In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイス・年金積立てと税金対策

akipic.jpg


今年は税金対策も兼ねて以下の積立てを追加することにしました。

第2の柱:企業年金(BVG/LPP)の口座へ可能額MAXまで追加積立てする
(保険会社によって算出提示方法の手続きが異なり、スイス滞在の期間によって金額が変動します。)

第3の柱:個人年金(3a) を使って積立て最高可能額MAXを貯蓄する

というわけで、3a用の口座を開設するために利率が一番良かったとある銀行へ行ってきました。

アポ無しで行ってしまったので、軽くあしらわれるか…と思いきや、書類を送ってくださった担当の方が丁寧に対応してくださって気持ちよく手続きを済ませることができました。

後は年末までに指定口座へ指定額を移動させ、来年3月までに確定申告をするだけです。

(Bパーミット保有の方は基本としては源泉徴収ですが、一定額以上の収入を得ているBパーミット保有者や上記のような税金控除になる口座を持っている人達は別途自分で確定申告をする必要があります。Cパーミットの人は皆確定申告です…これがあるから我が家はCパーミットが欲しい…と思う。)

今までは年金積立てとか無関心だったけれど、年を重ねるごとに早め早めの年金積立ての大切さを感じるようになりました。何年スイスに居るか分からないけれど、スイスに居る間に積み立てられるだけ積み立てておこう…。

こぼれ話:
夫婦共働きで子供が居ない場合、合算後の所得税率が高くなるスイス…
なんとか今の所得税率より低くならないものか…とスポンジ社長と話をしていたら…

「一番いいのは離婚することだね」

(年金積立分配でちょっと面倒ですが…)

ごもっともです。
スポンサーサイト

見張り番

日本の某ネット専用銀行の口座を持っています。
その銀行は定期的に「見張り番日記」というのをメールで送ってくれるのですが…
(私はピンク色のクマちゃんを口座の見張り番にしています。)

今日届いた「見張り番日記」にこんなことが書いてありました。

家の中って思わぬものが必要になる時があるよ。
そういう時のためにも貯金は必要だよ。
たまにはためになることもお知らせするよ。


実は今日、仕事でまさしくこのお話に絡んだことを延々とお客様とのミーティングでお話したばかり…。
夜は夜で、お友達と「(悲しいけど…)やっぱりお金は大事なのね…」そんなことを話して帰宅したところ…。

タイムリー過ぎます。

もしかして…

私の「見張り番クマちゃん」って…もしかして日本からしっかり私のことを見張ってる!?




考え過ぎね。

Forex レビューサイト by M氏

今日はお金のことをご紹介します。

自分のトレーディングシステムを構築したり、ブローカーを色々試したり…Forexトレードに3年以上を費やしているM氏がこれまでの経験と情報を基にForexや株式投資についてのレビューサイトを運営しています。

このサイトではおすすめのシステムやブローカーの情報の他、Forex・株式トレードに関する知識なども公開しています。

Forexをお考えの方の参考になれば幸いです。

ちなみに英語です。
http://www.forex-ea-reviews.biz
http://www.online-stock-trades.innocentreviews.com/
http://online-stock-trades-blog.innocentreviews.com/
http://www.innocentreviews.com/


株式トレードの記事で面白いものも…
http://www.articlesbase.com/currency-trading-articles/online-stock-trades-advantages-and-alternatives-2312429.html

今後、機会をみてM氏の「Forex喜怒哀楽」をお伝えしていきます。

Goldman Sachs Get Grilled!!!

Oh oh... ゴールドマンサックスのアメリカ上院公聴会がCNBCをはじめ、各局の放送で生中継中。
凄すぎるこの全面対決。


「ゴールドマンサックス、グリルの上でジワジワ焼かれています」

この言葉ほんとに当てはまる、手に汗握る公聴会です。
ぜひ機会があれば見てください。

ここが嫌いだ、スイスの銀行。

金曜の正午
に貯蓄口座から普通預金にお金を移動させようと、ネットバンキングしたけど…決済されるのは

月曜日

日本でも午後3時までなら当日決済ですよ。

スイスの銀行、遅れてない?そんなんでいいの?


ちなみに元職場のイギリスHS○C銀行は即時決済。

夜中にネットでお金動かしても、自分の口座間のお金はその場で移動されて、ATMからもすぐに引き出せる。

そんな簡単なことがスイスの某リーテイル銀行(個人向け銀行業務)では出来ない。

もうこんなことで何回も歯がゆい思いしているんです!

こうなったら…
HS○C銀行さん、スイスにリーテイル部門作ってよ。
せめてPremierサービス部門だけでもさ。
って言いたいよ。

お金の行き先

「リクエストいただいたお取り扱いはできません」

某スイス銀行のATMに表示された時、一瞬血の気が引きました。

数日前に預金を確認した時は充分な金額だったのに…どこへお金は消えてしまったの?

すぐに某銀行のヘルプセンターへ電話を入れました。

最後の取引は…



「○○カードの自動引き落とし×CHFです」

見事に預金全額が支払いにまわっていました。

その後、テレフォンバンキングセンターにつないでもらい

「預金0なので△口座と□口座から○CHF移動させてください」

なんてやりとりを…

チューリッヒの金融街ど真ん中の、しかもプライベートバンク専用オフィスの真ん前で…。


とりあえず、お金の行き先が分かったので良かったものの、これが何か別のことだったら…私は眠れていないでしょう、

「フライトマイレージが貯まる」…という単純な理由から私とM氏はクレジットカードのヘビーユーザー。

それからクレジットカードで支払いをすれば引き落とし月1回ですから預金につく利息も最大限稼げる…という考え。

今週は「まさか」の金融破綻が相次ぎ、どこもかしこも金融市場は大波乱。
アリタリア航空はこの波乱もあって、救済措置が決裂。ベルちゃんは買わないんでしょうか…あ、買っても得しないから買わないのかな?

さて、次はどこへ飛び火するのでしょうか…。

私はこの時期に何か「価値・勝ち」あるお金の行き先を探すとします。

Financial Freedomeへの道(1)

ff.jpg

「仕事なしでも自由に生きて行く…」ために使っている

『ブタの貯金箱』

って…本当にお金をこのブタに食べてもらうだけでお金が成長してくれると嬉しいですね。

我が家にはこの白ブタ以外に薄い茶色と濃い茶色のブタちゃん達が待機しています。
白は夏用、薄い茶色は春・秋用、濃い茶色は冬用…なんて、ちゃっかり季節で使い分けをしています。

実はこのブタ貯金箱、私の開いている日本語会話教室で集金の役割を果たしています。

日本人的感覚なのでしょうか…自分の仕事に対する報酬なのですが、どうも現金を直接手渡しでもらうことに違和感があって、それを解消するためにこのブタに一役かってもらったわけです。

さて、このブタちゃんのお腹に入った貴重なお金…。これをそのままお腹の中に入れっぱなしにしていても、減りはしても(!?)増えはしないですね…。
なので、翌日には貯金口座に移して少しでもお金を成長させるようにしています。
(ちなみに会話教室の収益の一部はチャリティーに寄付しています)

でも、これは私達の「仕事なしで生きて行くため」の手段でも道具でもありません。
会話教室はあくまで、私の「楽しみ」です。
(一応、コピー代や教材購入の費用がかかるのでお金をいただいています。)

私達の当面の計画はー40歳でリタイアー。年金に頼らず自分達の「したいこと」をしながら生きていくことです。

今の時代、どの国も「年金」は悩みの種。私達の世代が年金をもらえる保証はありませんし、支給年齢が80歳なんかになってしまったら…(冷や汗)もう、どうやって生きて行きますか…。

それに貯蓄と人生の活動度合いをXとY軸の関係にしてみると、私達の場合…
X:「若」ー>貯蓄小、「老」ー>貯蓄大
Y:「若」ー>エネルギッシュ、活動度合大、「老」ー>体力降下、活動度合小

若いうちに「老後のために」と一生懸命働いても、ある一定の時期になったときに自分達が今のように「やる気」にあふれ、「健康」であるかどうかは分かりません。
もちろん年金はあてになりません。

そうすると、これから30年近くを老後の貯蓄のためだけに働き続けていたのではもったいない…

仕事をしないで生活に必要なお金を作り出せるのであれば…

やっぱりそれがいい。

というわけで、私達は40歳でリタイアーするための計画を実行することになりました。

(続きは→のコラムでも情報アップして行く予定です。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。