In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒しのJAZZ @ルクセンブルグ・シンフォニーホール

春~夏にかけて欧州は各地で競い合うように「Jazzフェスティバル」が開催されます。
こちらルクセンブルグもしかり!
正直「小国」なのでどんな文化催しがあるのか…大したイベントは無いんだろうなぁ…と思っていた私。

ごめんなさい、ルクセンブルグ!

ネガティブな予想を見事に裏切ってくれる素晴らしいイベントがた~くさん。
こんなに小さな国なのにぃ、凄い!と感激です。

昨日は3月から開催されている「Printemps Musical」のコンサートを美しい近代建築が象徴的なシンフォニーホールにて鑑賞してきました。
今回のアーティストはAbdullah Ibrahim Trio。
久しぶりに胸にジーンとくる旋律と音の重なりを楽しんできました。
Abdullahさんの奏でるピアノの音は優しくて、不思議な心の癒し的旋律。
そして若手のベース奏者との音が見事に融合して、あまりの美しさに目頭があつ~くなって…。
ドラム奏者もピアノとベースに合わせるように優しくて、でもスパイスがきいていて。とても素敵なトリオの演奏でした。

音楽に人柄があらわれている…そんな時空間を感じて、私も心を豊かにさせていただきました。

Abdullah Ibrahimオフィシャルサイトリンク:
http://www.abdullahibrahim.com/

そして5月は本当に素晴らしいアーティストがたくさんルクセンブルグにやってきます。

とっても行きたかったLas Migasのコンサートはなんと2日間6公演すべて完売!残念。

15日は南米アーティストSusana Bacaがルクセンブルグで美しい歌声と心くすぐる音楽を披露してくれます!彼女がルクセンブルグに来るなんて、とてもとてもとても驚きました。その昔、チリ滞在中に出会った彼女の音楽は今でも特別な存在です。

そして22日はジョン・マルコヴィッチ主演の「The Giacomo Variations」を鑑賞予定です。

余談ですが…

ルクセンブルグもチューリッヒ同様、一流アーティストのコンサートやショーのチケットがなんだかお安いような気がします。これって街が潤っているからなのでしょうか?


東北にも色々な美しい音楽が届くといいな…。

スポンサーサイト

Lady GaGaのコンサートに行って来たよ♪

チューリッヒでLady GaGaのコンサートが2日間ありました~!


IMG_0962.jpg




両日ともチケット完売、1日約2万人。しかも驚いたことに来ている観衆の年齢層がすごく幅広かった!
6歳くらいの子供から70歳くらいの方まで…。GaGaスタイルでしっかりハマって来ている親子・家族なんかも居たりして…スイスのリベラルさに驚き♪

彼女のステージは緻密に計算されているなぁ…と感じました。
さすがです。

本当は写真やビデオの撮影はNGだけど、携帯で何でもできちゃう今日この頃…。会場のあちこちで撮影している携帯の画面がトーチライトみたいに光って、結構いい感じでした。

皆、踊って発狂して…ステージ近くのファンの中には失神して倒れる人が居ました。

熱狂コンサートが終わると…何事もなかったかのように「速やかに静かに」会場を去る観衆を見て私もシンガポール人の友人も「さすがスイスだね」と2人で感動してみたり。

あと、シンガポール人の友人が

「残念だけどLady GaGaはシンガポールにはコンサートで来れないね…。あの奇抜さと彼女の発するメッセージは絶対シンガポール政府が公演許可出さないよ。」

と、ぽつり…と言っていました。

iPhoneで撮影したコンサートの最初の最初の始まりを載せておきます。


Bombay Dub Orchestra

Chill Out, World Musicがお好きな方におすすめ。
私はほぼ毎日どこかで彼らの音楽を聞きながら心を落ち着かせています。






(海外Amazonサイト↓からはMP3ダウンロードできます。)

英語(アメリカ):Bombay Dub Orchestra (Amazon.com)

英語(イギリス)Bombay Dub Orchestra (Amazon.co.uk)

ドイツ語:Bombay Dub Orchestra (Amazon.de)

日本語:Bombay Dub Orchestra (Amazon.co.jp)


どんな音楽か気になる方は↓でおためしあれ♪




ドイツ語の想い出「野ばら」

先週いただいた大切な贈り物「海角7号 君想う、国境の南」の映画の挿入歌として使われたシューベルトの「野ばら」を聞いてふと懐かしい想い出がよみがえりました。

それは高校時代の音楽の授業。

音楽のテストの1つに「先生の前で選択した曲を歌う」という課題がありました。
課題曲はたしか2曲あって1つ選ぶようになっていたと思います。

私は何を血迷ったか…原語での歌唱が課されていた、シューベルト作曲・ゲーテ作詞の「野ばら」を選択。
しかも日本語ではなく「ドイツ語」暗唱で。

ドイツ語なんて全然知らなかった高校時代。
私は一体、どうやってこの課題をクリアーしたのかサッパリ覚えていません。

歌唱のテストが終わって、先生にとても褒めて頂いたことだけ覚えています。

あれから十数年。
あの言葉の意味が分かるようになりました。

Sah ein Knab'ein Röslein steh'n
Röslein auf der Heiden,
War so jung und morgenshön,
Lief er schnell,
es nah' zu seh'n
Sah's mit vielen Freuden.
Röslein, Röslein, Röslein rot,Röslein auf der Heiden.
Knabe sprach:"Ich breche dich,
Röslein auf der Heiden!"
Röslein sprach :"Ich steche dich,
Dass du ewig denkst an mich,
Und ich will's nicht leiden."
Röslein, Röslein, Röslein rot,
Röslein auf der Heiden.
Und der wilde Knabe brach's Röslein auf der Heiden,
Röslein wehrte sich und stach
Half ihm doch kein Weh und Ach,
Musst'en eben leiden.
Röslein, Röslein,Röslein rot,
Röslein auf der Heiden.

思い出すきっかけを下さった「上の階の住人」さん、ありがとう。

頂いたDVDを観たいのだけど…実は予告編観るだけで号泣してしまう私…これで映画を観たら大変なことになりそうなので、まだ観る勇気がありません…。



リングトーン

私のiPhoneには色々なリングトーンをApp Storeからダウンロードして電話をかけてくれる人ごとに音楽を替えています。

例えばM氏の場合は「You Are The Sunshine of My Life」:
視聴・購入
Stevie Wonder - The Definitive Collection - You Are the Sunshine of My Life

まさしく彼は…「You are the sunshine of my life」だなぁ…と電話が鳴る度にしみじみ…。

You are the sunshine of my life
That's why I'll always be around,
You are the apple of my eye,
Forever you'll stay in my heart

I feel like this is the beginning,
Though I've loved you for a million years,
And if I thought our love was ending,
I'd find myself drowning in my own tears

You are the sunshine of my life,
That's why I'll always stay around,
You are the apple of my eye,
Forever you'll stay in my heart

You must have known that I was lonely,
Because you came to my rescue,
And I know that this must be heaven,
How could so much love be inside of you?

You are the sunshine of my life, yeah,
That's why I'll always stay around,
You are the apple of my eye,
Forever you'll stay in my heart

Love has joined us,
Love has joined us,
Let's think sweet love


イタリア家族からの電話はラマツォッティの「Non Siamo Soli」:
視聴・購入
Eros Ramazzotti - e2 - Non siamo soli

イタリア家族の乗り、まさしく「Non Siamo Soli」という感じ。このリングトーンで電話がなると「ドキ!」とします…(冷汗)。
E' la voglia di cambiare la realtà,
che mi fa sentire ancora vivo
E cercherò tutti quelli come me
che hanno ancora un sogno in più...un sogno in più

Dentro un libro che nessuno ha scritto mai,
leggo le istruzione della vita,
anche se so che poi non le seguirò,
farò ciò che sento...

Oltre le distanze, noi non siamo soli
figli della stessa umanità
Anime viaggianti in cerca di ideali,
il coraggio non ci mancherà

Supera i confini di qualunque ideologia, l'emozione che ci unisce in una grande idea
Un altro mondo possibile c'è
E lo cerco anch'io e lo voglio anch'io come te...

Nelle pagine lasciate in bianco noi,
diamo spazio a tutti i nostri sogni

nessuno mai il futuro ruberà,
dalle nostre mani...

Oltre le distanze, noi non siamo soli
senza più certezze e verità
Anime confuse, cuori prigionieri
con la stessa idea di libertà...libertà

Oltre le distanze, non siamo soli
l'incertezza non ci fermerà

Supera i confini, non conosce geografia l'emozione che ci unisce in una grande idea

Oltre le distanze noi non siamo soli, sempre in cerca della verità

Anime viaggianti, cuori prigionieri, con la stessa idea di libertà

Un altro mondo possibile c'è e lo sto cercando insieme a te

Anch'io con te

Insieme a me

E tu con me...

日本の家族からの電話はMichael Bubléの「Home」:
視聴・購入
Michael Bubl? - It's Time - Home

やっぱり遠くに居る日本の家族からの電話にはこの曲かな。

Another summer day
has come and gone away
In Paris and Rome
but I wanna go home

Maybe surrounded by
a million people I
still feel all alone
I just wanna go home
I miss you, you know

And I've been keeping all the letters
that I wrote to you,
Each one a line or two
I'm fine baby, how are you?
I would send them but I know that it's just not enough
My words were cold and flat
And you deserve more than that

Another aeroplane, another sunny place
I’m lucky, I know...
but I wanna go home
I’ve got to go home

Let me go home

I’m just too far
From where you are
I wanna come home

And I feel just like I'm living
someone else's life
It's like I just stepped outside
when everything was going right
And I know just why you could not come along with me
This was not your dream
but you always believed in me...

Another winter day
Has come and gone away
in either Paris or Rome
and I wanna go home
Let me go home

And I'm surrounded by
A million people I
still feel alone
Let me go home
Oh, I miss you, you know
Let me go home

I’ve had my run
baby, I’m done
I’ve gotta go home

Let me go home

It'll all be alright,
I’ll be home tonight
I’m coming back home



皆さんのiPhone、どんなリングトーン使っていますか?

New Toy, iPodとサウンドシステム


ちょっと前にデザイン展で見かけて「一目惚れした」Vita Audio新シリーズ。
1つ前のデザインはCDプレイヤー付きでちょっと高くて手が出せませんでしたが、今回はCDプレイヤー無しでラジオ(FM, DAB)iPhone/iPod接続、外部入力も可というシンプル万能派でしかもお値段が?瓧械娃旭焚爾箸いΔ?藥廚錣?Amazon UKから購入!

音の質が非常に安定していて心地いい!

丁度良い大きさで木目の外観と60年代チックなデザインがたまらなくお洒落で可愛い!と思う。寝室においてもしっくりおさまるこのVita Audio…本当に買って良かったと初日早々感激しています。

他にも黒と白のデザインがあるんですよ。







デジタルラジオ(DAB)システムがついているから、スイスのラジオを堪能できる!(ちゃんと受信料払っていますよ~。ネットからも聞けますが、スイス国内のお住まいの方はちゃんとテレビ・ラジオ受信料払っていないと…NH○さんみたいに集金催促にこられますよ。)
スイスラジオ放送局の番組でも一番のお気に入りは「Radio Swiss Jazz

とにかく「これでもか!」というくらいに幅広い分野のJAZZを選曲してくれるから嬉しい。

昨日、今日と風邪で自宅待機中の私はこの相棒ステレオとJAZZに看病されながら回復中。

音楽三昧、チューリッヒ

この週末は金、日とコンサートへ連日行ってきました。

金曜日はTonhalle Zurichで行われたTill Bronner BandとREBEKKA BAKKEN TRIOのコンサートへ。

Till Bronnerはかなり前から好きなJazzトランペット奏者。出来ればもっと近くに座って彼のお顔を拝見したかった…。でも遠くからでもTillの演奏するトランペットの音はセクシーです。

Rebella Bakkenは今回初めて歌声を聞いたのですが、「凄い!」の一言。
ノルウェー出身の彼女の歌声は聞く人の心にじ~んと深~く、ゆっくりとしみ込んでいきます。

Tonhalleは音響も良く、素晴らしいコンサートホールだと思います。こじんまりしているのですが、天井の飾りやパイプオルガンなどの装置は豪華!さすが…小さいけどお金持ちの集まる街は違いますね(笑)?
ミュージシャンとの距離も短く、私はここでのコンサートは大好きです。

日曜はチューリッヒの夜景を見渡せる山の上にある小さな劇場で行われた、NICK PERRIN FLAMENCO JAZZ QUARTETTのコンサートへ。
スイスのバンド&フラメンコダンサーのライブを2時間たっぷり楽しんできました。

チューリッヒでコンサートへ行くと、Jazzでもモダン音楽でも…観客の半分はかなりお年を召した方々が多いことに驚かされます。
Tonhalleは年間パスのようなものがあり、それを持っている人達の年齢層が高い?!せいもあるかもしれませんし、協賛している銀行のプライベートバンク顧客はパスがもらえているからかな…?

クラッシクのコンサートへ行っても皆の服装はいたって地味でカジュアル。

肩に力を入れずに行ける良さ、チューリッヒならではですね。

そして何よりもチケットのお得さに驚き♪

次に目指すはチューリッヒの「オペラハウス」です!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。