In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I AMsterdam

IMG_4961.png
Unique Decoration at Conservatorium Hotel


I Love Amsterdam... Yes, I am one of them to say so.
No matter when I visit this city, it is always lively, charming and somehow sexy.
It's just a four-hour drive from where I live to Amsterdam and I enjoy going there as I can spend good weekends with close friends who also enjoy good food & drinks.
Recharged good energy again and start a new week!

アムステルダムはいつ行ってもドキドキワクワクする街。
住んでいる国から4時間のドライブで行けるアムステルダムには大好きな友人達が住んでいるから、また余計に滞在が楽しくなる。今回も美味しいものを食べて飲んで、エネルギー充電。今週も頑張ろう。

Restaurant Guide from Marinka
(食ガイド)
+My favorite Modern Dutch Cuisine+
Restaurant Wilde Zwÿnen
JAVAPLEIN 23 HS
1095 CJ AMSTERDAM
wildezwijnen.com

+New Hot Spot, Elegant and Cool+
Conservatorium Hotel
Brasserie
VAN BAERLESTRAAT 27
1071 AN AMSTERDAM
conservatoriumhotel.com
スポンサーサイト

オレンジの日- 王室Oranje-Nassau

オランダにお住まいの方にとっては恒例の「Queen's Day」=「オレンジパーティーDay」にLuxから参加してきました。噂には聞いていたけど…本当にすごかった。
皆オレンジ色の身につけて、お酒のんで、路上フリーマーケットを開いて…アムステルダムの水路はパーティーボートで交通渋滞。
なんとなく博多の「どんたく」を思い出させる光景でした…が、オランダ中でこのオレンジパーティーがくり広がれていると思うと圧巻です。

さて、なぜQueen's Dayに皆オレンジ色を身につけるのか…(オランダサッカーチームのユニフォームがなぜオレンジなのか…というのにも行き着きます)

それはオランダの現王室の家系が「Oranje」というところからきています。
Oranjeは「オラニエ」という呼び方なのですが、Oranje(アルファベット読みするとオランジェ)はオランダでも「オレンジ」という意味。
そこからいつの間にか王室のOranjeからくる「オレンジ色」がオランダの代表的色となった…わけです。

このお祭りのことを知らずに当日アムステルダムに到着した観光客はさぞかし驚いたことでしょう。

興味ある方、ぜひ来年の4月30日のQueen's Dayに出向いてみてください。

お祭りの様子↓
orange1.jpg

orange2.jpgoragne3.jpg

orange4.jpg
手作りいかだ船の上でパーティー。
他の大きなボートにまけじと航路を進む手作りいかだに向けて観衆から大きな拍手と歓声が送られます。

oragne5.jpg
無料屋外コンサートはオランダのヒット曲を知らずともノレる音楽が!

お祭りの休憩は…
bazar2_20110502054311.jpg
とあるエリア in Amsterdamにある教会。(あれ、ハイネケンの看板!?)

bazar.jpg
教会は…実はBazarという中東・北アフリカ料理を出してくれるいわゆるムスリム系のおしゃれなレストランになっていました。出される料理は全て「ハラ-ル」食品です。http://www.bazaramsterdam.nl/
ロッテルダムにも姉妹店あり。



路上のフリーマーケットは制限無しらしく、皆チョークや看板を使って数日前から場所取りするのだとか。(花見の場所取りってやつでしょうか)
自分の家の庭をつかってコーヒーやカップケーキの1日ショップをしたり、トイレの貸し出しを1ユーロでおこなったりする人も。
延々続く路上の「蚤の市」かなり見応えありました。

とにかく自由な雰囲気で、何でもあり!なんだけど、どこか理性があって…さすがオランダなぁ…と改めて感心。(中には理性のない人もいるけど、何かしでかす大半は「アムステルダム・オランダ的自由」に慣れていない外国人なのだそうです。)

来年は我が家から商品もって、アムステルダム入りしてフリーマーケット出店しちゃおうかな。
場所は…S姉さんとJ兄さんの家の前ということで(笑)。

アムステルダムとその近郊

amsterdam.jpg
オランダ名物…


地元民のJ兄さんとS姉さんにアムステルダムとその近郊を案内してもらいました。
アムステルダムから車で40分くらいの所にはお洒落なビーチバー・レストランがある…ということを今回初めて知りました。これで増々「アムステルダムで暮らしてみたい度」がアップ。
美味しいレストランもたくさん。オランダの有名人とも遭遇する週末ブランチなんかも楽しかったです。

それにしてもアムステルダムには綺麗な方が多い…と思ったのは気のせいでしょうか。


旅先から

チューリッヒ→フランクフルトを列車で移動後、Raddison Blue Hotelにて1泊。
翌日の夕方に車でアムステルダムへ移動し、ただ今J兄さん&S姉さん宅でアムステルダム満喫中。

今日はこの後Easy Jetでチェコ共和国へ移動します。

では、またね。

写真貼っときます


久々のアムステルダムです。
今回は自転車を乗り回し、アムステルダム住人気取りで観光です。

DSCF0067.jpg


DSCF0078.jpg


DSCF0089.jpg


DSCF0101.jpg

アムステルダム出身のマーティンと合流。この日の夜は彼の友達2人と一緒にタパスバーでおいしい食事をいただき、その後は5人でアムステルダム市内のclubでVIP席を占領。

toileam.jpg


DSCF0165.jpg


DSCF0164.jpg


DSCF0106.jpg


DSCF0158.jpg


DSCF0141.jpg


DSCF0134.jpg


DSCF0120.jpg



今回は秘密にしておきたくなるような「いい場所」たくさん発見。
(て、言ってもきっと皆知ってるんだろうけど…)

★チョコレート好きにはたまらない"Pucchini Bomboni"は2度もチョコを買いに走ったくらい美味しい。

★今まで食べたトルコ料理店の中でダントツ1位!(本場トルコよりも口に合う…)
しかもお客さんはみんなトルコ人!ということは本当に美味しいのね。
"DIVAN" Turkish Cuisine
Elandsgracht 14

★トルコ料理を満喫した後は、同じ通りにある「インド・ヒマラヤ」ちっくなCOFFEE SHOPでいい感じの音楽を聴きながら、アムステルダムならではの経験を。Smoking...smoking...
"Rokerij"
DSCF0157.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。