In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テヘランの想い出

M氏に「来てごらん、君の好きなテヘランだよ」と声がかかりました。
テレビをつけたらBBC4で「テヘランの今」の番組の再放送があっていました。

あ、ここ行ったね。あ、ここはあの通りだ。
あ、ここはあのお店だ。

あ、このニュースそういえば到着した日だったね…(イスラエルのレバノン攻撃開始/06年)

本当はもっともっとテヘランの隅々まで行きたかったのだけど、忙しくて、しかも渋滞にはまりっぱなしで…思うように身動きがとれなかったなぁ。
でもテヘランで出会った現地の女性とお買い物に行ったり、ドライバーさんと会話しながら現地のエクレアをほおばったり…ペルシャ時代からの素晴らしい音楽に出会って感動したこと…停電したこと…ほんの少しの時間だったのに、テヘランは私を惹き付ける「何か」がありました。

次に行くチャンスがあるならば、写真を撮る許可範囲をきちんと理解して、問題がないように撮影できるのであれば、今度はあのテヘランの空気と人々とそして空間をたくさん撮りたい…そう強く思います。

2006年の7月の空気は乾いていて、スカーフを頭からかぶり、長袖で丈の長い上着を着ていても耐えられる暑さでした。
夕暮れ時の乾いた空気と宝石の輝きのような巨大な街テヘランの灯が作り出す、あの不思議で美しい光景が今でも頭から離れません。

あれから1年なんですね…。

スポンサーサイト

テヘラン滞在日記(3)

午後からテヘランにて勤務をされているフランス人の方々とお会いし、テヘランの生活について話を伺ったり、現地の女性の案内で実際の生活の場となるスーパーや商店などを一緒に廻った。
どこも品揃えは豊富で、パスタの種類もたくさんだった。
また、新鮮な精肉もたくさあり、食文化の豊かさに納得だ。
途中、テヘラン中心部のショッピングモールに寄ったのだが、翌日が母の日ということで、同行してくださった女性のお母様へのスカーフ選びをした。
実にたくさんの美しいスカーフが並べられている…。

また、おいしいお菓子屋さんにも立ち寄りたくさんのケーキを購入。
(日本のように1個や2個だけでは売っていないらしい…)
この日の夜はイタリア人でテヘラン在住の方ともお会いし、北部の郊外のカバブ屋さんで夕食をいただいた。
そのお店の斜め前にはピザレストランがあるのだが、なんとも長蛇の列。
テヘランのピザ人気は上昇中という噂は聞いていたが、「PIZZA」のサインが多いことからもその様子を見てとれた。

最終日は午前4時のフライトでドバイへ向かった。
イランではe-ticketsの都合があまり良くないようで、航空会社のオフィスに取りに行かされる事がある。(少なくともエミレーツ航空の場合は…取りに行くか、配達してもらうかのどちらからしい。)
今回、私たちはそのことを知らされていなかったので、結局チェックイン前にドタバタし、新たに航空券を購入しなければならなかった。

空港まではタクシーで、窓を全開にして行ったのだが、夜中でも空気の悪さが全身で受けてとれた…。

自宅に帰宅し、スカーフを手洗いしたのだが、見事に真っ黒の水がバケツの中に残っていた…。

テヘラン滞在日記(2)

IMG_1571.jpg


イスラムの金曜日は休日。
お昼頃にゴゾゴゾとホテルを出て、ウロウロ散策を始めた。
外出にはとりあえず持ち合わせの服を組み合わせ、体をすっぽりとインド綿のワンピースを上から、その下にジーンズ。もちろん長袖。
スカーフは持っていたベージュの綿物の夏用ショールを使った。

お店も閉まっていることだし、とりあえずタクシーに乗ってテヘラン北部の大きな公園2カ所をハシゴした。
休日ということもあり、道路の渋滞はほとんどない。
空気も普段よりは良かった方ではないだろうか。

テヘランの公園は驚くほど綺麗に整備され、緑が非常に美しい。
家族連れ、夫婦(なのか独身カップルなのか不明…)や友人同士がたくさん集まって、木陰でピクニックを楽しんだり、バトミントンやバレーボールを楽しむ人々で賑わっている。
また、金曜というのに公園内の職員さん達は緑のお手入れのために水まきや剪定、植え替えまでしている。
公園のスピーカーからは非常に美しい旋律の音楽が流れている。

私もベンチに座りしばらくこの時間をゆっくり楽しむことにした。

その後は、テヘラン北部の公園からさらに山側(というか、山の斜面にあるのだが)にある別の公園へ。

ここは斜面に沿って作られている公園なのだが、もうこれは「森」である。テヘランの大気汚染はひどいのだが、ここまでくれば少しは肺の空気の入れ替えができそうだ。

所狭しと木陰にはカーペットを敷き詰めたグループで賑わっている。
皆、自宅から鍋を抱えてやって来る。
そう、皆手作りの料理をこの「森」で頂きながら時間を過ごして楽しむのだ。

私は今回、公園内のレストランでカバブやらサラダやら頂いた。
ここも例外なく色鮮やかな服装に身を包んだ艶やかな女性が私の目を惹いた。
後ろに座っていたカップル(?)は男性がフランス人で女性は現地の人だった。フランス語で会話していたのだが、話の内容から行くと夫婦ではない…。
なるほど、テヘランの社会はいろいろ変化に富んで来ているのだな…。

ちなみに歴史的背景から、フランス語の定着が結構進んでいるようで、
「ありがとう」が「MERCI」(発音はメルシでルは巻き舌っぽい)でOKなのだそうだ。(現地の女性談)

公園は山の斜面にあるから、上り下りだけでもかなり良い運動だ。
平日の運動不足解消には持ってこいの場所。

IMG_1576.jpg

M氏を撮っているときに、ちょうど現地の女性2人の後ろ姿が入った。
こうした格好は普通に目に入って来る。
もちろん黒チャドール、黒ヘジャブ(スカーフのようなもの)の人も多い。
地域によっても随分と差があるので、いろいろ現地のことを知る必要はある。

夜は現地の方の心遣いでテヘランでも有名なペルシャスタイルのレストランへ。どうやら外国のお客様などは必ずここへ連れて来られるようで、世界各国の小旗が店内に用意されており、自分の国の国旗をテーブルに置いてくれる。
面白い事になぜかイタリア人が多いらしく、この日はイタリア国旗が足りなくて、お店のスタッフが「どうしよ~う」状態だった。

さすがに…星条旗はないだろう…。

店内はあっという間に満席…。ここでもご多分にもれず非常に艶やかな女性が9割を占めていた。
時にはちょこんと頭にのせているスカーフが、スルスルするっと落ちる女性もいたりして、「えぇ~!これもOKなの?」なんて驚いた。

ここでは伝統音楽を楽しむこともできるのだが、正直私は「目から鱗」だった。
ここで演奏された「打楽器(タンバリンの大きなもの、タブラオなど)」演奏が今までに聞いた事のない素晴らしいもので、私は全身鳥肌状態。
演奏家達の情熱、旋律、「間の美しさ」…まるでjam sessionを聞いているかのような凄さだった。
この演奏、できるものなら録音でも録画でもなんでもしたかったのだが、撮影はNG。
いつかまたこの演奏を見たい、聞きたい!!!そう思いながらレストランを後にした。

テヘラン滞在日記(1)

7月のとある水曜日

スイスの自宅を後にして、一路テヘランへ。

陸路
自宅前→Vevey駅:バスにて
Vevey駅→ジュネーブ空港:電車にて

空路
ジュネーブ空港→パリ・シャルル・ド・ゴール空港
シャルル・ド・ゴール空港→イラン・テヘランMehr Abad国際空港

今回の渡航については事前にビジネスビザ入国を申請するつもりで準備をしていたが、短期滞在のため現地で発行してもらえる観光ビザで入国することにした。

私たちは在日イラン大使館と在伊イラン大使館へ問い合わせをして、現地で発行される観光ビザの期限を聞いたのだが「1週間」との回答をもらった。

今回はAir France便で行ったのだが、テヘランの空港到着1時間前ともなれば、機内中の女性達がソワソワし始めた。
でもスカーフをかぶるわけでもなく…、洋服を着替えるわけでもなく…。
実は彼女達、一斉に機内のあちこちで「お化粧」を始めたのだ。それもかなり念入りに…。

現地へ行ったら納得できるが、テヘランの女性達はとにかく「お洒落」である。お化粧も美しい仕上がりであるし、スカーフ選びや体のラインを隠さなければならない服装ではあっても、かなりギリギリのところで色やデザインなどの組み合わせを上手くしている。

さて、テヘランのMehr Abad国際空港は古いが、もう1つのImam Khomeini国際空港はとっても新しい。
古い方のMehr Abad空港のターミナルに入ると、すぐの場所にビザ発給の小さなオフィスがある。
天井のサインを見落とすと、気づかずに通り過ぎてしまいそうになる。
私たちの前には体の大きな男性がビザの発給を申請していた。
そしてその後に私たち。
今回の宿泊先と出国スケジュールをプリントアウトした紙を見せると、ビザ申請用紙を渡してくれる。
それに必要事項を記入し、再びその紙を受付の人に渡すと今度はビザ申請費用の約40米ドル(1人あたり/これは為替変動で変わる)を反対側のカウンターで支払うように別の紙を渡される。

費用をおさめたら領収書を持って、再びビザ担当者の所へ。
それを渡したら次は名前を呼ばれるまでロビーで待つことになる。

実はこの日、私たちのすぐ後からビザ申請に来た男性が観光ビザの期限のことでビザ担当者とかなりもめていた。
この男性、ギリシャ在住の日本国籍の方だったのだが、彼曰く「アテネのイラン大使館に問い合わせをしたら滞在期限は“2週間”と言われた。なのになぜここでは1週間になっているのか。法律が変わったばかりで末端まで話が伝わっていないのではないか?」ということだった。

結局、ビザ担当者が入国管理官の所まで確認に行ったようだが、滞在期限が1週間というのはひっくり返らなかった。
その男性は2週間後の飛行機しかとっていないらしいが、その後どうしているのだろう…。

結局午後8時半に空港に到着したのに、空港を出たのは午後10時半頃だった。
私たちは別に何の問題もなくビザを発給してもらえたし、しかも必要書類に含まれている証明写真を忘れたのだが、今回は写真なしでも申請を受理してくれた。

ビザ発給については何らいろいろ言う事はないのだが、問題はその後…。入国審査…。到着便のご一行さまはとっくの昔に通過していたので、ビザ待ちだった私たち4人は入国審査官の気まぐれ対応にかなり待たされることになってしまった。
暇なくせに、入国審査をしてくれない!30分くらい待ってようやく審査を始めるが、人のパスポートを片手にしながらプライベート電話で長話を始めるではないか!
私はここがイスラム教国であることさえも気にしない態度で、審査官に注意を促した…(あぁいいのかな…とちょっぴり怖かったが)

入国審査のあとは、X線での荷物検査がある。これは基本的にお酒の持ち込みをチェックするものらしい。中にはペットボトルにお酒を入れ替える人がいるらしく、怪しいときにはペットボトルの中身も検査されるとか。

空港を出ると宿泊ホテルの男性が迎えに来てくれていた。
空港を一歩出ると、それはそれは賑やかな夜のテヘランの姿が目に飛び込んで来た。
昼間の暑さが厳しい地域ではよく見かける光景だが、夜になると人出が増えて、街中の芝生に集まってピクニックをしたり、歓談にふける人達がたくさん…。ここテヘランの空港近辺も同じである。
美しく着飾った、彫りの深い顔立ちの女性達の姿には非常に目を惹かれた。たくさんの車列からは車を運転する女性の姿が多かった。

お迎えの車…なんと普通車のリムジンだった。
普通車のリムジンとは…なんと説明したらよいのだろう…。
なんだか自分達で溶接・塗装していそうな車だったなぁ。

宿泊したホテルはどうやら外国のビジネス関係者を対象に宿泊させている所のようで到着するとすぐに「which company?」と聞かれる。
部屋はキッチン付きの2部屋タイプ。こじんまりしているが、きれいに手入れされているし、冷房もしっかり効いてくれる。

到着は午後11時だったので、急いでホテルにあるインド料理店で夕食をとったのだが、レストランに行ったらすぐに度肝を抜かれた。
お店は満席、しかも女性陣の華やかさがすごい!!!
色鮮やかな洋服やスカーフを身にまとい、足の先から頭の先まで本当にお洒落だったのだ。
しかも現地の彼女達より、外人の私の方が肌を隠しているのには驚いた…。

この日いただいた夕食はどうやらテヘラン市内でもかなり有名なおいしいインド料理店であることは後ほど知ったのだが、本当においしかった。

移動続きの私たちは、イスラムの週末(木・金)の夜は疲れた体を休めるために、夕食後すぐに床につくことにした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。