In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Reality Check

I don't remember where I bought this book... somewhere at a KIOSK in an airport.
But it actually helps me dealing with the special course... "Entrepreneurial Finance" taught by a professor who actually works with venture capitalists.


スポンサーサイト

リグーリア海で「今、ここからすべての場所へ」

イタリア・リーグーリア海を眺めながら「今、ここからすべての場所へ」を読んでいます。

私が大学受験の頃(今もなのかしら)、国語の試験には必ずと言っていいほど、この方のエッセイが使われていました。当時は「なんかよく的がイマイチつかめない…」ということと、テストに使われている文章というネガティブな感情から、全然興味を持てず、試験以外では目にしたくもありませんでした。

でも人生の層が重なれば重なるほど、色々な経験をすればするほど、この方の文章の感覚と内容が心の奥深くまで浸透してくるようになりました。

受験生の皆さんはこの方のエッセイを試験問題で見て、どんなことを感じているのでしょか。
試験を通過するだけのために向き合うだけではなくて、受験の先・受験以外にたくさんある色々なことを考え、文章の向こうにある「何か」感じてくれるといいな…なんて今だから思えます。

嫌いだった受験時代から十数年。
今は海と美味しい物に囲まれた時間を過ごしながら、のんびり本を読み、心と体のリセットをしています。

本との出会い「The Spirit Level」

ずっと私が考えていたことが明確に本に書いてありました。
あまりのアイデアの一致に感動。久しぶりに「快読」した1冊「The Spirit Level」。

Inequality

一般的な概念に従って考えると偏った見方をしてしまう「不均衡」「不平等」ですが、この本をとおして見るInequalityがどのような社会影響につながっているか、または社会的な土台がどうInequalityにつなっているのか、そしてどうして
Equalityが良いのかを再認識させられます。

様々な角度から現代社会のビジネス、政治のあり方までをひっくり返してくれそうな1冊です。

Amazonで購入:日本、米国、英国て販売中。(今回もやっぱり米国版は何かが違う…)



水は答えを知っている。



前回の帰省で、大切なお友達からプレゼントしていただいた1冊です。

この本との出会いは久しぶりの『清々しい感動』を私に与えてくれました。

「水」がどのようなことを私達に伝えてくれるのか、この筆者は「水の結晶」をとおして、様々なことを伝えてくれます。そしてその文面と一緒に綴じられている数々の「水の結晶」。
これらは私達に「人間の心」と「水」、そして地球全体のつながりを教えてくれます。

「ありがとう」という感謝の文字を見せた「水の結晶」と「バカ」という叱咤する文字を見えた「水の結晶」。どんな型になっているか気になりませんか?

汚染された大気を通って地上に降りて来た雨水の「結晶」と、同じ雨水に300人の人が汚染浄化の気持ちを1つにした思いを込めた「結晶」。どんな違いが現れるのか、気になりませんか?

その他にも、病気と「波動」の関係。「幸せ」という「波動」が更なる「幸せ」を呼び込んでくれる…。
などなど、日常の生活では気づかない所に実は私達の求める「何か」がある…ということを気づかせてくれます。

実は私は「波動治療」を受けたことがあるので、この本で書かれている「波動療法」のことについても非常に納得しております。
また、この本をくれた友人も、「おいしくな~れ」と気持ちを込めた水と、何もしない「水」との飲み比べをして外した事がない…という話もしてくれました。

私達の生命の源である「水」が教えてくれるもの…。
それを知る事で、私達のみならず、支えてくれている地球全体の調和につながることでしょう。

そして大切なのはこの「本」を読んだ後、私達が何をするか…ではないでしょうか。


こちらが、同じ本の前書です。


読み終えて1ヶ月が経ちますが、今でも暇さえあれば繰り返し読んでいます。
読んでいると、不思議と元気になるんですよね…。

そして何よりも、この本をプレゼントしてくれた、Mちゃんにとっても感謝しています。

ぜひ足を運んでみてください↓!
★筆者江本勝氏のサイト:http://www.masaru-emoto.net/


★英訳、ドイツ語訳:Die Antwort des Wassers、韓国語訳をはじめ多くの言語で出版されています。★

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。