In Tutto il Mondo ~地球のどこかで-

life style + something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコの「Bodrum」

昨年の秋のこと…

ギリシャから船でトルコへ行きました。

もちろんEU圏外なのでパスポートコントロールがあります。
ところが私はスイス居住なので、パスポートを見てもいつシュンゲン協定国に入国したのか不明なので足止めされそうになりました…。

というのも、スイス入国審査時に滞在許可証を見せることで「滞在期間制限」が明記されているスタンプを押されないから。

いらないだろう…と思って滞在許可証をホテルに置いてきた私…ギリシャ国境からトルコへ行く港の国境審査カウンターで「だめだよ~滞在許可証も一緒に持ち歩かないと。シュンゲン協定国を出入りする時にコントロールしないといけないから…」とそのままトルコに行けない!?という感じだったのですが、運転免許証はスイスのものだし、滞在許可証の番号が免許証に明記してあるから…と見せて交渉してみたところ…

「ん~、今回だけだよ」

と国境を通してくれました。

日帰りで足をのばしたトルコのリゾート地「Bodrum」へ行った理由はただ1つ。

「おいしいレストランへ行くこと」

"Kafedaki"というBodrumにある一番高い丘の頂上あたりに立つレストランです。


9月末と言えども肌に突き刺すような太陽の光で解けそうになりながら、タクシーで辿りついたKafedakiはBodrumの海岸を見渡す美しい景色を持つレストランでした。

view.jpg

向こうに見える赤い旗↓はトルコ国旗。
bodrumres1.jpg


ワインも食事も美味しくて、一番感動したのは…


ms.jpg
「むあろーしょこら "Death by Chocolate"」


"Death by Chocolate"と名付けられたデザート。
温かいトロトロチョコレートがチョコケーキの中から溶け出してくるデザートですが、これを美味しく作れるレストランって結構限られているんです。(コス島にも1カ所おいしい「むあろ~しょこら」を出してくれる場所を発見♪)

でもこのKafedakiの「むあろーしょこら」は何処にも負けないくらい美味しい1品でした。
なんと言っても「Death by Chocolate」という名前がその美味しさを意味していませんか!?!?

話題の場所:
http://www.kafedakibodrum.com/

トルコからギリシャの島の港に戻り、入国審査を通過する時…出発する時と同じおじさんがカウンターにいて、私の顔を見るなり「あ、いいよ行って」と合図してくれました。

ありがと♪

シュンゲン協定国にお住まいの皆さん、くれぐれも滞在許可証を携帯して協定国外へ行ってくださいね~。
スポンサーサイト

旅の話(イスタンブール編)

本編は小言blog"seasons for reasons"の「旅の話:イスタンブール編」をご覧ください。
リンク:『飛んでイスタンブール』の巻

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。