかなぁ。

umi.jpg
義理両親宅からの眺め…La Vita Al Mare


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。